一人で寝るのが寂しいあなたへ。ぬいぐるみと寝るすすめ

f:id:MORIKO:20201003174340p:plain

ひとりで眠ることに、寂しさや孤独を感じていませんか?

 

人間にとって夜は気分が沈みがちな時間帯です。

そばにいてくれる人が誰もいないと、寝るときに不安や虚しさに襲われてしまうのも無理はありません。

 

そこでこの記事では、

  • ぬいぐるみをたくさん置く
  • ぬいぐるみに話しかける

など、「一人で寝るのが寂しいときにベッドにぬいぐるみを置くべき理由」をわかりやすく解説します。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

一人で寝るのが寂しいならベッドにぬいぐるみを置くべき

f:id:MORIKO:20201003173645p:plain

夜は暗く静かなため、誰もが心細い気分になりがちです。

 

いっしょに寝てくれる家族や恋人がいれば良いのですが、一人暮らしなどの事情から、ひとりで寝ざるをえない人も大勢います。

 

独りの寂しさを紛らわすためにペットを買おうにも、ペットショップで犬やネコを購入するには数十万円のお金がかかります。

動物はけっして安くありません。

 

くわえて散歩やエサやりなど、ペットを飼うのはなにかと大変です。

そもそも、あなたがペット禁止のアパートに住んでいたら、どうにもなりません。

 

そこでおすすめなのが、ぬいぐるみです。

ペット禁止のアパートは多く存在しますが、ぬいぐるみ禁止のアパートはこの世に存在しません。 

ぬいぐるみなら買い放題ですし、置き放題です。

 

枕元に置かれたぬいぐるみたちは、あなたを癒し、リラックスさせ、心地よい眠りへと誘ってくれることでしょう。

 

1. ぬいぐるみの選び方

f:id:MORIKO:20201003174824p:plain

あなたが女性でも男性でも関係ありません。

一人で寝るのが寂しいと感じている方は、ぬいぐるみを買うべきです。

 

ぬいぐるみはどんなものでも結構です。

見ていて、

  • 癒される
  • 元気が出る
  • 笑顔になれる
  • 気分が明るくなる

ようなものを選ぶと良いでしょう。

たとえばポケモンのピカチュウとか。

 

ぬいぐるみはネット通販でも買えますが、質感や色合いが大事なので、実店舗で手にとって確かめ、購入することをおすすめします。

ぬいぐるみはファンシーショップやおもちゃ屋に行けば手に入ります。

 

ぬいぐるみを買うことに恥ずかしさを覚える必要はありません。

姪っ子にプレゼントするんでね」ってな表情で堂々とレジへ向かえばOKです。

 

店員に「贈り物ですか?」と聞かれたら、迷うことなく「はい」と答えましょう。

(ほんとうは自分用なので)ラッピングの出来上がりを待つ時間はムダですが、ギフトだという設定にすることで恥ずかしさは抑えられます。

 

 

2. ぬいぐるみは多いほど良い

ベットに置くぬいぐるみは、1つよりも2つ、2つよりも3つあったほうが安心して眠れます。

夕飯のおかずが一品よりは二品、二品よりは三品あったほうが明るい気持ちになるのとおなじです。

 

f:id:MORIKO:20201003175451p:plain

枕元に並べるぬいぐるみはひとつではなく、最低でも2つは欲しいところです。

というのも、寂しい夜の相方がぬいぐるみが一つでは、心細いからです。

 

寂しさの度合いに応じて、3つ、4つとぬいぐるみの数を調整してみてください。

 

就寝時にとんでもなく孤独で寂しいと感じている人は、安眠するために、ぬいぐるみが10個ほど必要となるかもしれません。 

 

ところで、本を買い過ぎた読書家の部屋は、床が抜けてしまうことがあります。

本の重みに床が耐えきれなくなってしまうわけです。

あるいは、家が傾いたりもする。

 

いっぽうでぬいぐるみなら、数を増やしたところで、床が抜けたり、家が傾いたりする心配はありません。

なにも気にすることなく、ぬいぐるみを買い、ベッドに並べることをおすすめします。

 

3. 寝る前にぬいぐるみとミーティングを行う

f:id:MORIKO:20201003175801p:plain

ただ枕元にぬいぐるみを並べておしまいではありません。

 

リラックスして眠るために重要なのはここからです。

ベッドに入ったら、ぬいぐるみたちを召集し、ミーティングを開いてください

テーマは「今日のあなたの1日」です。

 

その日にあった、

  • 嬉しいできごと
  • 悲しいできごと
  • ムカついたできごと

などを、ぬいぐるみたちに伝え、感情を共有するわけです。

無言ではなく声に出し、ほんとうに話すのがポイントです。

 

とはいえ、微動だにしないぬぐるみたちに語りかけていると、それはそれである種の虚しさに襲われる危険性があります。

ぬいぐるみを一つ手に取り、(手首のスナップを利かせて)相槌を打たせるようにしてください。

 

ぬいぐるみが相槌を打ってくれると、楽しい気分であれこれ話すことができます。

不安や緊張が和らいだあなたは、リラックスした状態で眠りにつけることでしょう。

 

まとめ

f:id:MORIKO:20201003180539p:plain

一人で寝るのが寂しい方へ向けて、ぬいぐるみの購入をおすすめしてきました。 

ジョークではなく、本気です。

 

かわいらしいぬいぐるみを見ると、人は本能的にかわいいと感じ、精神の緊張が解け、リラックスできるのです。

犬やネコの動画を見て癒されるのとおなじ。

 

しかもぬいぐるみは、あなたを否定しません。

ぬいぐるみたちはベッドの上にお行儀良く座り、あなたの話をじっくり聞いてくれます。

 

想像してみてください。

ぬいぐるみがたくさん並んでいるベッドが、あなたのベッドです。

色とりどりのかわいいキャラクターたちが、ベッドの上に鎮座しています。

 

あなたは欠かせない存在

f:id:MORIKO:20201003181223p:plain

ぬいぐるみたちにとって、あなたは主人です。

 

あなたがベッドにいない間、ぬいぐるみたちは寂しい思いをしています

なぜなら、自分を買ってくれたご主人がそばにいないからです。

 

夜になると、待望のご主人(あなた)登場です。

ぬいぐるみたちは嬉しいに違いありません。

わーいわーいってなもんです。

 

ぬいぐるみたちはずっとあなたの帰りを待っていますし、ぬいぐるみたちはいつでもあなたを必要としています

 

そんな愛おしいぬいぐるみたちに囲まれて布団に入ったなら、寂しさや孤独など、微塵も感じることはありません。

自然と口角が上がり、幸福な気分に包まれながらあなたは目を閉じることができるでしょう。

 

以上、一人で寝るのが寂しいならベッドにぬいぐるみを置くべき理由でした。

結論。ぬいぐるみは子どものためのものじゃない。寂しくて眠れない、大人のためのものだ。

 

www.shortshortshort.jp

リラックスした眠りに関して、当サイトにはこんな記事もあります。 

 

www.shortshortshort.jp

睡眠時の不安を払拭するには、布団を口までかけるのがおすすめです。