【モテない?】毛深い男性は女性から嫌われるのか

f:id:MORIKO:20200622154049p:plain

腕や脚などの体毛が濃い男性は、恋愛において不利なのでしょうか?

 

残念ながら濃いモジャモジャの体毛は、多くの女性にネガティブな印象を与えます。 

なぜなら、女性にとって体毛は「不潔なもの」だからです。

 

この記事では、

  • 体毛が濃い男性は恋愛に不利か
  • ムダ毛はどのように処理すればいいか

など、「恋愛において毛深さが不利になる理由と対処法」をご紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

恋愛において「毛深さ」が不利になる理由と対処法

f:id:MORIKO:20200622153828p:plain

恋愛市場において、男性の体毛にたいする女性側のニーズは、ほとんど存在しません。

なぜなら、女性にとって体毛は「処理するもの=汚らしいもの」だからです。

 

少なくとも日本の文化では、女性は体毛を処理するのが一般的です。

腕毛やスネ毛を伸ばしておく女性はマイノリティでしょう。

 

たいていの女性がムダ毛を剃ったり、抜いたり、クリームやレーザーを使って脱毛したりしています。 

 

したがって、生理的に女性はムダ毛を受け付けません

男性の脚に鬱蒼と生えたスネ毛を見て女性が思うのは、「素敵」ではなく「気持ち悪い」です。

 

「毛深い男性が好き」だという女性もいるのでは?

f:id:MORIKO:20200622154459p:plain

「毛深い男性が好きな女性だっている」

あなたはそう思うかもしれません。

 

確かに、毛深い男性を好む女性は存在しています。

が、彼女らは圧倒的少数派です。

 

たいていの女性がスポーツカーに興味を示さないように、たいていの女性が空気の乾燥を嫌うように、たいていの女性は毛深い腕や脚をイヤがります。

 

99%の女性を切り捨てる覚悟

f:id:MORIKO:20200622154734p:plain

つまり、濃いスネ毛や腕毛をそのまま放っておくことは、99%の女性を切り捨てることを意味します。

いっぽうで、残り1%の女性のハートには、(毛深さが)とことん刺さることでしょう。

 

濃い体毛を放置していたとしても、彼女ができる可能性はあります。

ただし、「モテるかどうか」という今回のテーマに沿って考えれば、答えはノーです。

 

不特定多数の女性から好意を寄せてもらうためには、スネ毛や腕毛を処理しておくのが望ましいといえます。

 

たとえ毎日ボディソープで腕や脚をゴシゴシ洗っていても、体毛は女性の目に「不潔で汚い」と映ってしまうからです。

不潔だとみなされた男性は、当然ながら、女性にとって恋愛対象にはなり得ません。

 

 

【解決策】体毛を処理する3つの方法

スネ毛や腕毛といったムダ毛を処理する方法は、大きくわけて3つ存在します。

  1. カミソリで剃る
  2. 毛抜きで抜く
  3. レーザーで脱毛する

 

1. カミソリで剃る

f:id:MORIKO:20200622154940p:plain

まず一つめの方法として、カミソリで剃る処理が挙げられます。

剃るメリットは、時間とお金がかからない手軽さにあります。

 

風呂場でシェービングフォームあるいはローションを肌に塗り、カミソリを走らせて毛を剃るだけで、モジャモジャの四肢とはお別れです。

 

ただし腕毛やスネ毛を剃るデメリットである、

  • いずれ伸びてくる
  • チクチクして痛い
  • 見た目が気持ち悪い

などを覚悟しておかなければなりません。

 

伸びかけのスネ毛(シャープペンの先から出ている芯みたい)はビジュアルが不快ですし、衣類に毛先が引っかかるため、肌にチクチクとした痛みが生じます。

もちろん、絶叫するほどの痛みではない。痛痒い感じ。

 

これらすべて、手軽さを引き換えに生じてしまうデメリットです。

 

2. 毛抜きで抜く

f:id:MORIKO:20200622155319p:plain

剃る以外では、毛抜きを使って1本1本抜くやり方があります。

抜くメリットは、自分で体毛の量を調節できることです。

 

いくら体毛がモテないからといって、すべて剃ってツルツルにしてしまうと、それはそれで(人によっては)不自然に映ります。

 

毛抜きで抜く方法なら、たとえば「スネ毛を3分の1に削減する」といった毛深さの調整が可能です。

ゆえに、自然さを演出できるわけです。

 

毛抜きでスネ毛や腕毛を抜くデメリットは、

  • 抜くときに痛い
  • 時間がかかる
  • 疲れる

などが挙げられます。

根性と時間がある方に「抜く処理」はおすすめです。

 

驚きの毛抜き 先丸タイプ(ブラック) GT-223

驚きの毛抜き 先丸タイプ(ブラック) GT-223

  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
 

「抜く方法」を選ぶのであれば、せめて道具は良いモノを使いましょう。

粗悪品とは作業の負担や効率がちがってきます。

 

3. レーザーで脱毛する

f:id:MORIKO:20200622155854p:plain

レーザー脱毛というのは、毛根にある毛母細胞などを破壊し、毛が生えてこないようにする方法です。

 

レーザー脱毛には、

  1. 永久ではない脱毛
  2. 永久脱毛

の2種類が存在しています。

永久脱毛は毛母細胞等を完全に破壊するやり方で、この行為は「医師でなければできない」と法律で定められています。

 

したがって、二度と生えてこないようにする永久脱毛(医療脱毛)を希望する方は、医師に施術してもらわなければなりません。

脱毛のなかでは、この医療脱毛がもっとも高額です。

 

エステサロンなどが行っている「レーザー脱毛」は、永久脱毛ではありません

毛母細胞を破壊するほどのパワーがある機器を医師以外が使うことは、法律で禁止されている。

 

したがってエステサロンで受けた「永久脱毛ではない脱毛」はいずれ(数年後あるいは数十年後に)毛が生えてきてしまう、というデメリットがあります。 

 

個人で扱えるレーザー脱毛器も売っていますので(もちろん永久脱毛は不可)、興味のある方や近所で脱毛サービスを受けられない方などは、検討してみてください。

 

カミソリの刃と違って肌にダメージを与えず、また「刃で毛を切る」のではなく「レーザーで毛根から抜く」のが、レーザー脱毛の特徴です。

 

以上、恋愛において毛深さが不利になる理由と対処法でした。

結論。濃い体毛は女性に嫌われがち。ムダ毛は剃るか、抜くか、レーザーで毛根にダメージを与えるかの3択。手軽に済ませたいなら剃る、根気と時間があるなら抜く、お金があるならレーザーがおすすめ。