腕時計は何本持っているのが普通なのか?

f:id:MORIKO:20201127203134p:plain

持っている腕時計の本数は、人によってさまざまです。

 

世の中には、腕時計を1本も持っていない人も存在します。

スマホを見れば正確な時刻を知れるので、わざわざ腕時計をつける必要がない、という考えです。

 

いっぽうで時計マニアと呼ばれる人たちは、ひとりで数十本の腕時計をコレクションしていたりもします。

 

ではいったい、腕時計の「普通」は何本なのでしょうか。

 

この記事では、

  • 社会人なら1〜2本が妥当
  • 3本以上は趣味の世界

など、「腕時計は何本持っているのが普通なのか」をわかりやすく解説します。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

腕時計は何本持っているのが普通なのか

f:id:MORIKO:20201127202140p:plain

冷蔵庫はふつう一家に一台ですし、スマホはふつう一人一台です。

では、腕時計は、何本持っているのがふつうなのでしょうか。

 

一般的な社会人であれば、腕時計は1〜2本持っているのが普通です。 

あるいは、妥当であるともいえます。

 

腕時計を3本以上持っているとしたら、もはや趣味の世界といって良いでしょう。

 

社会人なら1〜2本が妥当

f:id:MORIKO:20201127203527p:plain

腕時計は1〜2本持っていればじゅうぶん事足ります

  1.  仕事用
  2. プライベート用

それぞれ1本ずつです。

 

もちろん、職場でつけている腕時計を、そのまま休日などプライベートでつけても問題ありません。

ただし、お気に入りの腕時計に、

  • カラフル
  • カジュアル
  • 装飾が華やか

これらの要素があってビジネスシーンに適していない場合には、仕事用に、落ち着いたデザインの腕時計をもう1本持っておくのが一般的です。

 

たとえば営業職や塾講師などの接客業においては、カシオのG-SHOCKはオモチャっぽいのでダメだ、などと会社がその使用を禁止しているケースもあります。 

G-SHOCKしか持っていない人間は、仕方なく仕事用の腕時計を買い足すことになります。

 

たいてい、腕時計に興味がない(時刻が知れればなんだって良いと考えている)人間は、腕時計を1本しか持っていません。

 

腕時計を2本以上持ち、シーンに応じてそれぞれ使い分けている人間は、「腕時計好き」だといって良いでしょう。

彼/彼女らは、腕時計を「時間を知るための道具」としてとらえるのではなく、

  • ファッションアイテム
  • ステータスシンボル

などの要素を腕時計に見出しています。

 

 

腕時計3本以上は趣味の世界

腕時計を3本以上持っているとしたら、もはや趣味の領域です。 

なぜなら、腕時計は3本も必要ないからです。

 

f:id:MORIKO:20201127204004p:plain

先述の通り、一般的なビジネスパーソンであれば、仕事用とプライベート用、それぞれ1本ずつあればじゅうぶんです。

 

もし某サッカー選手のマネをして両手に腕時計をつけるとしても、人間の腕は2本ですので、腕時計も2本までしかどうじにつけられません。

たとえるなら、2台のスーパーカーを所有していても、ひとりで2台どうじに運転できないのとおなじです。

 

ゆえに、3本以上の腕時計は不要、贅沢、無駄、すなわち趣味の世界だといえます。

 

そして、趣味の世界に「普通」や「常識」といった概念は通用しません。

クルマは普通ひとり1台以下、多くても2台持つのがやっとですが、世の中にはひとりで10台以上のスーパーカーをコレクションしている大富豪もいます。

 

スニーカーは1〜2足持っているのが普通ですが、スニーカー集めが趣味だという人間は、500足近く持っていたりもします。

 

腕時計もおなじで、マニアは、ひとりで数十本持っていることも珍しくありません。 

 

もしあなたが3本以上の腕時計を持っているのであれば、もはや趣味の世界に入っているといえます。 

そこに「普通」や「常識」と言った概念は存在しませんので、腕時計をあと5本買っても、10本買っても、なんら問題ないでしょう。

 

まとめ

f:id:MORIKO:20201127204757p:plain

腕時計は何本持っているのが普通なのかをお伝えしてきました。

 

一般的に腕時計は、ひとり1〜2本持っているのが普通です。

最近はスマホで時間を見る人(腕時計をしない人)も増えているので、0〜2本が普通だといっても良いのかもしれません。

 

腕時計が2本あれば、シーンやファッションに応じて臨機応変に使い分けられます。

もしあなたが腕時計好きなら、最低でも2本は持ち、シーンに合った1本を選びたいところです。

 

以上、腕時計は何本持っているのが普通なのか、でした。

結論。0〜2本が普通。3本以上は趣味の世界であり、そこに「普通」という考えはない。スーパーカーを10台持っている人間に「クルマの台数は普通……」という考えがないのとおなじ。

 

www.shortshortshort.jp

2本持っている腕時計の使い分けに関して、当サイトにはこんな記事があります。 

 

www.shortshortshort.jp

腕時計の保管方法について、 当サイトにはこんな記事があります。