『「うつ病の夫」に妻がすべきこと、してはいけないこと』の要約と感想

もし旦那さんがうつ病になったとき、家庭でどんな接し方をすべきかご存知ですか?

あるいは、うつ病の兆候やサインを知っていますか?

 

  • 夫がうつ病を患っている
  • 最近なんだか夫の元気がない

こうした立場の女性に本書はおすすめです。

 

この記事では、浅井逸郎監修『「うつ病の夫」に妻がすべきこと、してはいけないこと』の要約と感想をご紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

『「うつ病の夫」に妻がすべきこと、してはいけないこと』の要約と感想

f:id:MORIKO:20201106172948p:plain

まずは本書の要約から。

 

夫がうつ病だと診断されたとき、妻はどう接するべきなのか

夫の診察には妻も同行したほうが良い理由。

抗うつ薬を飲む際にもっとも避けたいこと。

夫が自殺をほのめかしたらどう対処したら良いか、など。

 

うつ病という精神疾患の知識をはじめ、うつ病患者である夫との過ごし方など、妻として知っておきたい情報について解説する。

 

以上がおもな内容です。

あなたの旦那さんがうつ病でも、元気でも、本書を読んで損はありません。 

なぜなら本書には「うつ病の兆候」が載っているからです。 

 

妻として身近にいるあなたは、夫の異変に気づき、精神科の受診を促せる存在です。

兆候やサインを見逃さず、「いっしょに病院に行ってみよう?」と夫を説得できるかどうかは、あなたにかかっています。 

 

イラストや図解つきでわかりやすい

本書が良いのは、そのわかりやすさです。

 

イラストや図解が多いため、目で見てパッと情報を理解できます。

重要な箇所はマーカーで線を引いたように色が変えてあるなど、読者が読みやすいように工夫されていました。

 

ふだん読書をしない方であっても、本書なら心配いりません。

 

  • うつ病とはどんな病気か
  • うつ病発症のサインや兆候
  • 夫が精神科に行きたがらない心理
  • うつ病になりやすいタイプ
  • 妻が診察に立ち会うメリット
  • 抗うつ薬とはどんなものか
  • 夫婦共倒れを避ける方法
  • うつ病の夫が自殺をほのめかしたら
  • 利用したい経済支援制度

このような役立つ知識が、わかりやすく紹介されています。

あなたが既婚者であれば、知っておいて損はありません。 

 

むしろ、知らなければ損をする情報だといえます。

なぜなら、うつ病はいつ誰が発症してもおかしくない病気だからです。

イメージとしては、がんのようなものだとお考えください。 

 

夫ががんにならない保証はありません。

うつ病もおなじです。

うつ病は脳の病気ですので、どんなにポジティブな性格でも、キャンプが趣味でも、筋トレが日課でも、発症するリスクはあります。

 

  1. うつ病の夫
  2. うつ病ではない夫

あなたはどちらの夫を望みますか?

後者であれば、本書をおすすめします。

 

 

なぜ夫はうつ病を否定するのか

旦那さんがうつ病を発症した場合、大切なのは、奥さんの理解だといいます。

というのも、本人はうつ病を認めたがらず、精神科の受診を拒むケースが少なくないからです。

 

夫には、うつ病だと診断されることへの不安がある、と著者は述べていました。

不安の根底には、

  • 解雇
  • 降格
  • 情けない
  • 頭がおかしいと思われる
  • 会社から信用されなくなる
  • 親戚に合わせる顔がない
  • お金を稼げなくなる
  • 家庭を守れなくなる

といった恐怖が潜んでいるといいます。

 

妻であるあなたは、このような夫の感情を理解し、寄り添ってあげるべきです。

「もしうつ病でも治る病気だから。私が心配だから、いっしょに病院に行ってみない?

など、受診を嫌がる夫にどう声をかけるべきか、アドバイスが載っていました。

 

スマホの調子が悪かったり、車の警告灯が点いたりしたら、誰もが対処法を調べるのではないでしょうか。

だとすれば、スマホや車よりも大切な「夫」がうつ病になったときの対処法は、優先してインプットすべき知識だといえます。

 

まとめ

わかりやすく、参考になる本でした。 

夫がうつ病だと診断されてからはもちろん、うつ病の気配がないとしても、読んでおくべき一冊です。

 

なぜなら、

  • 好きな食べ物を残す
  • 楽しみにしているテレビを見ない

など、うつ病の兆候に気づけるようになるからです。

 

どんな知識も、知っていて損することはありません。 

節約術も、ダイエット術も、便秘解消術も、知っていたほうが得をします。

うつ病に関してもおなじです。

 

もし旦那さんがいきなり自殺をほのめかしたとき、どう対処するのが良いのか、ご存知でしょうか。

知っているか知らないか、この小さな違いが、人生を大きく変えます。

 

以上、浅井逸郎監修『「うつ病の夫」に妻がすべきこと、してはいけないこと』の要約と感想でした。

結論。すべての既婚女性におすすめの一冊。もちろん、夫が超元気だとしても。明日も明後日もそのまま超元気でいる保証はないから。

 

www.shortshortshort.jp

うつ病に関して、当サイトではこんな本も紹介しています。 

知識は少ないよりも多いほうが良いといえます。

イメージとしては、お金とおなじです。