寝室が暑くて眠れないときの対処法5選【予算別】

f:id:MORIKO:20200620150137p:plain

寝室が暑いことに悩んでいませんか?

 

寝室の温度が高いと、

  • なかなか寝付けない
  • 寝苦しくて夜中に目を覚ます

など、睡眠の質が低下してしまいかねません。

 

そこでこの記事では、「寝室が暑くて眠れないときの対処法」を予算別にご紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

寝室が暑くて眠れないときの対処法5選【予算別】

f:id:MORIKO:20200620145602p:plain

睡眠時に涼しさを得る方法は5つあります。

  1. エアコン
  2. 扇風機
  3. 冷感敷きパッド
  4. 氷嚢
  5. 服を脱ぐ

それぞれ詳しくご説明します。

 

1. エアコンを設置する【5万円〜】

f:id:MORIKO:20200620150644p:plain

寝室にエアコンを設置すれば、暑い夏場でも気持ち良く眠れます。

 

室温を好きなようにコントロールできるからです。

したがって、熱帯夜だろうと関係ありません。

 

クーラーで暑さを解消するデメリットは、コストがかかることです。 

寝室にエアコンがなければ、購入して設置するための費用がかかります。

 

安いクーラーを選んだとしても、本体価格と取り付け費用など、合わせて5万円ほどの出費になるでしょう。

高機能のエアコンだと、本体だけで7〜10万円ほどコストがかかるのがネックだといえます。

 

当然ながら、朝までクーラーをつけっぱなしにしておけば、それだけ電気代が生じます。

つまるところ、もっとも快適で、もっともお金がかかるのがエアコンだということです。

 

2. 扇風機を使う【8千円〜】

f:id:MORIKO:20200620150949p:plain

エアコンを買うだけの予算がない場合には、扇風機がおすすめです。 

 

エアコンとの違いは、扇風機が「風の当たる範囲しか涼しくできないこと」です。

 

とはいえ、あなたが単身あるいは夫婦2人暮らしなどであれば、扇風機でじゅうぶん事足ります。

5人家族で扇風機1台では厳しい。クーラーで寝室全体を涼しくすべき。

 

扇風機は「稼働音が静かなもの」を選ぶのがおすすめです。

なぜなら、羽の音がうるさいと、気になって眠れない恐れがあるからです。

暑さを解消できても、扇風機の騒音で眠れなくなったら本末転倒。

 

静寂性を見極めるポイントは、扇風機についている羽根の枚数です。

枚数が多いほど、音は静かになります。

 

2,000円程度の安い扇風機は、たいてい羽根が5枚しかありません。

就寝時に使うのであれば、静粛性の高い8枚タイプがおすすめです。

こちらの扇風機(日立製)は高い機能性を備えていて、しかも1万円以下で購入できます。

 

扇風機の風は顔ではなく足元に当てるのが、全身を冷やすコツです。

足湯とおなじこと。足を冷やせば全身が冷える。

 

 

3. 冷感敷きパッドを使う【2千円〜】

扇風機を買うほどの暑さではない場合は、冷感敷きパッドや冷感タオルケットを使うのがおすすめです。

 

f:id:MORIKO:20200620151501p:plain

冷感ナンチャラというのは、肌に触れるとひんやり感じる素材でできた寝具のことを指します。

こうした冷感の寝具は速乾性に優れているため、寝ていて汗をかきやすい夏場に最適です。

 

体の下に敷くパッドと、体の上にかけるブランケットを冷感素材で揃えれば、暑さを忘れて気持ち良く眠れるのではないでしょうか。

 

冷感敷きパッドはこちらです。 

 

冷感タオルケットはこちらです。 

ただし、タオルケットに関しては「そもそも体に何もかけない」というのもアリです。

したがって、暑さをしのぐために必ずしも必要なわけではありません。

 

4. 氷嚢【1千円〜】

f:id:MORIKO:20200620151919p:plain

さらにコストを抑えたい場合には、氷嚢(アイスバッグ)を使う手があります。

 

専用のバッグに水と氷を入れ、キャップを閉めるだけで完成です。

バッグ自体は1,000円程度で買えます。

 

ただし氷嚢のデメリットとして、翌朝までに氷が溶けてしまうこと、が挙げられます。

したがって、寝ている間に氷が溶け、氷嚢が冷たさを失い、寝苦しくなって夜中に起きてしまう恐れがあります。

 

「翌朝までぐっすり快眠」とはいかないかもしれません。

 

コスパを考えると扇風機を買うのがおすすめですが、金銭的に余裕がなければ、氷嚢を使うのもアリです。

少なくとも、氷嚢を使わないよりは使ったほうが気持ちよく眠れます。

 

MIZUNO(ミズノ) 氷のう アイシングバッグ Mサイズ 1GJYA22600 M

MIZUNO(ミズノ) 氷のう アイシングバッグ Mサイズ 1GJYA22600 M

  • 発売日: 2018/04/15
  • メディア: スポーツ用品
 

氷嚢はこちらをどうぞ。 

 

今夜から氷嚢を使いたい場合には、ビニール袋を2枚重ねて水と氷を入れれば作れます

ただし、耐久性に難があります。

 

毎晩氷嚢を使うのであれば、ビニール袋製の即席氷嚢ではなく、上のような商品を買うのがおすすめです。

 

5. 服を脱ぐ【無料】

f:id:MORIKO:20200620152308p:plain

お金をかけずに涼しさを感じる方法としては、服を脱ぐ手があります。

衣類を脱ぐだけですので、コストは1円もかかりません。

どこまで脱ぐかはあなた次第。

 

もっとも原始的な方法であるため、効果もそれなりです。

お腹を冷やして腹痛に襲われないよう、腹部にだけブランケットを掛けて寝るのが良いでしょう。

 

www.shortshortshort.jp

ただし、裸で寝る行為にはいくつかのリスクが潜んでいます。

脱ぎすぎないようご注意ください。

せめて下着はつけたまま寝るべき。 

 

まとめ

f:id:MORIKO:20200620152638p:plain

寝苦しい熱帯夜の対処法をお伝えしてきました。 

 

睡眠時に涼しさを得る方法は、

  1. エアコン
  2. 扇風機
  3. 冷感敷きパッド
  4. 氷嚢
  5. 服を脱ぐ

これらの5つです。

それぞれに一長一短があります。 

 

お金に糸目をつけないのであれば、クーラーがおすすめです。

 

ただ、もっとも費用対効果が高いのは扇風機ではないでしょうか。

エアコンと違い、扇風機には「カビ臭」が発生することがありません。

メンテナンスフリーであるところも、扇風機のメリットです。 

 

熱帯夜の相棒として、ぜひ静かなこちらの扇風機をどうぞ。

 

以上、寝室が暑くて寝れないときの対処法/工夫でした。

結論。お金に余裕があればエアコン。コスパが最強なのは扇風機。ただし、静音性の高い扇風機でないと、音がうるさくて眠れない恐れあり。