車でドライブするなら時間帯は夜がおすすめ

f:id:MORIKO:20200930163009p:plain

車でドライブを楽しむなら夜がおすすめです。

なぜなら、昼間よりも夜のドライブのほうが快適だからです。

 

この記事では、

  • 道路が空いている
  • ストップアンドゴーが少ない

など、「車でドライブするなら時間帯は夜をおすすめする理由」をわかりやすく解説します。

車好きの方はぜひ参考にしてみてください。

 

 

車でドライブするなら時間帯は夜をおすすめする理由 

f:id:MORIKO:20200930162751p:plain

自動車に乗ってドライブをするなら、時間帯は夜に限ります。

 

昼間ではなく、夜間のドライブをおすすめする理由は以下のとおりです。

  1. 道路が空いている
  2. ストップアンドゴーが少ない
  3. 他車に気づきやすい
  4. 運転に集中しやすい
  5. 紫外線が少ない

 

1. 道路が空いている

f:id:MORIKO:20200930163747p:plain

昼間よりも、夜間のほうが道路は空いています

なぜなら、たいていの人は昼間に活動しているからです(人間は昼行性の生き物なので)。

 

朝から夕方にかけては、さまざまな目的を持ったドライバーが路上に出ています。

  • 出勤
  • 買い物
  • お出かけ
  • 旅行

などです。

結果として日中は道路が混んでおり、とてもドライブを楽しめるような環境ではありません。

大勢の人でごった返しているお祭り会場では、フラフープを回しにくい。それとおなじ。

 

19時よりも20時、20時よりも22時と、時間帯が遅くなればなるほど、昼行性である人間は活動をひかえます。

どうじに道路を走る自動車の数も減るため、スイスイと走ることができ、快適なドライブを満喫できることでしょう。。

 

テーマパークへ遊びに行く際には、平日など、なるべく空いていそうな日を狙いませんか?

ドライブもおなじです。

道路が空いているタイミングを狙ったほうがドライブは楽しめます。

 

夜間なら、渋滞に巻きこまれてイライラすることなどまずないでしょう。

 

2. ストップアンドゴーが少ない

f:id:MORIKO:20200930165018p:plain

ドライブというのは、停止することなく走りつづけるほど気持ち良さを味わえます。

 

信号機だらけの都心でドライブをしたところで、なんら面白くありません。

信号が青になって走り出し、70m先の赤信号ですぐ停車させられて、どうして運転を楽しめるのでしょう。

 

夜間はストップアンドゴーの機会が減り、基本的にはゴーゴーゴーなドライブを楽しめます。

なぜなら、ほかの車の右折を待つことも、ドラッグストアにチンタラ左折進入する前方車を見守ることもないからです。

 

夜間は歩行者も少ないため、横断歩道で停止するシーンもほとんどありません。

 

人や車が少ないだけでなく、昼間と夜間とでは、信号機の設定も異なります

たとえば、

  • 黄色信号が点滅している
  • 感知式信号は青に変わるのが早い

など、信号待ちをする時間も昼間より夜間のほうが短いのです。

 

クルマの運転中になるべくストップしたくない方には、なるべく遅い時間帯のドライブをおすすめします。 

 

 

3. 他車に気づきやすい

太陽が沈んでいる夜間は暗いため、自動車はヘッドライトを点けて走ります。

結果として、ほかの車の存在に気づきやすく、運転しやすいのが夜間ドライブの特徴です。

 

f:id:MORIKO:20200930165639p:plain

明るい昼間であれば、脇道から出てくる車には、そのボディが見えるまで気づけません。

 

いっぽうで夜間なら、ヘッドライトの明かりによって、脇道から出てくる車の存在に早い段階で気づけます。

 

  • 右折
  • 左折
  • 合流

など、あらゆるシーンにおいて、夜間ならほかの車がいるかどうかを確認しやすく、運転しやすいのです。

 

交通事故を起こさないためにも、交通事故のリスクに怯えないためにも、夜間のドライブをおすすめします。

 

4. 運転に集中しやすい

f:id:MORIKO:20200930170140p:plain

夜間にドライブをするメリットは、運転に集中しやすいことです。

なぜなら、視界に入ってくる情報量が昼間にくらべて少ないからです。

 

昼間は明るいため、建物や人、ほかの自動車など、さまざまな情報が視界に飛びこんできます。

  • 飲食店が混んでいる
  • 靴屋が閉店セールをやっている
  • スタイルの良い美女が歩いている

といったどうでもいい情報が脳内に入りこんできては、あなたのドライブを邪魔します。

 

いっぽうで夜間のドライブならどうでしょう。

視界に入ってくるのは、愛車のヘッドライトが照らす数十メートル先の道路と、インパネに表示されている情報のみです。

 

ドライブは「車の運転を楽しむ行為」なので、ほかの余計な情報をシャットアウトして運転に集中できる夜間こそ、ドライブに最適な時間帯なのではないでしょうか。

本を読んでいる最中に話しかけられるよりは、話しかけられないほうが集中できるのとおなじ。 

 

5. 紫外線量が少ない

f:id:MORIKO:20200930170846p:plain

夜間にドライブをすれば、太陽光に含まれている紫外線を浴びずに済みます。 

 

光老化という言葉をご存知でしょうか。

光はわれわれ人間を老化させる元凶です。

 

光のなかでもとりわけ紫外線は強力で、

  • シミ
  • シワ
  • たるみ
  • 皮膚がん

などの原因になったり、リスクを高めたりします。

 

あなたはドライブを楽しむ代償として、肌にシミやシワができたり、皮膚がたるんだり、医師に「皮膚がんです」と宣告されても良いと考えますか?

答えがノーであれば、昼間のドライブは避け、夜間に愛車を走らせることをおすすめします。

 

夜間のドライブはただ「快適」なだけでなく、健康面でもメリットがあるのです。

 

まとめ

f:id:MORIKO:20200930171518p:plain

夜間にドライブすべき理由をお伝えしてきました。

 

  1. 道路が空いている
  2. ストップアンドゴーが少ない
  3. 他車に気づきやすい
  4. 運転に集中しやすい
  5. 紫外線が少ない

もはや昼間にドライブをする理由がないといっても過言ではありません。 

 

車の運転を楽しむなら、夜間のドライブをおすすめします。

納豆は夕食で食べたほうが良いように、入浴は寝る前に済ませるのが良いように、ラジオ体操は朝一番が良いように、何ごとにも適した時間帯というのが存在します。

 

ドライブに適した時間帯は夜間だ、ということです。

 

以上、車でドライブするなら時間帯は夜をおすすめする理由でした。

結論。夜間にドライブをすれば、快適だし、事故のリスクは下がるし、運転に集中できるし、肌が老化しにくい。昼間のドライブはすべての要素が逆。

 

www.shortshortshort.jp

車に関して、当サイトにはこんな記事もあります。 

 

www.shortshortshort.jp

ドライブには他人を殺めるリスクがあります。 

クルマの運転にはじゅうぶんご注意ください。