【図解】なぜお金は物よりも経験に使った方がいいのか?

f:id:MORIKO:20190830112907p:plain

この記事では「なぜお金は物よりも経験に使うべきなのか」をイラストを交えて解説していきます。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

物よりも経験にお金を使うべき理由

f:id:MORIKO:20190830113744p:plain

物というのは、車や腕時計、洋服、バッグなどですね。

 

f:id:MORIKO:20190830114802p:plain
いっぽうで経験とは、旅行、食事、アート鑑賞、観劇などを指します。

 

ではどうして、物よりも経験にお金を使った方が良いのでしょうか?

(良い=より幸せになれる)

 

物は他人と比べてしまう

物を買う欠点として、他人とくらべてしまうことが挙げられます。

 

たとえば600万円の高級車を買ったとしましょう。

 

f:id:MORIKO:20190830115558p:plain

みんなに見せびらかそうと600万円の高級車でドライブをしていると、対向車線を1000万円以上するスポーツカーが走ってきました。

 

f:id:MORIKO:20190830115908p:plain

1000万越えのスポーツカーを見たとたん、さっきまでの満足感は消え去り、「負けた」というネガティブな感情が芽生えます。

 

このように物はどうしても他人と比較しがちです。

しかも残念なことには、上には上がいるわけで。

 

f:id:MORIKO:20190830120539p:plain

時計でも洋服でもそうです。つい他人の物とくらべてしまい「あっちのほうがいいな」などと考えてしまいます。

これではいくらお金があっても満足できません(満足できたとしても一時的)。

見栄にお金を使い出すとキリがないのです

 

経験は自分だけのもの

いっぽうで旅行などの経験は、誰かとくらべることがありません。

 

f:id:MORIKO:20190830121524p:plain腕時計や洋服などとちがい、パッと見ただけで他人の経験がわかるわけではありませんからね(ハワイ旅行をしたことがあるか、なんてわからない)。

 

経験は物とちがって優劣をつけるのが難しいため、「勝った負けた」という話になりにくいのです。

 

f:id:MORIKO:20190830121927p:plain

つまり経験は誰かと競うことがない。

これが、物よりも経験を買ったほうが幸せになれる1つ目の理由です。

 

物はいずれ飽きる

物ばかり買っていても幸福になれないのは、人は遅かれ早かれ物に飽きてしまうからです

 

f:id:MORIKO:20190830130159p:plain

高級腕時計を買ったとしても、買ったときの喜びや幸福がずっと続くわけではありませんよね。

徐々に慣れてしまい、やがてなんとも思わなくなります。

 

f:id:MORIKO:20190830130344p:plain

そして新しい高級腕時計を求める、と。

いずれ飽きてしまう(慣れてしまう)モノにばかりお金を使っていても、真の満足は得られません。

 

f:id:MORIKO:20190830131101p:plain

次から次へと出てくる欲に突き動かされ、刹那の満足を求めてモノを買った先に待っているのは、虚しさだけです

 

経験は美化される

物とちがい、経験には"飽きる"ということがありません

旅行をした思い出も、高級ディナーを堪能した思い出も、いつまでも色あせることなく輝き続けます。

 

f:id:MORIKO:20190830131835p:plain

物の満足度は買ったときがピークで徐々に下がっていくのに対し、経験の満足度は、時間が経っても下がりません。

 

f:id:MORIKO:20190830131858p:plain

むしろ思い出が美化され、満足度が上がることさえあります

長期的な観点からしても、経験にお金を使ったほうがメリットが大きいといえます。

 

 

物には後悔がつきもの

高価なものを買った後で「やっぱり買わなければよかった」と後悔したことはありませんか?

 

f:id:MORIKO:20190830132820p:plain

後悔しやすいのは、経験よりも物にお金を使った場合です。

 

これは先述した内容と関係していて、物は買った瞬間が満足のピークでその後下がり続けるのにたいして、経験はむしろ美化される傾向にあるからです。

 

f:id:MORIKO:20190830133429p:plain

満足度が下がると、やがて物に魅力を感じなくなり、買ったことを後悔します

 

経験を後悔することは稀

経験(思い出)はむしろ魅力が増すため、どんなに大金を使っても、後悔することはほとんどありません。

 

f:id:MORIKO:20190830134440p:plain

1泊数十万円のスイートルームも、1人数万円のディナーも、素敵な思い出としていつまでも色褪せることはないでしょう。

 

まとめ

「なんのために人はお金を使うか」といえば、それは生きるためであり、幸せになるためです。

 

そして、幸せになるためには物よりも経験にお金を使うほうが賢明です

 

f:id:MORIKO:20190830140453p:plain

なぜなら物はやがて古くなり、魅力を失い、飽き、いつか壊れてしまうから。

見栄で買った家も車も洋服も、本当の意味で人を幸せにすることはできません。

 

もちろん、ミニマリストを目指す必要はない

f:id:MORIKO:20190830141947p:plain

とはいえ、物を買うのは悪だ、ミニマリストを目指しましょう、という話ではなく、バランスを見直すのが大事だということです。

(ミニマリストを目指す必要はありません。電気のカバーは捨てずにつけておきましょう)

 

f:id:MORIKO:20190830142347p:plain
物欲は仕事のモチベーションに繋がることもありますし、物欲のすべてを否定するわけではありません。

 

大切なのは両者のバランスです。今一度、物と経験に使ったお金のバランスを考えてみてください

 

f:id:MORIKO:20190830142833p:plain

もし物にばかりお金を使っていれば、次の週末に映画館や美術館、あるいは旅行に出かけてみてはどうでしょう。

今以上に幸せになるヒントや手がかりがあるかもしれません。

 

こんな記事も読まれてます

映画館で映画を観るメリット・デメリット

 

若者こそ経験を買おう

また、経験は人を成長させます。若者こそ優先的に、経験にお金を使うのが賢明かと思います。

(高級車やブランドの服は、成長して成功してから買っても遅くない)

 

若くして高級車に乗っているのは「すごい」かもしれませんが、すでに書いたとおりいずれ飽きてしまいますし、上には上がいますし、そのうちぶっ壊れます。

 

f:id:MORIKO:20190830144228p:plain

せっせと高級車のローンを払っていたせいで、30代、40代になってなにも得ていない(経験が不足している)。そんな状況に陥るのは嫌ですよね。

 

f:id:MORIKO:20190830114802p:plain

若者のみなさん、お金は見栄ではなく経験に使いましょう。

不毛な競争に巻き込まれないように。

 

なぜ、あの人は「お金」にも「時間」にも余裕があるのか?

なぜ、あの人は「お金」にも「時間」にも余裕があるのか?

 

以上、なぜお金は物よりも経験に使ったほうがいいのか、でした。

参考になれば幸いです。