ワックスなど整髪料をつけたまま寝るとハゲるのか?

  • ワックスをつけたまま寝るとハゲる?
  • 整髪料をつけたまま寝る人っている?

という人のためにこの記事を書きました。

 

結論からいいますと、「必ずしもハゲるわけではない。しかし、髪に良くないのは事実」となります。詳しく見ていきましょう。

 

 

整髪料が頭皮に与える悪影響

f:id:MORIKO:20190203063851j:plain

ワックスやジェルなどが頭皮に良くないとされている理由はこちらです。

  • 界面活性剤が頭皮環境を悪化させる
  • 落とすための過度なシャンプーで頭皮が乾燥する

 

整髪料をつけたまま寝てしまった場合、後者は該当しません。そのかわり、界面活性剤を含んだ整髪料が頭皮に付着することで、頭皮の環境を悪化させます。

そうした"良くない"状況が続いてしまうと、最終的にハゲてしまう可能性も出てきます。

 

ワックスをつけたまま寝るということ

ワックスをつけるのはたいてい朝でしょう。で、洗い流さずにそのまま寝てしまうということはすなわち、24時間ワックスをつけていたということになります。

頭皮にとって良いか悪いかでいえば、悪いです。

 

とはいえ、1回や2回程度であれば、さほど気にすることはありません。即ハゲたりはしないので安心してください。

ただし、ワックスをつけたまま寝るのが習慣になっている人は要注意です。毛髪がなくなってから後悔しても手遅れです。

 

高橋ジョージの例

歌手の高橋ジョージは独特な髪型をしています。いわゆるリーゼントというやつです。

彼はリーゼントに並々ならぬこだわりがあるらしく、なんとリーゼントのまま寝ています。風呂に入って、整髪料でベタベタ固めてから寝る、と。

 

薄毛街道まっしぐらといったリスキーな行為です。そんなことしていてハゲても仕方ないと思います。ところが彼は(すでに還暦を迎えていますが)、ハゲていません。

 

この事実(反例)から、整髪料をつけたまま寝るとハゲる、は偽だといえます。

 

ストレスもハゲる原因になる

この記事に「ワックス つけたまま寝る」と検索してたどり着いた人は要注意です。

なぜなら頭皮的には、そういう些細なことを気にしないほうが良いからです。

 

高橋ジョージは「いやぁ〜、こんなことしてたらハゲちゃうかなぁ?やめとこっかなぁ」などとは考えていません(たぶん)。

俺はリーゼントじゃなきゃ嫌なんだ!以上!」という感じだと思います。

 

これくらいの鈍感さがあったほうがいいですね。"いい"というのは、余計なストレスを回避できるという意味です。

 

ハゲないためにあらゆる手を尽くすのも大事なことですが、裏を返せばそれは、つねにハゲに怯えているということ。薄毛対策とおなじくらい、髪についてあまり気にしないことも大切です。ストレスでハゲてしまっては笑えませんからね。

 

ワックスをつけたまま寝てもハゲない人はいる。1回や2回やってしまったからといって、気にすることはない。そう思って過ごしましょう。

 

まとめ

整髪料をつけたまま寝たからといって、薄毛になるとは限らない。ただし、整髪料をつけたまま寝ることで、枕カバーの洗濯回数が増えることは確実。

その結果、髪は残っても妻が(愛想を尽かして)去っていく危険性がある。妻が去った男を待ち受けるのは絶望だ。ストレスだ。その結果ハゲてしまう、そんな可能性もある。

 

だからなんにせよ、整髪料をつけたまま寝ないほうがいい。そのためにはちゃんと髪を洗ってから寝るか、そもそもワックスを使わないか。さぁ、どうしようか。