愛妻家と恐妻家の違いってなに?

f:id:MORIKO:20200927112919p:plain

愛妻家と恐妻家、両者はまったくの別物です。

 

端的にいえば、

  • 愛妻家:妻を愛する夫
  • 恐妻家:妻を恐れる夫

それぞれこのような夫を指します。

妻にたいして夫がどのような感情を抱いているかによって、愛妻家だったり、恐妻家だったり、夫の呼び方が変わるわけです。

 

この記事では、

  • 愛妻家と恐妻家は両立するか
  • 愛妻家の反対は恐妻家なのか

など、「愛妻家と恐妻家の違い」についてわかりやすく解説します。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

愛妻家と恐妻家の違い

f:id:MORIKO:20200927112427p:plain

愛妻家と恐妻家、いずれも妻ではなく、夫のことを指す言葉です。

 

夫が妻をこよなく愛しているなら、その夫は愛妻家です。

夫が妻を恐れ、妻にたいして頭が上がらない状態であれば、その夫は恐妻家だといえます。

 

ちなみに、性格がキツい奥さんのことは、

  • 恐妻
  • 鬼嫁

などと呼びます。

 

恐妻という言葉はおっかない奥さんのことを指していて、ここに「家」がつき「恐妻家」となると、妻を恐れている夫へと主体が変わるわけです。

 

  • 愛妻家:妻を愛する夫
  • 恐妻家:妻にビビる夫

両者にはこのような違いがあります。

 

愛妻家と恐妻家は両立するのか

f:id:MORIKO:20200927113415p:plain

ところで、愛妻家と恐妻家は対義語なのでしょうか

いえ、違います。

 

愛妻家、すなわち妻を愛している夫の反対は、妻を愛していない夫です。

妻を愛していない夫をズバッと表現する言葉はありませんが、

  • 不倫男
  • 仮面夫婦
  • 妻が大ッ嫌い

このようなイメージで良いでしょう。

あるいは、すでに離婚しているか。

 

同様に、恐妻家とは妻を恐れている夫のことで、その反対は「亭主関白」となります。

この世の中には、亭主関白で恐妻家な旦那というのは存在しません

 

なぜなら矛盾しているからです。

たとえるなら、激苦の激甘カフェラテ、みたいなものです。

 

 

愛妻家かつ恐妻家はありえる

愛妻家と恐妻家が対の概念でないことは、上で確認したとおりです。 

「生と死」のような反対の概念ではありません。

 

f:id:MORIKO:20200927160326p:plain

ゆえに、「愛妻家だけど恐妻家でもある」という人物は存在し得ます。

 

妻のことは大好きだが、怒らせると怖いから、いつも妻の顔色をうかがっている。

だが、そんなたくましくてパワフルな妻が大好きだ、といった具合です。

 

この男性は愛妻家の定義に当てはまっていますし、恐妻家の定義にも当てはまっています。 

愛妻家でありながら恐妻家でもある、といえます。

小説家かつ格闘家みたいなもの。矛盾しない。

 

夫が家庭内で威張っている「亭主関白」の反対は、「かかあ天下」です。 

かかあ天下の家庭にあって、そんな頼もしい奥さん(恐妻)が大好きだという夫は、少なくないのではないでしょうか。

 

まとめ

f:id:MORIKO:20200927160703p:plain

愛妻家と恐妻家の違いについてお伝えしてきました。

 

  • 愛妻家:妻を愛する夫
  • 恐妻家:妻を恐れる夫

このとおり、それぞれの違いは明確です。 

 

ここから一歩話を進めて、「愛妻家と恐妻家は両立するか」についても考えてきました。

愛情と恐怖、ふたつの感情をひとつの対象に抱くことは、けっして不自然ではありません。

 

妻を愛しながら、どうじに妻を恐れているというのは、じゅうぶんありえる状態です。

 

たとえるなら、ジェットコースターのようなものでしょう。

ジェットコースターが好きな人は、ジェットコースターにたいして、愛と恐怖心を抱いています。

 

ガタガタとレールを登っていくときの怖さ、落下する際のスリル、そうした恐ろしさを感じつつも、彼/ 彼女らはそんなジェットコースターが大好きなのです。

 

ジェットコースターというつひとつの対象にたいして、愛情と恐怖心、2つの感情を抱けているのは、愛と恐怖が対立する感情ではないからです。

 

ゆえに、愛妻家だからといって妻を恐れていないわけではありませんし、おなじように、恐妻家だからといって、妻を愛していないわけでもありません。

 

自称「恐妻家」はたいてい愛妻家 

f:id:MORIKO:20200927161155p:plain

自称「恐妻家」を語る男性は、実際のところ、たいてい愛妻家でもあります。

 

なぜなら、ほんとうに妻を恐れていたら、家庭内で自由がきかずに妻への嫌悪感が募り、妻を憎んだり嫌ったりするようになるからです。

とても冗談めかして「恐妻家なんです」などとは自称しません。

心底妻が嫌だったら、とっくに離婚している。

 

妻が怖く、妻には逆らえないけれども、そんな妻と離婚することもなく、自虐的に「恐妻家だ」などといえるのは、なんだかんだいって妻への愛があるからに違いありません。

恐ろしくもたくましい妻を信頼している、愛している、ということです。

 

以上、愛妻家と恐妻家の違いについてでした。

結論。妻を愛しているか、恐れているか。二者択一ではないから、両方ということもありえる。

 

www.shortshortshort.jp

愛妻家について、当サイトにはこんな記事もあります。

 

www.shortshortshort.jp

言葉に興味のある方は、ぜひこちらの記事を読んでみてください。 

吝嗇家という言葉をあなたはご存知ですか?