【Vネック他】首元が開いてる服が似合う人の特徴2選

f:id:MORIKO:20210621171013p:plain

世の中には、白いTシャツがやたら似合う人がいます。

 

おなじように、首元が大きく開いた服を着ているとしっくりくる人もいます。

VネックやUネックの洋服が似合う人には、いったいどんな特徴があるのでしょうか。

 

そうでない人にくらべて、具体的に何が違っているのでしょうか。

 

f:id:MORIKO:20210621171427p:plain

この記事では、

  • デコルテが綺麗
  • 顔が大きい

など、「首元が開いている服が似合う人の特徴」をわかりやすく解説します。

自分(もしくはあの人)にVネックがマッチする理由を探るため、ぜひ参考にしてみてください。 

 

 

首元が開いている服が似合う人の特徴2つ

f:id:MORIKO:20210621170741p:plain

Vネックが似合う、Uネックが似合うなどと人から褒められた経験はありますか?

 

首元が開いている服が似合うのは、

  1. デコルテが綺麗な人
  2. 顔がデカい人

このいずれかです。

前者はポジティブな、後者はネガティブな理由だといえるでしょう。

 

自分がどちらに該当しているのかは、以下で確かめてみてください。

 

1. デコルテが綺麗

f:id:MORIKO:20210621172030p:plain

デコルテはフランス語で、首から胸元にかけての部分を指します。

 

そして、脚がキレイな人、頭の形がキレイな人、歯並びがキレイな人がいるように、デコルテにも良し悪しがあります。

 

デコルテが美しい人の特徴は、

  • 首が長い
  • 鎖骨がくっきり見えている

これら2点です。

ちょうどバレリーナのようなイメージです。

 

f:id:MORIKO:20210621172914p:plain

綺麗なデコルテをしている人には、VネックやUネックなど、首元の大きく開いた服が似合います。 

どうしてかというと、自慢のデコルテ(首から胸元にかけて)をアピールできるからです。

 

たとえば、歯並びが綺麗な人は、笑った顔が素敵です。

口を開けたときに、歯並びの美しさが垣間見えるからです。

 

デコルテもおなじで、首元が詰まった服を着ていたら、せっかくの魅力をアピールできません。 

まるで「模型のように整った歯並びをしているのに笑わない人」みたいなもので、損です。

 

もしVネックやUネックが似合うと褒められた経験がある場合、人より美しいデコルテをしている可能性があります。

 

f:id:MORIKO:20210621173429p:plain

首から胸元にかけて開いている服を着れば、自身の魅力をいっそう発揮できることでしょう。

ただ歩いているだけで、一部の「鎖骨フェチ」を虜にできること請け合いです。

 

ちょうど、スキニーパンツを穿いている「脚がスラッとした人」みたいなもので、デコルテを見せるなど、自身の特徴を生かしたファッションはお洒落の勘どころだといえます。

 

 

2. 顔がデカい

デコルテが綺麗な人だけではありません。 

平均サイズより顔がデカい人もまた、首元の開いた服が似合います。

 

f:id:MORIKO:20210621173818p:plain

というもの、VネックやUネックの洋服には「小顔効果」があるからです。

 

事実、首元が詰まった服よりも、首元が開いている服を着たほうが、顔が小さく見えます。

ハイヒールを履いていると脚が長く見えるようなものです。

 

だからこそ、顔が大きい人が首元の開いた服を着ていると、いくらか"マシ"に感じられます。

首元が詰まったクルーネックやシャツほどの"インパクト"はありません。

 

結果として、首元の開いている服のほうが良い、なんかVネックが似合うよね、といった評価につながります。

 

f:id:MORIKO:20210621174108p:plain

ところで、周囲から「顔がデカい」と指摘されたことはありますか。

 

あるいは集合写真を見て、顔の大きさに辟易したことはありますか。

みんなの顔をミカンだとするなら、自分の顔だけリンゴサイズだ、といった具合です。

 

もし全身のバランスから考えて顔のサイズが不釣り合い(つまりオーバーサイズ気味)だとしたら、消極的な理由で、首元の開いた服が似合っているのかもしれません。

 

f:id:MORIKO:20210621174544p:plain

VネックやUネックが似合うというよりは、

  • クルーネック
  • 襟付きのシャツ
  • タートルネック

これらが似合わない、着ているとよけい顔がデカく見える、ということです。

 

消去法により残ったのが、小顔効果を持つVネックと、それからUネックです。

 

まとめ

f:id:MORIKO:20210621175217p:plain

デコルテが綺麗なのか、顔がデカいのか、どちらの理由で首元が開いた服が似合っているのかを見極めなければなりません。

なぜなら、両者は大違いだからです。

 

  1. 脚が長くて高身長
  2. 胴が長くて高身長

これくらいの差があります。 

 

デコルテが美しい人は、どんな服を着ても問題ありません。

マイナスになったりはしません。

 

それにたいして顔のサイズがビッグな人は、首元が詰まった服を着ると損をします。

というのも、顔の大きさ(ウィークポイント)が強調されてしまうからです。

 

まるで、ハゲている人がサンバイザーを被るようなもので、ナンセンスだといえるでしょう。

 

f:id:MORIKO:20210621175722p:plain

だからこそ、

  1. デコルテが美しい(首の長さと鎖骨)
  2. 顔がデカい

どちらに該当しているのか、まずは正しく把握することです。

 

不本意にも後者だった場合には、ひとまず襟元から首元が詰まった服をすべて処分するのが良いかもしれません。

 

以上、首元が開いている服が似合う人の特徴でした。

【結論】美しきデコルテの持ち主か、堂々たる顔面の持ち主か。前者なら首元の詰まった服を着ても問題ないが、後者なら避けたいところ。VネックやUネックの小顔効果を享受するが吉。

 

とくに男性はエチケットとして、襟元から生い茂った胸毛(ジャングル級であれうぶ毛であれ)が見えてしまわないよう注意が必要です。

Amazonではこちらの家庭用脱毛器が高く評価されています。

 

www.shortshortshort.jp

顔の大きさ(横方向)に関して、当サイトにはこんな記事があります。 

 

www.shortshortshort.jp

顔の大きさ(縦方向)について、当サイトにはこんな記事もあります。