【薄毛】髪の毛が濡れて「頭皮が見える」のはハゲなのか問題

f:id:MORIKO:20200614154558p:plain

風呂場で髪を洗っているとき、プールから上がったあとなど、髪が濡れている状態で頭皮が見えることに悩んでいませんか?

 

頭皮が見えてしまうのは、ハゲの前兆なのでしょうか。

 

この記事では、

  • 髪が濡れると頭皮が見えやすくなる理由
  • 不安になってしまう原因

など、「髪の毛が濡れて頭皮が見えるのはハゲなのか」についてお伝えします。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

【薄毛】髪の毛が濡れて「頭皮が見える」のはハゲなのか問題

f:id:MORIKO:20200614154207p:plain

髪が濡れている状態で頭皮が見えるのは、ふつうのことです。

薄毛ではありません

 

というのも、濡れた髪は数十本がまとまってひとつの束になるからです。

束になると、髪の根本(つまり頭皮)が見えやすくなります。

 

したがって、「髪が濡れたら頭皮が見えるのはふつう」だと考えるようにしてみてください。

腐った牛乳を飲めばお腹を壊すのといっしょ。当たり前のこと。 

 

「頭皮が見える=ハゲている」という認識があるかもしれませんが、それは正しくありません。 

 

なぜ不安になってしまうのか

f:id:MORIKO:20200614154833p:plain

頭皮が見えて不安になるのは、他人と比較することがないからです。

 

誰かの髪が濡れている状態を目にすることがありますか?

おそらく、ないはずです。 

 

だからこそ、「頭皮が見えている状態」がふつうなのか異常なのかが分からず、不安になってしまうのではないでしょうか。

 

どんなにフサフサの人でも髪が濡れれば頭皮は見える、そう知っていれば、不安にならずに済みます。 

ですので、銭湯へ行くことをおすすめします。

 

 

銭湯へ行けば解決する

頭部を他人と比較するために、銭湯へ行ってみてください

公衆浴場であればどこでも構いません。

 

f:id:MORIKO:20200614155155p:plain

銭湯へ行ったら、脱衣所から浴室へ入ってくる人を確認します。

ここで、「髪がフサフサの人」を見つけ、マークしてください。

 

髪がフサフサの人物をマークしたら、その人物の髪が濡れるまでを見届けます。

洗髪しているときに後ろを通り過ぎるなどし、頭皮の見え具合をチェックします。

 

つづいて、自分の髪も濡らし、違いがあるかどうかを確認します。 

自分の頭皮が見えすぎていると感じたら、残念ですが、薄毛の兆候かもしれません。 

 

AGA(男性型脱毛症)であれば、病院で治療できます。 

髪を増やすというよりは「ハゲを食い止める治療」ですので、1日でも早く診てもらうことをおすすめします。

AGAが進行してからでは手遅れとなる恐れがあるからです。

 

まとめ

f:id:MORIKO:20200614155740p:plain

心理学で「カラーバス効果」と呼ばれるものがあります。

 

赤いものを意識して部屋を見渡すと、赤いものばかりが目に入るようになる、というものです。

つまり人間というのは、脳で意識しているものが視界に入りやすくなるわけです。

 

現在のあなたには、このカラーバス効果が働いているのかもしれません。 

「赤いもの」ではなく「頭皮」で、です。 

 

一度でも頭皮を気にしてしまうと、鏡を見たときに、頭皮ばかりに注目するようになります。 

ためしに、おでこのシワやほうれい線、顔の左右のバランスなど、ほかのことに注目してみてください。

「こんなにシワあったっけ?」と感じるはずです。

 

つまり、あなたの髪がいきなり薄毛にむかって進み出したのではなく、これまで気に留めていなかった頭皮が(何らかのきっかけで)目に入るようになった、というのが真実ではないでしょうか。

 

とはいえ、気にしはじめてしまった以上、どうしようもありません。

銭湯へ行き、他人の濡れた頭部を見、安心感を得ることをおすすめします。

ただし、絶望感を得る恐れもある。

 

以上、髪の毛が濡れて頭皮が見えるのはハゲなのか、でした。

結論。必ずしもハゲではない。カラーバス効果が作用しているだけ。心配なら銭湯、あるいは薄毛クリニックへレッツゴー。

 

www.shortshortshort.jp

蛍光灯の下でも頭皮は見えますか?

 

www.shortshortshort.jp

抜け毛に悩んでいませんか?