まだ食べる?フライドポテトの不健康な4つのデメリット

f:id:MORIKO:20200913062859p:plain

フライドポテトが健康に良いか悪いかといえば、答えは「悪い」です。

つまり、フライドポテトを食べるよりは、食べないほうがマシだ、ということです。

 

フライドポテトになんとなく不健康なイメージを抱いていても、「フライドポテトがなぜ体に悪いのか」まで理解している方は多くありません。

 

そこでこの記事では、

  • 高温で揚げてAGE増加
  • 発がん性物質アクリルアミド

など、「フライドポテトが健康に及ぼす4つのデメリット」をわかりやすく解説します。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

フライドポテトが健康に及ぼす4つのデメリット

f:id:MORIKO:20200913062549p:plain

本記事の目的は、「フライドポテトを食べたい欲求」をあなたから削ぐことです。

なぜなら、じゃがいもを高温で揚げたフライドポテトは、私たちの健康を害するリスクが高い食べ物だからです。

 

フライドポテトを食べる代償として、

  1. 老化を加速させる
  2. 発がんリスクを高める
  3. 心疾患のリスクを高める
  4. 肥満のリスクを高める

これらの悪影響が挙げられます。

 

老けたくない方、がんになりたくない方などは、フライドポテトの摂取を控えておいたほうが良いでしょう。

 

1. 老化を加速させる

f:id:MORIKO:20200913063151p:plain

フライドポテトを食べれば食べるほど、あなたは老けていきます。

なぜなら、フライドポテトにはAGE(終末糖化産物)という老化促進物質が多く含まれているからです。

 

フライドポテトに限らず、AGEはさまざまな食品に含まれており、AGEそのものの摂取を避けることはできません。 

ただ、AGEには「高温で調理するほど増加する」という特徴があります。

 

つまり、

  1. 蒸す
  2. 茹でる
  3. 焼く
  4. 揚げる

この調理順で、あらゆる食材のAGE含有量は増えていく、ということです。

 

フライドポテトは、「揚げる」というAGEを最大級に増やす調理方法によって作られています。

したがって、老化促進物質が豊富に含まれており、フライドポテトを食べたぶんだけあなたは老けてしまう、というわけです。

 

老けるといっても、肌にシミができたり、シワができたりするだけではありません。

老化現象とはすなわち、細胞の機能低下そのものです。

 

ですので、目に見える皮膚だけでなく、目には見えない心臓や肺、腸、脳などの臓器も衰えていくわけです。

細胞を若く保つためも、見た目のアンチエイジングのためにも、AGEの摂取量にご注意ください。

 

2. 発がんリスクを高める

f:id:MORIKO:20200913063938p:plain

フライドポテトを食べると、発がんリスクが高まる恐れがあります。

なぜならフライドポテトには、アクリルアミドという発がん性物質が含まれているからです。

 

アクリルアミドは、上でご紹介したAGE(終末糖化産物)のうちの一つです。

AGEにはさまざまな種類があり、そのなかの一つがアクリルアミドだ、ということです。

 

アクリルアミドはAGEのなかでも凶悪で、あなたの老化を促進させるだけでなく、発がんリスクをも高めてしまうのです。

 

そもそも、がんというのは、細胞の遺伝子に傷がつき、細胞にコピーエラーが生じて起こる病気です。

私たちの細胞は分裂を繰りかえし、カラダを構成している細胞はつねに作り変えられています。

 

ところが、細胞分裂の際にコピーエラーが生じ、無限に増殖しつづけてしまう細胞が生まれることがあります。

これががん細胞です。

 

発がん性物質というのは、「遺伝子に傷をつける恐れのある物質」のことをいいます。

フライドポテトに含まれているアクリルアミドは、われわれの遺伝子に傷をつけ、細胞分裂に異常を生じさせ、がん細胞を生み出すリスクがある、ということです。

 

以上の内容を端的にいえば、フライドポテトを食べると発がんリスクが高まる、となります。

日本人の2人に1人ががんになるといわれている時代です。

発がん性が指摘されている物質に関して、注意するに越したことはないでしょう。

 

 

3. 心疾患のリスクを高める

フライドポテトを作る際には、当然ながら油を使います。

この油にはたいていショートニングなどの植物油脂が使われています。

 

f:id:MORIKO:20200913065033p:plain

ショートニングやマーガリンは、トランス脂肪酸という体に悪い物質を含んでいます。

トランス脂肪酸は細胞の機能を阻害し、

  • 認知症
  • 動脈硬化
  • 心臓や脳の血管系疾患

これらのリスクを高める危険性があるのです。

 

トランス脂肪酸は工業的に作られた物質であって、われわれが持っている消化酵素では消化できません。

 

どうして飲食店がショートニングなどの「体に悪い油」を使ってフライドポテトを作っているかといえば、コストが安く済むからです。

 

企業はあくまでも売上を高め、利益を増やすことを至上目的としており、けっして「消費者を健康にしたい」などとは考えていないのです。

消費者の健康を考えて油にコストをかければ、そのぶんフライドポテトの価格を上げざるをえず、売上に悪影響が出る。

 

4. 肥満のリスクを高める

f:id:MORIKO:20200913065251p:plain

フライドポテトは、食べると太りやすい食べ物です。

 

「フライドポテトは脂をたっぷり含んでいるからでしょ」

そう思う方がいるかもしれませんが、われわれを太らせる犯人は脂ではありません。

 

じゃがいもそのものの糖質が、私たちの体脂肪を増やすのです。

いうなればじゃがいもは、炭水化物(糖質)の塊です。

さらにじゃがいもはGI値が高い食材であり、摂取すると私たちの血糖値を急上昇させる、という特徴を持ちます。

 

血糖値とは、血液中に含まれているブドウ糖の濃度をいいます。

血液中で増えすぎたブドウ糖は、インスリンというホルモンによって中性脂肪へと作り替えられ、皮下脂肪や内臓脂肪として、私たちの体に蓄えられます。

 

早い話が、糖質は太る、ということです。

肥満に関していえば、フライドポテトの脂が悪いのではなく、ジャガイモの糖質が悪いのです。

 

まとめ

f:id:MORIKO:20200913065651p:plain

フライドポテトのデメリットをお伝えしてきました。

 

フライドポテトは私たちに

  1. 老化を加速させる
  2. 発がんリスクを高める
  3. 心疾患のリスクを高める
  4. 肥満のリスクを高める

このような嫌がらせをしてきます。

ロクな食べ物ではありません。 

 

おまけにフライドポテトにはたくさんの塩がかかっています。

塩分をたくさん摂るデメリットもいくつかありますが、恐ろしいものだと塩分過多は「胃がん発症のリスクを高める」可能性が指摘されていたりもします。

 

いっぽうで、フライドポテトを食べるメリットはなんでしょうか。

「食べると美味しくて幸せな気持ちになる」

以上です。

 

フライドポテトを口にするメリットとデメリットを天秤にかけ、どうするのが賢明か、考えてみてください。

フライドポテトのどこにも、 

  1. 老化を加速させます
  2. 発がんリスクを高めます
  3. 心疾患のリスクを高めます
  4. 肥満のリスクを高めます

このような注意書きはなされていませんが、ファストフード店へ行った際に思い出していただければ幸いです。

 

以上、フライドポテトが健康に及ぼす4つのデメリットでした。

結論。フライドポテトは、私たちをあの世へと近づける食べ物。何も食べなければ空腹で死んでしまうけれど、わざわざフライドポテトを選ぶ必要はない。食べ物はほかにいくらでもある。サバとかブロッコリーとか。

 

【参考文献】

牧田善二『医者が教える食事術2 実践バイブル 20万人を診てわかった医学的に正しい食べ方70』ダイヤモンド社、2019年

南清貴『じつは怖い外食 サラリーマンランチ・ファミリー外食に潜む25の危険』ワニブックス、2014年

松原秀樹『腸もれ リーキーガット解消法』日貿出版社、2019年

 

www.shortshortshort.jp

ジャガイモに関して、当サイトにはこんな記事もあります。 

 

www.shortshortshort.jp

食事にたいして、あなたはどれくらいこだわっていますか。