【無駄】家計簿は時間ドロボーだ。1つの工夫でお金の管理がラクになる

f:id:MORIKO:20210409092012p:plain

出費を減らすために家計簿をつけはじめると、お金にくわえて時間まで失いかねません。

 

なぜなら、それなりの時間をかけて家計簿をつけても、飛び抜けたメリットが得られないからです。

 

自分がどんなモノやコトにお金を浪費しているのかは、わざわざ記録をとって分析しなくても、胸に手を当てて考えればわかります。

  • 洋服
  • 外食
  • おやつ
  • マンガ
  • アクセサリー
  • アルコール飲料

このような嗜好品にお金を使っていませんか。

 

f:id:MORIKO:20210409092448p:plain

もし、お金が貯まらない原因がイマイチわからないとしても、家計簿は不要です。

どうしてかというと、家計簿よりもハードルが低くカンタンな方法で、お金の使い道は記録に残しておけれるからです。

 

この記事では、

  • 家計簿は役に立たない
  • キャッシュレス決済は2つの面でお得

など、「無駄な家計簿をやめてお金の収支管理をする方法」をわかりやすく解説します。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

無駄な家計簿を使わずお金の収支管理をする方法

f:id:MORIKO:20210409091649p:plain

たとえば、自らの収入と支出を、ノートやスマホの家計簿アプリに残したとします。

この作業だけで魔法のように収入が増えたり、支出が減ったり、貯金残高が1.5倍になったりはしません。

 

なぜなら、家計簿をつけるメリットは、「支出額と内訳がわかること」だけだからです。

収支のデータを得たとしても、活用しなければ無意味だといえます。

 

イメージとしては、相手サッカーチームの情報収集を行なった監督が、「それで?」となんの戦略も思い浮かべられず、ただ敵に詳しくなっただけで終わり、みたいなものです。

 

f:id:MORIKO:20210409092821p:plain

これでは、なんのために時間と労力をかけて相手チームを調べたのかわかりません。

 

まったくおなじことが、家計簿にもいえます。

 

家計簿は3ヶ月で嫌になる

f:id:MORIKO:20210409093338p:plain

家計簿をつけはじめたとしても、3ヶ月でだんだん億劫になり、やめたくなるかもしれません。

筋トレやウォーキングとおなじで、初動の勢いはみるみる失速し、習慣として定着しないのです。

 

なぜなら、収支をすべて記録する作業(家計簿の作成)には、手間と時間を要するからです。

 

たとえばどこの会社にも、企業のサイフを管理している経理担当者がいます。

すなわち収支管理は、それ自体がひとつの仕事として成り立つ、ということです。

 

f:id:MORIKO:20210409093745p:plain

会社から毎月20〜30万円ほどの給料をもらえる経理職とちがい、私たちが正確な家計簿を仕上げたところで、1円にもなりません。

時間や労力を費やしたにもかかわらず、です。

 

家計簿とは、なんと酷なボランティアなのでしょう。 

立派な収支報告書が完成したところで、誰も喜ばず、なんの役にも立ちません。

 

 

家計簿は日記ではない

そもそも私たちは、収支記録を「思い出」として残しておきたいわけではありません。

家計簿は、日記とは違います。

 

f:id:MORIKO:20210409094435p:plain

日記は、数年後に読みかえして懐かしんだり、楽しんだりするものです。

それにたいして家計簿は、これからのマネープランを考えるための「材料」でしかありません。

 

ですので、収支からファイナンスの問題点を見つけ、解決するための方法を考え、実行し、効果が出て、ようやく家計簿は価値を持ちます。

そしてたいてい、ここまで到達できません。

 

f:id:MORIKO:20210409095047p:plain

日記を書くような感覚で、

  • コーヒー:320円
  • Tシャツ:1,500円
  • ビジネス書:1,760円

などとショッピング内容を細かく記録し、満足して、終わりです。

 

現状はなにも変わらず、忙しい毎日にただ「家計簿」という楽しくない習慣が増え、時間と労力を吸いとられます。

だから、家計簿は無駄で、無意味で、無価値で、ナンセンスだといえます。

 

f:id:MORIKO:20210409095432p:plain

もし家計簿をつけていて「お金の管理って楽しい」と感じる場合には、1円にもならない作業に精を出すのではなく、経理部への異動を願い出たほうが良いかもしれません。

 

経理は「会社のお金」を管理する部門です。

 

とりあえず家計簿をつけはじめてみても、とりあえず今日の天気をノートに記しているようなもので、役に立たず、徒労に終わります。

 

キャッシュレス決済で一石二鳥

f:id:MORIKO:20210409095719p:plain

「お金を何にいくら使ったか」を把握するなら、家計簿ではなく、キャッシュレス決済の利用をおすすめします。

 

キャッシュレス決済とは、

  • デビットカード
  • クレジットカード
  • 電子決済アプリ

これらの手段を用いて、現金を使わずに買い物することをいいます。

現金(cash)を使わない(less)ので、キャッシュレスです。

 

なぜ現金支払よりもキャッシュレス決済のほうが便利かというと、「買い物履歴」をインターネット上にすべて残しておけれるからです。

 

f:id:MORIKO:20210409100011p:plain

たとえば、

  • 食料
  • 日用品
  • 洋服
  • 外食
  • 電気代
  • 水道代
  • 通信費

これらの代金をクレジットカードで支払えば、記録がウェブ上に残ります。

 

そうすると、使ったお金の総額を月単位でチェックできるので、「先月は26万円か。ちょっと使い過ぎたな」といった反省ができます。

 

f:id:MORIKO:20210409100349p:plain

もし紙幣や硬貨、つまり現金で買い物をしていたら、(家計簿でもつけていない限り)支出の総額はわかりません。

自分がいくら出費したのかがナアナアになる、ということです。 

 

くわえてクレジットカード決済をした場合、利用履歴を見れば、他月よりも支出が多くなってしまった原因がわかります

  • ブランドバッグを買ったから
  • 車のバッテリー交換をしたから

といった具合です。

 

f:id:MORIKO:20210409100810p:plain

外食時にカード決済をすれば、

  1. 日付
  2. 店名
  3. 利用金額

これらの情報が残るので、「前月は外食が多かったな。節約しなきゃ。外食はしばらく週1回までに控えよう」といった具合に対策を立てて、すぐ改善できます。

 

現金決済とは違って、レシートをいったん財布に保管しておいて、後でアプリに入力したり、家計簿に書き記したりする手間は不要です。

 

買い物でポイントが貯まる

f:id:MORIKO:20210409101247p:plain

勝手に買い物の記録を残しておいてくれるだけではありません。 

キャッシュレス決済を活用すれば、ショッピングをするたび、勝手にポイントが貯まっていきます

 

現金とは違い、支払いにクレジットカードを使うとすべての買い物でポイントが得られるのです。

たとえば、

  • ガス代金
  • 病院での診察代

といった「ふつうはポイント付与制度が存在しない会計(支払い)」でも、クレジットカードで決済すれば、額に応じたポイントが加算されます。

 

スーパーやドラッグストア、書店、ネット通販での買い物も、もちろんポイントの付与対象です。

 

f:id:MORIKO:20210409133626p:plain

カード利用によって貯まったポイントは、家電や日用品、ギフトカードなど、好きなモノと好きなタイミングで交換できます

 

もし5万円分のJCBギフトカードが自宅に郵送されてきたら、なにに使いますか?

妄想を妄想のままにせず、現実にするためには、キャッシュレス決済(クレジットカード)へのシフトをおすすめします。 

 

f:id:MORIKO:20210409133844p:plain

当初の目的だった「収支管理」も、キャッシュレス決済なら難なくクリアできます。

 

まとめ

f:id:MORIKO:20210409134120p:plain

家計簿をつける代わりに、ぜひキャッシュレス決済を試してみてください。

悩みがさっぱりと解決するはずです。

 

キャッシュレス決済というのは、

  1. 労力ゼロ
  2. ポイントが貯められる

そんな「魔法の家計簿」だといえます。

現金でチマチマ会計をし、受けとったレシートを折りたたんで保管し、家計簿にいそいそと記録している場合ではありません。

 

f:id:MORIKO:20210409134523p:plain

現金決済&家計簿のペアは時代遅れで、この習慣をつづけていたら時間がもったいないだけでなく、(キャッシュレス決済なら貰えていた)ポイントまで損をします。

 

  1. 現金支払いをやめる
  2. クレジットカードか電子決済アプリを使う

この2ステップで現状を脱し、今よりもおトクな生活をスタートさせましょう。

家計簿を買ってきて収支を事細かに記すより、よほどラクです。 

 

f:id:MORIKO:20210409135001p:plain

以上、無駄な家計簿を使わないでお金の収支管理をする方法でした。

結論。支出状況を把握する方法は、家計簿だけじゃない。クレジットカード決済や電子決済でも、ネット上に支払い記録を残せる。しかも、買い物をするだけでポイントが貯まる。時間と労力がかかる家計簿。時間をかけずポイントで商品がもらえるキャッシュレス決済。お金の収支を管理するなら、後者がおすすめ。

 

www.shortshortshort.jp

家計簿の無意味さについて、当サイトにはこんな記事もあります。