【なぜ】筋肉を鍛えているマッチョが「ピチピチのTシャツ」を着る理由

f:id:MORIKO:20200613181158p:plain

マッチョな男性のなかには、やたらピチピチのTシャツを着たがる人が存在します。

窮屈そうに見えますが、彼らはなぜサイズに余裕のあるTシャツを着ないのでしょうか。

 

この記事では、

  • 自慢の筋肉をアピールするため
  • 筋肉のデカさを感じられるから

など、「筋肉を鍛えているマッチョがピチピチのTシャツを着る理由」をご紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

筋肉を鍛えているマッチョがピチピチのTシャツを着る理由

f:id:MORIKO:20200613180904p:plain

筋肉自慢の男性たちがあえてピチピチのTシャツを着ているのには、2つの理由があります。

  1. 筋肉をアピールしたい
  2. 筋肉を感じていたい

 

1. 筋肉を自慢したい

ムキムキの男性がピチピチのTシャツを着るのは、鍛え上げた筋肉を自慢したいからです。

ダボダボのTシャツやポロシャツでは、体のラインを強調できず、筋肉をアピールできません。 

 

だからこそ、ボディラインが出やすいように小さめのTシャツを着ているわけです。

胸のサイズに自信のある女性がピタピタのニットセーターを着るようなもの。 

 

張り裂けそうなTシャツは、胸筋の厚さや上腕二頭筋の太さを周囲にアピールしてくれます。

女性にたいしては「強いオス」だと伝えられますし、男性にたいしては「おれのほうが上」だと威圧できます。

 

持っている「筋肉」という武器を最大限活用するために、彼らはあえてピチピチのTシャツを着ています。

けっして、試着せずにTシャツを買ってしまったわけではありません。 

 

 

2. 鍛えた筋肉を感じていたい

マッチョな男性が外出時にだけピチピチのTシャツを着ていると思ったら間違いです。

 

彼らのなかには、自宅でひとり過ごしているときにも窮屈なTシャツを着ている者が存在します。

 

f:id:MORIKO:20200613181853p:plain

なぜなら、Tシャツによる体の締めつけが気持ち良いからです。

Tシャツが小さくてキツいのは、それだけ筋肉が肥大している証です。

 

たとえば、以前はサイズに余裕があったTシャツも、筋肉を鍛えれば体が大きくなり、窮屈になります。

この窮屈さが「前よりも体がデカくなった」ことを実感させてくれるのです。

 

トレーニングの効果が出ている証ですので、Tシャツが小さく感じられることは本人にとって「嬉しい」わけです。

だからこそ一部のマッチョは、家でニヤニヤしながらピチピチのTシャツを着て過ごしたりもします。

 

鍛え抜いた筋肉を誰かにアピールできなくても構いません。

自分で自分に惚れる」ほど気持ちの良いことはないからです。

 

ピチピチのTシャツを着て鏡の前に立ってはうっとり、ってなもんです。

 

まとめ

f:id:MORIKO:20200613182435p:plain

筋肉を鍛えている男性が、きつそうなTシャツを着ている理由についてお伝えしてきました。

 

きついかきつくないかでいえば、「きつい」というのが答えです。 

動きやすいか動きにくいかでいえば、「動きにくい」というのが現実です。 

ただそれは、歩きにくいヒールを履いてスタイルをよく見せようとする女性も変わりません。

 

快適性や実用性を犠牲にしてでも、自らが考える「美しさ」をとっているわけです。

女性にとってそれは歩くにくいヒールであり、マッチョにとっては窮屈なTシャツないしポロシャツです。 

 

滑稽に見える「ピチピチTシャツを着るマッチョ」の心理は、このようなものです。

ショッピングモールやスーパーで見かけたら、その意図を汲み、大胸筋あたりにチラチラ視線を送ってやってください。

喜びます。 

 

以上、筋肉を鍛えているマッチョがピチピチのTシャツを着る理由でした。

結論。マッチョがピチピチのTシャツを着るのは、筋肉を強調して、自慢したいから。家のなかでも着ているのは、自惚れているから。洗濯してTシャツが縮んだわけではない。

 

www.shortshortshort.jp

あなたも筋トレを始めませんか?