【なぜ】クレジットカードをたくさん持っている人の知られざる実態4選

f:id:MORIKO:20210304171725p:plain

電子レンジは家に1台あればじゅうぶんです。

クレジットカードもおなじで、1人1枚カードを持っていれば事足ります。

 

ただし店によっては特定のカードブランドが使えないこともあるため、

  • JCBとVISA
  • VISAとMastercard

など、予備も含めて2枚持っていると安心です。

 

ところが世の中には、2枚どころか3枚、4枚、あるいはそれ以上のクレジットカードを持っている人がいます。

 

f:id:MORIKO:20210304172144p:plain

こうした人物はなぜ、たくさんのクレジットカードを保有しているのでしょう。

複数枚のカードを持っている裏側には、どんな事情や「メリット」が存在するのでしょうか。

 

この記事では、

  • 作らざるを得なかったから
  • お小遣い稼ぎをしたかったから

など、「クレジットカードをたくさん持っている人の知られざる実態」をわかりやすく解説します。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

クレジットカードをたくさん持っている人の実態4選

f:id:MORIKO:20210304171531p:plain

1人でたくさんのクレジットカードを所有している理由は、大きくわけて4つあります。 

うち2つは消極的理由で、2つは積極的理由です。

 

  1. 会社で作らされたから 
  2. 目的を果たしたかったから
  3. 効率よくポイントを貯めたいから
  4. セルフバックで報酬を得たいから

以下でそれぞれ詳しくご紹介します。

 

1. 会社で作らされたから

f:id:MORIKO:20210304172541p:plain

会社によっては、在籍している社員一人ひとりにクレジットカードを持たせることがあります。

いわゆるコーポレートカードというものです。

 

会社が従業員にコーポレートカードを持たせる理由としては、

  1. 経費支払いのため
  2. 福利厚生のため

これら2つが挙げられます。

 

たとえば、社員が近所のホームセンターへ出向き、仕事に必要な文房具や備品を買うとします。

 

このときに社員にコーポレートカード(会社支給のクレジットカード)を使用させれば、本人が代金を立て替えなくて済みます

 

f:id:MORIKO:20210304172750p:plain

もし社員に現金で支払わせてしまったら、たとえ一時的であっても、本人に金銭的負担を強いることになり、モラル上好ましくありません。

なぜなら、従業員ではなく会社が支払うべき経費だからです。

 

だからこそ、代金が後払いになるクレジットカードを使用させて、本人に負担が生じないようにしているわけです。

 

くわえてクレジットカードには保険が付帯しているので、カードを持たせることで社員の「福利厚生」を充実させているともいえます。

 

コーポレートカードは、社員個人がクレジットカードを持っているかどうかに関わりなく発行するため、すでに1〜2枚のカードを持っている人にとっては、「必要ないクレジットカード」が1枚増えることになります。

 

f:id:MORIKO:20210304173044p:plain

コーポレートカードは会社を退職する際に解約するのが一般的なので、転職を繰りかえすたびに1枚ずつ増えていくようなことはありません。

 

10枚持っているクレジットカードのうち9枚がコーポレートカード、などという状況はあり得ない、ということです。 

 

2. 目的を果たしたかったから

f:id:MORIKO:20210304173332p:plain

何らかの目的を果たすための手段として、渋々、クレジットカードを作らざるを得ないケースもあります。

 

たとえば、チケットの購入です。

演劇や講演会、アーティストのライブチケットなどは、一般予約に先立って、先行予約を受け付けることがあります。

 

この先行予約に関して「ウチが発行しているクレジットカードを発行して、支払方法に登録してね」といった応募条件を示し、ユーザーにクレジットカードを作らせるわけです。

 

好きなアーティストのライブに是が非でも行きたい人は、すでに他のクレジットカードを持っているとしても、新たにカードを作らざるを得ません。

 

f:id:MORIKO:20210304173642p:plain

このように「交換条件」としてクレジットカード作成を持ちかけてくるケースは他にもあって、

  • ガソリン代が割引になる
  • 通信量がお得になる
  • ポイントが倍たまる

などと甘い言葉に誘われ、

  • ガソリンスタンド
  • 携帯電話会社
  • 家電量販店

等でクレジットカードを作る人もいます。

 

私たちが割引を受ける条件として「クレジットカードの発行」を提示されるケースは少なくありません。

これらの交換条件にすべてOKを出していたら、当然ながら、たくさんのクレジットカードを持つハメになります。

 

f:id:MORIKO:20210304174205p:plain

ここまでが、たくさんのクレジットカードを持っている消極的理由です。 

 

ここからは、本人が望んで複数枚のカードを所有しているポジティブなケースをご紹介します。

 

 

3. 効率良くポイントを貯めたいから

クレジットカードは、それぞれポイント還元率が異なっています。

 

たとえば、ネット通販大手Amazonが発行している「Amazon Mastercardゴールド」というカードは、Amazonでの買い物に2.5%のポイントが還元されます

Amazon以外での買い物には、常時1%のポイントがつきます。 

 

f:id:MORIKO:20210304174641p:plain

クレジットカードのポイント還元率は0.5〜1.0%程度がほとんどなので、2.5%はかなり高いレートだといえるでしょう。

たいていの買い物をAmazonで済ませているユーザーなら、ぜひ持っておきたいクレジットカードです。

 

Amazonの例のように、「この店ではこのカードが優遇される」といったケースは、他にも存在しています。

 

f:id:MORIKO:20210304175057p:plain

ポイントを少しでも多く獲得しようと考える人は、それぞれの店舗やサイトに最適なカードを持つので、結果としてクレジットカードの保有枚数が多くなりがちです。

 

調理でたとえるなら、包丁が1本あれば済むところを、

  • 白髪ねぎカッター
  • エッグスライサー
  • キャベツの千切り専用ピーラー

など、専用の調理器具を、それぞれ個別に買いそろえるようなものだといえるでしょう。

当然ながらキッチンは、たくさんの調理器具であふれかえります。

 

f:id:MORIKO:20210304175341p:plain

クレジットカードもおなじで、さまざまなショッピングにおいて「最適なカード」を求めると、手持ちのカードは多くなります。

 

ポイ活(ポイント活動)に励んでいる人ほど、たくさんのクレジットカードを所有しがちです。

 

4. セルフバックでお小遣いを稼ぐため

f:id:MORIKO:20210304180022p:plain

世の中には、アフィリエイトというネットビジネスが存在しています。 

 

アフィリエイトとは、ウェブサイト等でなんらかの商品やサービスを紹介し、広告をクリックしたユーザーが買ってくれたら、紹介者にマージン(紹介手数料)が入る仕組みのことをいいます。

 

たとえば、自分が運営しているウェブサイトにクレジットカードの記事を書き、クレジットカードの広告を貼り付けたとします。

 

本来なら訪れたユーザーがクリックしてくれるのを待つのが一般的です。

ただ、記事を書いた本人が広告からクレジットカード発行画面に飛び、カードを作り、紹介料(報酬)を得ることがあります。

 

f:id:MORIKO:20210304180507p:plain

これをセルフバック、もしくは自己アフィリエイトといい、早い話が「自作自演のお小遣い稼ぎ」です。

 

アフィリエイト案件により、セルフバック(自己アフィリエイト)の可否は異なります。

セルフバックOKの案件もあれば、セルフバック禁止の案件もある、ということです。

 

クレジットカードのアフィリエイトはたいていセルフバックが認められていて、その報酬は、カードの発行1枚につき2,000〜8,000円あたりが相場です。

 

このセルフバックを使ってお小遣いを稼ぐために、1人で何枚もクレジットカードを作る人がいます。

自己アフィリエイトを行うユーザーが欲しいのはアフィリエイト報酬(カネ)であり、クレジットカードそれ自体に用はありません。

 

結果として、作ったカードを使わず、面倒なので解約もせず、そのまま放置するケースもしばしばです。

年会費有料のカードなら、費用が生じる前に解約してしまえばOK。

 

クレジットカードに限らず、

  • FX
  • 資料請求
  • 保険の無料相談

といった他のセルフバック案件も、アフィリエイトサイトには存在しています。

 

f:id:MORIKO:20210304181031p:plain

なかにはセルフバックだけで月20万円稼ぐ人もいますが、毎月安定して20万円が稼げるわけでなく、単発の、いわば臨時収入です。

 

クレジットカードからやや話は逸れたものの、上のような稼ぎ方(ネットビジネスの世界)が存在している、という例としてご紹介しました。

 

クレジットカードは単なる決済手段ではなく、それ自体が、私たちにお金をもたらすこともあります

 

まとめ

f:id:MORIKO:20210304181400p:plain

クレジットカードをたくさん持っている人の実態をお伝えしてきました。

 

  1. 勤務先で作らされた
  2. 割引を受けるために作った
  3. 効果的なポイ活のため
  4. お小遣い稼ぎのため

このように、たくさんのクレジットカードを持つ事情はいくつか存在します。

 

とはいえクレジットカードは、スポーツ大会のメダルやトロフィーと違い、「たくさん持っていれば良い」わけではありません。

ただの決済手段に過ぎないため、使いこなせていないクレジットカードは持っているだけ無駄です。

 

f:id:MORIKO:20210304181822p:plain

たとえるなら、ほとんど使わないマイナスドライバーが自宅に6本も7本も眠っているようなものだといえるでしょう。

 

クレジットカードの保有枚数で悩んでいるなら、メインとサブ1枚ずつ、計2枚にしておくのが無難です。 

 

以上、クレジットカードをたくさん持っている人の知られざる実態4選でした。

結論。事情はさまざま。ただし、肌の水分量と違って、クレジットカードの場合は「多けりゃ良い」って話ではない。大事なのは使いこなせていること。なぜならクレジットカードは、決済するための道具だから。道具は使ってこそ意味がある。

 

www.shortshortshort.jp

クレジットカードの保有枚数に関して、当サイトにはこんな記事があります。 

 

www.shortshortshort.jp

ボーナス一括払いが孕むリスクについて、当サイトにはこんな記事があります。