こたつとエアコンの電気代比較。この1点に注目しよう

f:id:MORIKO:20201221180717p:plain

こたつとエアコンの電気料金をくらべたとき、費用が安く済むのはこたつです。

なぜなら、エアコンよりもこたつのほうが消費電力(W)が小さいからです。

 

では、エアコンの暖房は、こたつにくらべてどれくらい電気料金がかかるのでしょうか。

2倍、3倍、あるいはそれ以上の料金差があるのでしょうか。 

 

この記事では、

  • 注目すべきは消費電力(W)
  • 電気料金が安いこたつの短所

など、「こたつとエアコンの電気代」をわかりやすく解説します。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

こたつとエアコンの電気代比較

f:id:MORIKO:20201221180402p:plain

冬の暖房器具としてこたつとエアコンをくらべたとき、電気代が安いのはこたつです。

 

なぜこたつのほうがリーズナブルなのかといえば、エアコンにくらべ、こたつの消費電力(W)が小さいからです。 

 

電化製品にとって電気が「食べ物」だとするなら、こたつよりエアコンのほうが電気をバクバクと食べる大食いだ、といえるでしょう。 

こたつは、われわれの家計にやさしい小食です。

 

消費電力(W)でくらべる

f:id:MORIKO:20201221183031p:plain
消費電力(W)というのは、「どれくらいの電力を消費するか」を示す単位です。

 

消費電力の大きさはワット(W)で表します。

製品説明や家電製品の本体を見れば、消費電力が記されているはずです。

 

消費電力(W)が大きいほど、使用時にたくさんの電力を消費する、つまり電気料金がかかるとお考えください。

 

ちなみに、とあるエアコンの消費電力(暖房時)は、800Wと表記されています。

いっぽうでこたつは、

  • 弱:100W
  • 中〜強:200〜300W

このような消費電力が一般的です。

 

かりにエアコンを800W、こたつを200Wとするなら、エアコンの電気料金はこたつの4倍となります

なぜなら、ワット数のちがいが、そのまま電気料金のちがいだからです。

 

エアコンが800Wの電気を食べて熱を生み出すのにたいし、こたつは、200Wの電気を食べるだけで熱を生み出せている、ということです。

 

もしこたつの電気料金が月1,000円だった場合、エアコンをおなじ時間だけ稼働させれば、4倍にあたる月4,000円がかかる計算になります。

こたつの電気料金が月2,000円なら、エアコンは4倍の月8,000円です。

 

電子レンジが600W

f:id:MORIKO:20201221181919p:plain

ちなみに家庭用の電子レンジは、消費電力600Wが一般的です。

 

もし600Wのエアコン(暖房)を朝から晩まで12時間ずっと使っていた場合、600Wの電子レンジを12時間ずっと使いつづけていたも同然だといえます。

 

ただしエアコンは、室温が設定温度に達すると動作が止まるため(つまり電気を消費しなくなるため)、ずっと800Wで動きつづけているわけではありません。

あくまでもイメージです。

 

 

こたつのほうが電気料金が安くてお得?

そもそも、こたつとエアコンは暖房器具としてまったく異なるため、両者の電気料金を比較するのはナンセンスです。

 

たしかに電気料金が安いのはこたつですが、快適さに関していえば、エアコンのほうが優秀です。

なぜならエアコンは、部屋全体の空気を暖めてくれるからです。

 

f:id:MORIKO:20201221182737p:plain

いっぽうでこたつは「こたつ布団のなかだけ」しか暖められません。

ゆえに、こたつの上でノートパソコンを使おうと思っても、室温が低いせいで指がかじかんでしまい、タイピングに支障が出たりします。

 

部屋全体の室温を上げてくれるエアコンにはない、こたつならではのデメリット、あるいは「こたつで電気料金を抑える代償」だといえるでしょう。

 

こたつとエアコンの良し悪しを電気料金だけでくらべるのは、

  1. 軽自動車
  2. 高級車

これらを値段だけでくらべているようなもので、評価軸が偏りすぎています。

 

高級車が快適性や安全性において優れているのとおなじで、電気料金のかかるエアコンもまた、そのぶん快適性や安全性に優れています。

エアコンは快適なだけでなく、"安全"でもあるのです。

 

エアコンとちがい、こたつには「発火して火災を引き起こすリスクがある」ことを忘れるべきではありません。

電気こたつによる火災は、ここ5年間で200件近く起こっています。

 

まとめ

f:id:MORIKO:20201221181437p:plain

こたつとエアコンの電気料金についてお伝えしてきました。 

 

電気料金を比較する際は、その暖房器具の「消費電力(W)」に注目してみてください。

消費電力が大きいほど、暖房器具はたくさんの電気を消費する、つまり電気をバクバク食べるということです。

 

こたつとエアコンの電気料金をくらべたとき、エアコンはこたつの4〜8倍ほどコストがかかります

つまり、エアコンのほうが贅沢な暖房器具だ、ということです。

 

ただし、部屋全体の室温を高めてくれるエアコンのほうが、こたつよりも快適さにおいて優れています。

 

お金を出して「快適さ」を買うと思えば、電気料金をケチることはありません。

その代わりに月の外食を1〜2回、あるいは映画鑑賞を1〜2回減らせば済む話です。

 

あなた自身の快適さよりも、月3,000〜5,000円を節約するほうが大切でしょうか。

こたつで冬を乗りきった報酬が、浮いた電気代3,000〜5,000円/月で、はたしてツラさに見合っているといえるのでしょうか。

 

せっかく部屋にエアコンがあるなら、暖房として使わないほうが「もったいない」といえます。

 

エアコンがあるのに「電気代がもったいない」といって使わないのは、洗濯機があるのに「電気代がもったいない」といって、洗濯板でゴシゴシ衣類を洗っているようなものです。

良くいえば倹約家ですが、悪くいえばドケチです。 

 

以上、こたつとエアコンの電気代についてでした。

結論。電気料金が安いのはこたつ。快適なのはエアコン。火災のリスクがあるのがこたつ。ゆえに使うべきはエアコン。精神修行をしているわけでもあるまいし、エアコンという便利な暖房器具が家にあるなら、どんどん使おう。

 

Amazonにはこんな膝掛けが売っています。 

足元の冷えには膝掛けで対処すれば、エアコンの電気料金を節約できます

 

Amazonではサーキュレーターも売っています。 

サーキュレーターは上部に集まりやすい"暖かい空気"を循環させ、部屋を均等に暖かくします