スノーボードに潜む「事故で死ぬリスク」を知っているか?

f:id:MORIKO:20201218182839p:plain

ガーデニングやお菓子作りとちがい、スノーボードは、命を落とす危険がある趣味です。

 

お菓子作りで失敗しても死ぬことはありませんが、スノーボードで誤ってコース外に出てしまうと、死ぬことがあります。

 

ここ20年以上、毎年スノーボーダーが事故で亡くなっていることを、ご存知でしょうか。

スノーボードの恐ろしさを知れば、ゲレンデへ行く気など失せるはずです。 

 

この記事では、

  • 樹木に衝突して死亡
  • 新雪に埋もれて死亡

など、「スノーボードに潜む事故で死ぬリスク」についてわかりやすく解説します。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

スノーボードに潜む事故で死ぬリスク

f:id:MORIKO:20201218182514p:plain

長生きを希望する方は、スノーボードでゲレンデを滑走するべきではありません。

なぜならスノーボードは、どんな不健康な食べ物や生活習慣よりも、私たちを"死"に近づけるからです。

 

事実、ここ20年の事故状況を見てみると、少ない年で2名、多い年で12名のスノーボーダーが、事故によりこの世を去っています。

 

スノーボードは高度なバランス感覚が必要で、バランスを崩したとき、上半身から転倒しやすいのが特徴です。

スキー板が転倒時に足から外れやすいいっぽうで、スノーボードは、転倒しても外れないことが多々あります。 

 

ゆえにスノーボーダーは、転倒により足の捻挫や骨折といった負傷を負うケースが少なくありません。

このような怪我で済むのはマシなほうで、最悪の場合、スノーボーダーは事故で命を落とします。

 

スノーボードの死亡事故で多いのは、

  1. コース外の樹木に衝突して死亡
  2. 新雪に埋もれて窒息死

これら2つのケースです。

 

1. コース外の樹木に衝突して死亡

f:id:MORIKO:20201218183755p:plain

スノーボードで滑っている最中の死亡事故で多いのが、コースを外れてしまい、そのままコース外にある樹木に衝突して死亡するケースです。

 

スノーボードがコントロール不能に陥って一直線に滑ったとき、ボードはグングン加速し、時速30〜60kmほどのスピードに達することがあります。 

時速50km前後で木に衝突したときの衝撃は、歩いていて時速50kmの車に撥ねられるのと変わりません。

端的にいって、大事故です。 

 

コース外の木に衝突したスノーボーダーは、

  • 脳挫傷
  • 頭蓋骨骨折
  • 首の骨を骨折

などの損傷を負い、命を落としています。

なかでも多いのが脳挫傷です。

 

脳挫傷とは、脳そのものに傷がつくことをいいます。

脳の挫傷した部位が腫れる、出血するなどし、死に至ります。

 

脳挫傷を負って助かったとしても、

  • 視覚
  • 記憶
  • 行動
  • 感覚
  • 運動

などに後遺症として障害が残ることもあります。

 

ちなみに、樹木にぶつかって死亡したスノーボーダーのなかには、ヘルメットを装着していた人も含まれています。

安全のためにヘルメットを被っていても、頭部への強い衝撃によって死亡することがある、ということです。 

 

対処法としては、スノーボードをやらないこと、がベストです。

食事をしなければ私たちは餓死してしまいますが、スノーボードをしなくても、死んだりはしません。

 

 

2. 新雪に埋もれて窒息死

コース上の雪は押し固められていますが、コース脇やコース外には、柔らかい新雪が積もっています。

最悪なのは、この新雪の上で転んでしまうことです。

 

f:id:MORIKO:20201218184938p:plain

というのも、コースを外れて新雪の上で転倒し、上半身が雪に埋まったまま抜け出せなくなり、そのまま雪のなかで窒息死するリスクがあるからです。

顔が雪に埋もれてしまい、呼吸ができなくなるわけです。

 

窒息した人間は、30秒ほどで痙攣や脱糞が生じ、60〜90秒で意識を失い、数分で心肺停止に至るとされています。

 

上半身がズッポリと新雪に埋もれ、両足がスノーボードで固定されていては、自力で脱出するのは容易ではありません。 

雪からの脱出はほぼ不可能で、待っているのは窒息死のみです。

 

雪にはまって窒息死しないためには、スノーボードをやらない選択が賢明だといえます。

 

まとめ

f:id:MORIKO:20201218185441p:plain

スノーボードに潜む事故で死ぬリスクをお伝えしてきました。

 

  1. コース外の樹木に衝突して死亡
  2. 新雪に埋もれて窒息死

多いのはこれらの死亡事故です。

くわえて、ジャンプの着地に失敗して転倒し、頭部や体を強く打って死亡する事故が、スキーよりもスノーボードで多く発生しています。

 

これはスノーボードの特性によるものでしょう。

というのも、スキーでジャンプをする人はあまりいませんが、スノーボードは、ジャンプ台でジャンプをしてナンボのスポーツだからです。

 

  1. コース外の硬すぎる樹木
  2. コース外の柔らかすぎる新雪
  3. コース内の硬すぎる雪(ジャンプ失敗時) 

これらが、スノーボーダーの命を奪います

バランスを崩してコース外へ出てしまうこともあるため、私たちが気をつけていてどうこうできる問題ではありません。

スノーボードで命を落とさないためにできるのは、こたつでのんびり過ごすことくらいです。

 

以上、スノーボード(スノボー)に潜む事故で死ぬリスクでした。

結論。スカイダイビングでパラシュートが開かなかったり、絡まったりすれば、死亡することは誰でも想像できる。だが、スノーボードと死亡が、頭のなかで結びついている人は少ない。雪合戦とちがい、スノーボードは死ぬ恐れがある冬のアクティビティだ。ゲレンデへ向かう前に、遺書を書いたほうが良いかもしれない。

 

www.shortshortshort.jp

リスクについて、当サイトにはこんな記事もあります。 

 

www.shortshortshort.jp

こたつに関して、当サイトにはこんな記事があります。 

 

www.shortshortshort.jp

について、当サイトではこんな本を紹介しています。