ネットニュースを見ないようにする具体的な方法

f:id:MORIKO:20191026143506p:plain

ネットニュースには中毒性があります。

だからついサイトを開いてチェックしてしまうんですね。

 

ただ、薄々「時間の無駄なのでは?」と気づいている人も多いはず。

えぇ時間の無駄です。

そこでこの記事では「ネットニュースを見ないようにする具体的な方法」をご紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ネットニュースを見ないようにする方法

閲覧をやめるためには、ニュースサイトにアクセスしにくい環境を作ることが大切です。

 

アプリやブックマークを削除する

もしニュースサイトのアプリが入っていれば削除してください。

アプリがあるとワンクリックで見れるため、つい開いてしまいますよね。

 

同様に、ブックマーク登録しているニュースサイトがあればそちらも登録を外します。

まずはニュースサイトにアクセスしにくい環境を作るのがおすすめです。

 

なんとなく惰性で見ていた人は、こうした工夫だけでネットニュースの閲覧をやめることができます。

 

検索エンジンはグーグルを使う

f:id:MORIKO:20191026143653p:plain

それから、検索エンジンはグーグルを使うようにしてください。

ヤフーなどその他の検索エンジンは、ホーム画面にニュースを表示していることがほとんどです。

 

せっかくアプリやブックマークを削除しても、検索時にニュースが目に入ってしまっては意味がありません。

つい開いてしまうでしょう。

グーグルの検索画面には検索窓以外なにもないので、ネットニュースの誘惑にさらされることなく調べ物ができます。

 

パソコンのホーム画面がヤフーになっている人は、ホーム設定をグーグルへと変更してみてください。

これだけでだいぶ変わります。

 

 

ネットニュースのデメリットを理解する

画面上の対策だけでなく、精神面もネットニュースを見ないよう変化させる必要があります。

そのためには、ネットニュースがいかに無意味で時間を浪費させるものかについて考えるのがおすすめです。

 

得るものはなにもない

f:id:MORIKO:20191026144025p:plain

ネットニュースを見て得るものは1つもありません。

 

それどころかネットニュースは貴重な時間を奪い、テンションを下げます。

〜名死亡、〜名遭難、〜が自殺、〜が救急搬送。

こうした暗いニュースを見て気分が明るくなる人などいないはずです。

 

ネットニュースに中毒性があるのは、こうした報道が刺激的で、脳が興奮するからです。

……他人の不幸で興奮するだなんて、なんだか低俗な趣味ですよね。

 

人の不幸を丹念にチェックするのはやめ、もっと他のことに時間を割いたほうが有意義だといえます。

われわれが芸能人の不倫を知ったところで、なんの役にも立ちませんし。

 

刺激に飢えている

以下は私の体験談です。

電車に乗っていたときに、男性が操作しているスマホの画面が目に入りました。

 

スーツを着た30代前半くらいの彼は、SNSの情報をひととおりチェックし終えると、何度も画面を更新し、新しい情報がないか確認しています。

 

f:id:MORIKO:20191026144239p:plain

新着情報がないとわかると今度はニュースサイトのアプリを開き、交通事故時のニュースなどを数秒ほどでチェック。

それから先ほどのSNSに戻り、他者のアップした画像や文章を流し読みしていました。

 

まるで新しい情報に触れていないと死んでしまう病気にでもかかっているかのような必死さがあり、かなり気味が悪く感じましたね。

「落ち着けよ」といいたくなりました。 

まぁ私は私で「他人のスマホを覗くなよ」という話なのですが。

 

一度、ネットニュースを読みあさっている自分を想像してみてください。

ちょっと引くと思います。そんなわけで、ニュースチェックはやめましょう。

 

まとめ

ネットニュースの閲覧をやめる具体的な方法をご紹介してきました。

  • アプリやブックマークを消す
  • 検索エンジンはグーグルを使う
  • ニュースの弊害について考える
  • 読みあさる自分を想像する

これをすべて実行すれば、ネットニュース依存から脱却することができます。

 

ジャンクな情報を絶って、健全な精神とたくさんの時間を手に入れましょう。

もし代わりに情報を得られるサイトを探している場合には、当サイト『ブドウ糖の浪費』がおすすめです。

 

スッキリしたホーム画面に、当ブログへのショートカットを作成ください。

 

以上、ネットニュースを見ないようにする具体的な方法でした。