【薄毛】蛍光灯の光で頭皮が見えるのはハゲなのか問題

f:id:MORIKO:20200610153300p:plain

蛍光灯など、強い光に照らされたとき、頭皮が見えることに悩んでいませんか?

頭皮が見えているのは薄毛になりかけているサインなのでしょうか。

 

この記事では、

  • 光が当たって頭皮が見える理由
  • 気にしないほうがいい理由

など、「蛍光灯の光で頭皮が見えるのはハゲなのか」についてお伝えします。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

【薄毛】蛍光灯の光で頭皮が見えるのはハゲなのか問題

f:id:MORIKO:20200610153001p:plain

頭皮が見えると不安になるかもしれません。

なぜなら、「頭皮が見えている=ハゲ」という認識があるからです。

 

では、頭皮が見えていたら薄毛のピンチなのかといえば、答えはノーです。

蛍光灯の光が当たって頭皮が見えるのは、ふつうのことだといえます。

 

たとえば、口を開けても喉はよく見えません。

いっぽうで、口内をライトで照らせば、奥までバッチリ確認できます。

 

頭皮についてもおなじで、通常は髪の毛で影ができているため、頭皮はさほど見えません。 

それが、蛍光灯によって明るく照らされれば、頭皮が見えるのは当然です。

 

ワックスなど整髪料をつけている

f:id:MORIKO:20200610153626p:plain

蛍光灯の光で頭皮が見えたとき、髪にワックスやジェルなどの整髪料をつけていませんでしたか? 

鏡で髪型をチェックした際に、頭皮が気になったのだとお察しします。

 

ワックスやジェルで髪を固めている状態は、すなわち頭皮が見えやすくなっている状態です。

なぜなら、数十本の髪をまとめて束にしているからです。

 

たとえば、雑草だらけの庭を想像してみてください。

あなたはそこに立ち、軍手をはめた手で、まとめて十本ほどの雑草をつかみます。

そうすると、雑草で隠れていた地面の土が見えるようになったはずです。

 

整髪料により、髪でもおなじ状況が再現されています。

したがって、頭皮が見えることが気になるとしたら、整髪料は使わないほうが良いでしょう。

 

 

風呂場で髪が濡れている

あるいは、風呂場の鏡で、頭皮が見えすぎていることに気づいたのかもしれません。

 

f:id:MORIKO:20200610153939p:plain

風呂場であっても、理屈は整髪料といっしょです。

髪がお湯で濡れて束になっているため、地肌が見えやすくなっています。

 

そこへライトの強い光が当たれば、頭皮が見えるのは当然です。

悩んでも仕方ありません。 

 

髪が濡れたら頭皮は見えるものだ」と割り切って考え、気にしないことをおすすめします。

薄毛の不安に怯えるストレスこそ、髪の毛に悪影響を与えかねないからです。 

 

まとめ

f:id:MORIKO:20200610154150p:plain

蛍光灯の光で頭皮が見える問題についてお伝えしてきました。

 

ハゲている人というのは、どこにいてもハゲています

蛍光灯の下でもハゲていますし、木陰で休んでいてもハゲています。

カフェにいてもハゲていますし、銭湯でもやっぱりハゲています。

 

シチュエーションに関係なくハゲているとしたら、それは薄毛確定です。

ですが、あなたが悩んでいるのは「蛍光灯の下」という、ごく限られた状況における話です。

 

木陰で休んでいるときに鏡で自分の頭皮をチェックしてみてください。

頭皮は見えないはずです。

なぜなら、ハゲていないからです。

 

蛍光灯の光で頭皮が見えることを悩むのは、ニンニクを食べたあとで口臭がキツくなるのを悩むようなものです。 

ふつうのことだよ、ってなもんです。

 

以上、蛍光灯の光で頭皮が見えるのはハゲなのか、でした。

結論。 蛍光灯の光で頭皮が見えるくらいならハゲではないが、蛍光灯の光で頭皮が見えることを悩みすぎると、ストレスが溜まってハゲる恐れあり。

 

www.shortshortshort.jp

シャンプーをしている最中の抜け毛が気になっていませんか?

 

www.shortshortshort.jp

髪の毛と、薄毛に関する知識は、多ければ多いほど良いといわれています。