車のナンバー「1357」の意味は何?【選ぶ理由】

f:id:MORIKO:20201124074920p:plain

世の中には、自動車の希望ナンバーで「1357」という4桁の数字を選んでいる人がいます。

 

パッと見たところ、「2525」のような語呂合わせではなさそうです。

ではいったい、1357のナンバーにはどんな意味が込められているのでしょう。

 

この記事では、

  • 奇数の小さい順
  • 素数ではない

など、「車のナンバー1357の意味は何なのか」をわかりやすく解説します。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

車のナンバー1357の意味は何なのか

f:id:MORIKO:20201124074248p:plain

「1357」は、ただ奇数を小さい順に並べただけの数字です。

希望ナンバーで1357を取得する人は、ひとつ飛ばしの並びに規則性があり、見ていて気持ちの良い数字だから選んでいるのでしょう。

 

「だったら偶数でも良いのでは」

このように考える方がいるかもしれません。

偶数を小さい順に並べると、2468となります。

 

1357にくらべ、2468はどこか中途半端であり、1ではなく、2から始まっている点に気持ち悪さがあります。

たとえるなら、漫画の1巻を読まずにいきなり2巻から読み始めるようなものです。

 

偶数の2468よりは、奇数の1357のほうが、数字の並びとして美しいといえるでしょう。

車のナンバーに1357の4桁を選ぶオーナーは、「数字の美しさにこだわっている」という姿勢とともに、インテリ性をアピールしたいのかもしれません。

 

事実、ナンバーを自らの誕生日にして個人情報を晒しまくっている人よりは、よほどインテリだといえます。

 

1357は素数ではない

f:id:MORIKO:20201124075303p:plain

「1357」のナンバーを見て素数だと思う人もいますが、誤りです。

なぜなら、1が素数ではないからです。

 

素数とは、「1より大きい整数で、1とその数でしか割り切れない数のこと」をいいます。

ゆえに1は素数ではありません。

 

もし素数を小さいほうから順に並べるとしたら、「2357」です。

ナンバーを2357にしている人がいたら「素数が好き」だと推測できますが、「1357」は素数ではなくただの奇数ですので、この人物が素数を好きかどうかはわかりません。

 

 

投資家である可能性

1357という数字は、投資の世界に存在します。 

 

f:id:MORIKO:20201124075520p:plain

日経ダブルインバース指数ETFの銘柄コードが「1357」です。

ETFとは、上場投資信託のことをいいます。

 

早い話が、ナンバー「1357」を選んでいる人は投資をしているのかもしれない、ということです。

 

自らのポートフォリオに日経ダブルインバース(銘柄コード1357)を組み込んでおり、値上がりを期待している、とも考えられます。

あくまで可能性の話であって、実際に銘柄コードを車のナンバーにしている人がいるかどうかは不明です。 

 

あるいは、日経ダブルインバース(銘柄コード1357) で一儲けしたお金で買った車なので、銘柄コードにちなんでナンバーを「1357」としたのかもしれません。

 

まとめ

f:id:MORIKO:20201124081646p:plain

車のナンバー1357の意味についてお伝えしてきました。

 

もっとも可能性が高いのは、奇数を小さい順に並べてみた、という動機です。

1357の並びに美しさを感じている人が、この4桁にしているのだといえます。

 

ちなみに、西暦1357年に、世界でこれといった出来事は起こっていません。 

日本はちょうど室町時代(南北朝時代)にあたりますが、やはり特筆すべき出来事は起きていません。

ですので、1357を西暦と解釈するのは難しいでしょう

 

車の希望ナンバーで1357を選んでいる人は、「数字の美しさにこだわりがある人」と考えるのが妥当です。

 

以上、車のナンバー1357の意味は何なのか、でした。

結論。小さい順に並べた奇数。素数ではない。素数なら2357となる。

 

www.shortshortshort.jp

不吉な自動車のナンバーに関して、当サイトにはこんな記事があります。 

 

www.shortshortshort.jp

4桁のナンバーについて、当サイトにはこんな記事があります。