【なぜ】LINEの一言を設定している人の心理3選

f:id:MORIKO:20201123222039p:plain

トークアプリLINEは、プロフィール画面を編集し、ステータスメッセージ(一言)を設定できるようになっています。

 

設定は任意であり、たいていのLINEユーザーは、ステータスメッセージになにも書いていません。

ですがなかには、ポエムのような一言を設定している人もいます。

 

わざわざLINEのステータスメッセージ(一言)を設定する人の心理とはいったいなんでしょう。

 

この記事では、

  • 自己主張が激しい
  • 特定の人物に向けたメッセージ

など、「LINEの一言を設定している人の心理」をわかりやすく解説します。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

LINEの一言を設定している人の心理3選

f:id:MORIKO:20201123221636p:plain

設定されているステータスメッセージは、LINEの友だちリストを開いたときに、本人のアイコンといっしょに表示されます。

 

つまり、友だち登録している人全員が、その一言を読める状態にある、ということです。

 

友だち全員に向けて発したいメッセージなどまず無いため、たいていのLINEユーザーは、一言を空欄のままにしておきます。

 

いっぽうで、LINEの一言を設定する人には、 

  1. 自己主張が激しい
  2. 特定の人物へ向けたメッセージ
  3. ポエマー

このような心理や特徴があるといえます。

 

1. 自己主張が激しい

f:id:MORIKO:20201123222544p:plain

自分という人間をアピールしたいがために、LINEの一言を設定している人がいます。

周囲からこんな人間だと思われたい」という願望が強いのでしょう。

このタイプは自動車のリアガラスにステッカー貼りがち。

 

たとえば、

  • 知的
  • お洒落
  • ミステリアス
  • ユーモアがある

といったイメージを、LINEの友だち登録をしている人たちから抱いてもらうのが狙いです。

 

まるで、中学生が部活の際に着るTシャツのようなものです。

「夢は叶う。努力は裏切らない。ネバーギブアップ!」みたいな日本語が書かれたTシャツを見たことがありませんか?

 

熱血さ、ひたむきさをアピールしたいのかもしれませんが、本人の思いとは裏腹に、センスのなさ、イタさを強調してしまっています。

LINEの一言もおなじです。

 

自己顕示欲の強さに周囲は引いていますが、本人は気づいていません。 

「沈黙は金雄弁は銀」という言葉は、LINEの一言にもあてはまります。

 

 

2. 特定の人物へ向けたメッセージ

相手に伝えにくい思いや感情を、誰でも見れるステータスメッセージ(一言)に設定する人もいます。

 

f:id:MORIKO:20201123222845p:plain

たとえば、

  • いつもこうなる
  • きっと全部私が悪いんだ

などのネガティブな内容は、恋に悩む人が設定しがちです。

不満や反省を相手に伝えにくいため、相手が見るであろう一言に設定しておく、というわけです。 

 

もちろん純粋な個人宛のメッセージなどではなく、同時に「悩んで落ち込んでいる自分」を友だちにアピールすることで、「何かあったの?」などと気にかけて欲しい気持ちもあります。

 

あるいは「落っこちたカレーパン!」のような、意味がわからない一言に設定している人もいます。

これは、カレーパンを落とした事件(大笑いした)を知っている人だけに伝わる、いわば共通言語です。

 

「あの人にだけ伝わって、他の人には理解できない」

ってな性質のやや暗号めいたメッセージを発信し、悦に入っているのでしょう。

 

 3. ポエマー

f:id:MORIKO:20201123223633p:plain

LINEの一言に、自作のポエムや、好きな曲の歌詞を書く人もいます。

なぜそんなことをするかといえば、センス溢れる自分に酔いたいからです。

 

ポエマーであり、ナルシストであるといえます。

 

センスがあるか無いかはともかく、客観性が欠けているのは間違いありません。

なぜなら、自らを客觀視できる能力があれば、LINEの一言にポエムを載せたりはしないからです。

 

友だちが嘲笑している事実に気づかず、粋な一言にみんなが感心していると思い込んで生きられたら、さぞ幸せでしょう。

 

まとめ

f:id:MORIKO:20201123224146p:plain

LINEの一言を設定している人の心理についてお伝えしてきました。 

 

  1. 自己主張が激しい
  2. 特定の人物へ向けたメッセージ
  3. ポエマー

一言の内容がネガティブであれば、「誰かに心配して欲しい。連絡してきて欲しい」という心の叫びかもしれません。 

 

一言の内容がポジティブであれば、 自己顕示欲が強すぎるか、ポエマーでしょう。

 

ポジティブともネガティブとも判断がつかない「しかも300円」といった一言は、おそらく特定の人物にだけ伝われば良いメッセージです。

 

以上、LINEの一言を設定している人の心理でした。

結論。自己演出に余念がないか、暗号ごっこか、かまってちゃんか、ナルシスト。

 

www.shortshortshort.jp

LINEに関して、当サイトにはこんな記事もあります。