部屋で殺した虫の死骸が見つからない方へ。2つの選択肢

f:id:MORIKO:20200707173903p:plain

部屋のどこを探しても「仕留めたはずの虫」が見つけられず、困っていませんか?

 

死骸を見つけて処理するまでは、なかなか気分がスッキリしないものです。

まだ虫が生きていたらどうしよう、などと不安になったりもすることでしょう。

 

そこでこの記事では、

  • 見つかるまで探すべきケース
  • 探すのを諦めるべきケース

など、「部屋で殺した虫の死骸が見つからないときの対処法」をわかりやすく解説します。

ぜひ参考にしてみてください。

 

本記事に虫の画像はいっさい出てきません。

 

 

 

部屋で殺した虫の死骸が見つからないときの対処法2つ

f:id:MORIKO:20200707173241p:plain

飛んでいた虫に殺虫スプレーを吹きかけて殺したはずなのに、部屋のどこにも死骸がないというのは、よく起こる現象です。 

 

虫の行方がわからなくなったとき、あなたが取りうる選択肢は2つあります。

  1. 見つかるまで探す
  2. 探すのを諦める

 

1. 見つかるまで虫を探す

f:id:MORIKO:20200707174704p:plain

虫の死骸を確認するまでリラックスできない方は、部屋中を探し回るしかありません。

 

殺虫剤などで仕留めたのであれば、虫の死骸はかならず部屋のどこかに落ちているはずです。

つまり、探していればいつかは見つかる、ということです。

  • テレビの裏
  • バッグの中
  • ゴミ箱の中
  • フードの中(パーカーを着ているなら)

などは、もう見ましたか?

 

探したほうがいい虫

f:id:MORIKO:20200707175022p:plain

ところで、あなたの部屋に現れた虫はいったい何でしょうか。

 

放置すべきでないのは、ハチやアブ、サソリなど、人間に危害をもたらす虫たちです。

もしハチがまだ生きていたら、あなたにチクッと針を刺し、反撃してくる恐れがあるからです。

 

刺したり、噛んだりする危険性のある虫を見失った場合には、見つかるまで探したほうが良いでしょう

死骸を見つけて処理するまでは安心できません。

 

いっぽうで、ハエやクモであれば、かりに生きていたとしても脅威はないといえます。

ただ気持ち悪いだけで。

 

 

2. 虫を探すのを諦める

部屋に出たのが危険な虫ではないとしたら、放っておいても問題ありません。

なぜなら、殺虫剤があたった虫は99%死んでいるからです。

 

f:id:MORIKO:20200707175415p:plain

殺虫剤は虫にとって猛毒であり、たとえわずかでも薬剤が当たれば、虫はたいてい死にます。

 

たとえ死骸が見つけられないとしても、「死んでいる」という事実には変わりありません。

殺虫剤は人体にとっても有毒なので、使用後は部屋の換気を忘れずに。

 

つまり、寝ている間に虫が口のなかに、といったホラーな展開にはならないということです。

 

虫の死骸も含め、探し物というのはたいてい「諦めたとたんあっさり見つかる」ものです。

しばらく経って忘れたころに、物陰からコロッと死骸が出てくることでしょう。

 

まとめ

f:id:MORIKO:20200707175840p:plain

殺したはずの虫を見失ったときの対処法をご紹介してきました。

 

選択肢は2つあります。

  1. 探す
  2. 諦める

ハチなどの危険な虫であれば、死骸を見つけるまで油断できません。

部屋中をとことん探すことをおすすめします。

 

いっぽうでクモやハエ、ゴキブリ、よくわからない小さな虫など、人体に危害を加えない虫たちなら、放っておいても問題ないでしょう。

そもそも殺虫剤が命中したのであれば、その虫はいまごろどこかで息絶えています。

 

虫が苦手な方は、部屋にモノを置かないことをおすすめします。

部屋がスッキリ片付いていれば、

  • 虫に気づきやすい
  • 死骸を見つけやすい

など、虫に対応しやすいからです。

もしかして、散らかった部屋で生活していませんか?

 

以上、部屋で殺した虫の死骸が見つからないときの対処法でした。

結論。ハチなら探すべし。ハチ以外であれば、「どこかで死んでいる」と判断し、捜索を断念してOK。部屋を片付けておけば今回のようなトラブルは防げる。

 

www.shortshortshort.jp

モノが少なく虫に強い部屋づくりには、こちらの本が参考になります。

 

www.shortshortshort.jp

食品の防虫対策は行っていますか?