【映画】グロテスクとゴア、スプラッターの違いは何?

f:id:MORIKO:20201226112546p:plain

映画作品のなかには、ゴア・ムービー、スプラッター・ムービーと呼ばれる類のものがあります。

いずれも、残虐描写が多いグロテスクな映画のことを指します。

 

では、グロテスクとゴア、スプラッターにそれぞれ意味の違いはあるのでしょうか。

 

それとも、

  1. 馬鈴薯
  2. にどいも
  3. お助けいも

これら3つの単語がすべて「ジャガイモ」のことを指すように、グロ、ゴア、スプラッターもすべておなじ内容や描写を指しているのでしょうか。

 

この記事では、

  • ゴアの意味
  • スプラッターの意味

など、「映画におけるグロテスクとゴア、スプラッターの違い」をわかりやすく解説します。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

映画におけるグロテスクとゴア、スプラッターの違い

f:id:MORIKO:20201226111824p:plain

グロテスク、ゴア、スプラッターはいずれも英語で、それぞれ意味やニュアンスが異なっています。

 

まずは単語の意味から確認していきましょう。

 

グロテスクの意味

f:id:MORIKO:20201226114618p:plain

グロテクス(grotesque)は、

  • 怪奇
  • 異様

といった意味を持つ英単語です。

 

美とはかけ離れており、長く見ているのが嫌な様を指します。

ですのでグロテスクは、殺人や暴力など、残虐描写だけを表すわけではありません。

 

たとえば、見た目が奇怪な深海魚にたいして「グロテスクだ」と使うこともあります。

ムカデの腹側を見ても「グロテスクだ」と感じることでしょう。 

 

このように、グロテスク(グロ)がかならずしも「残酷な殺人シーン」だけを意味するわけではないため、グロテスク映画という表現はありません。

 

グロテスクの代わりに使うのが「ゴア」という英単語です。

 

ゴアの意味

f:id:MORIKO:20201226115101p:plain

ゴア(gore)は、

  • 殺人
  • 暴力

などを意味する英単語です。

「グロテスク」よりもストレートな表現だといえます。

 

ですので、

  • 腕を切断される
  • 足を切断される
  • 舌を引っこ抜かれる
  • 目玉をくり抜かれる
  • 指をハンマーで潰される
  • 内臓を引っ張り出される
  • 口を他人の肛門に縫合される

といった残虐描写が多くある場合、その映画のことをゴア・ムービー、もしくはゴア映画などと呼ぶことがあります。

 

ただし「ゴア映画」はやや古い表現で、現在はほとんど使われていません。 

というのも、ゴア(gore)という言い回しが、ストレートかつ露骨だからです。

 

たとえるなら、トイレへ行くときに「おしっこしてくるね」と伝えるようなものです。

「おしっこしてくるね」という言い方に品があるとはいえません。

端的にいって、下品です。 

 

そこでたいていの人が、「お手洗いに行ってくる」と遠回しに表現するのとおなじで、ゴア映画もまた、露骨ではない"スプラッター映画"(俗語)などと呼ばれるようになりました。

 

1980年代以降に定着したのが、スプラッター映画という呼び方です。

1970年代までは、残虐シーンが多い映画のことを、

  • ゴア映画
  • ゴア・ムービー
  • ゴア・フィルム

などと呼んでいました。

 

 

スプラッターの意味

スプラッター(splatter)は、水などがバチャバチャ跳ねる音、を意味する英単語です。

じつはスプラッターそのものに、殺人や残虐さといったニュアンスはありません。

 

f:id:MORIKO:20201226115608p:plain

たとえば、スプラッシュは「水などを飛ばす」ことを指す言葉で、東京ディズニーランドには「スプラッシュマウンテン」という名前のアトラクションが存在しています。

 

スプラッシュマウンテンはラストでバシャーンと水飛沫が上がるアトラクションであり、乗員の体から血飛沫が上がるホラーアトラクションではありません。 

 

ニンテンドー『スプラトゥーン』というインクを塗り合うゲームも、インクをバシャバシャを塗る様子から「スプラ」という言葉をタイトルに用いています。

 

ただし、(平和な)スプラッターにムービーがくっついた「スプラッター・ムービー」は俗語で、 血がバチャバチャ飛び散るような残虐シーンの多い映画を指すのです。

 

体の一部を切られたり、刺されたり、引きちぎられたりして血飛沫がプシューと飛び散る様から、 婉曲的な表現として「スプラッター・ムービー」が用いられるようになりました。 

そのままストレートに、

  • 殺人
  • 暴力

などを意味するゴア(gore)よりも、スプラッターのほうが、言葉に激しさがありません。

 

ゴア映画とスプラッター映画が指すものはおなじで、スプラッター映画のほうが言い方に品がある、ということです。

ちょうど、自殺(字面が激しい)の代わりに「自死」と表現するようなイメージです。 

 

まとめ

f:id:MORIKO:20201226120606p:plain

映画におけるグロテスクとゴア、スプラッターの違いをお伝えしてきました。 

 

残虐シーンが多い映画のことは、結局のところ、スプラッター映画と呼ぶのが正解です。

 

「ゴア映画」は表現が露骨(直訳で、血みどろ殺人映画)なので、現在は使われていません。

世の中の誰も「うんちしてくる」とはいわないようなものです。

 

いっぽうでグロテスク(grotesque)は、

  • 怪奇
  • 異様

といった意味の英単語で、血や殺人、暴力などの意味合いは含んでいません。

たとえば深海魚の容姿は、私たちにとってグロテスクです。

 

ゆえに、深海魚の生態に迫ったドキュメンタリー映画も"グロ"になってしまいます。

 

目を背けたくなるような「グロい映画」にはスプラッター映画というぴったりな名称がありますので、今後はこの「スプラッター映画」という呼び方を使いましょう。

 

ちなみにスプラッター映画は、

  • ホラー
  • サスペンス

これらのジャンルに分類されることがほとんどです。

レンタルDVDショップに「グロ」だとか「スプラッター」だとかの棚は存在しませんので、ご注意ください。

 

以上、映画におけるグロテスクとゴア、スプラッターの違いでした。

結論。ゴア映画はもっともストレートだが、過去の表現。スプラッター映画が婉曲的で、現在の主流。グロテスクは「異様なもの、奇怪なもの」を指す幅広い言葉であって、血や殺人などを意味するわけではない。スプラッター映画は、ホラーやサスペンスのジャンルで探そう。

 

www.shortshortshort.jp

グロテスクな画像や動画について、当サイトにはこんな記事があります。