『おうち時間を使ってはじめるYouTube』の要約と感想

人気YouTuber6名の「動画制作の裏側」を、オールカラーの写真つきで紹介している本です。

 

売れっ子YouTuberたちがどんな工夫をしているのか、どんな機材を使って撮影しているのかを学べます。

がしかし本書には、どうやってYouTubeを始めたら良いのか、その手順や方法が記されていませんでした。

 

すでにYouTubeへ動画投稿をしている方にとっては役に立つかもしれません。

YouTubeのチャンネル開設について一から学びたい方には、本書は適していないといえます。

 

この記事では、『おうち時間を使ってはじめるYouTube』の要約と感想をご紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

『おうち時間を使ってはじめるYouTube』の要約と感想

f:id:MORIKO:20201218225853p:plain
まずは本書の要約から。

 

何か新しいことを始めたい人に向け、YouTubeの始め方をレクチャーするハウツー本。

人気YouTuber6名の作業風景から、誰でもできる撮影方法や、効果的なテロップの入れ方などを学ぼう。

 

YouTubeをどうやって始めるのか、どんな風に撮影しているのか、どんな機材が必要なのかを解説する。

 

以上がおもな内容です。

本書に載っている情報を役立てられるのは、すでにYouTubeへ動画を投稿している人でしょう。

右も左もわからない人が本書を読んでも、有益な情報は得られません。

 

なぜなら、そもそもの出発点である「YouTubeに自分のチャンネルを開設する方法」がいっさい出てこないからです。

 

初心者にとっては不親切な内容

『おうち時間を使ってはじめるYouTube』というタイトルに反して、本書は、初心者を置き去りにしていました。

 

たとえば、YouTubeへ動画を投稿したいなら、欠かせないのがアカウントです

自らのアカウントを作成し、チャンネルを開設しなければ、本書に載っているMacBookやiPadの出番はやってきません。

 

イメージとしては、自宅で熱帯魚を飼いたいと思ったら、水槽やヒーターといった準備が必要であるのおなじです。

水槽とヒーターがなければ熱帯魚は飼えませんし、アカウントと自分のチャンネルがなければ、YouTubeへの動画投稿はできません。

 

ところが本書は、

  1. muji seikasu
  2. にぎりっ娘。
  3. 森の家
  4. mogumogu
  5. Amy's Life
  6. Samia片付け収納チャンネル

といった売れっ子YouTuberたちに密着しているだけで、肝心な「YouTubeの始め方」には触れていません

ノータッチです。

 

おかげで売れっ子YouTuberには詳しくなれますが、YouTubeそのものへの理解は深まりません。

熱帯魚の飼育でたとえるなら、エサの種類やエサを与えるタイミング、おすすめのオーナメント(水槽内に置く飾り)ばかり紹介していて、

  • どんな水槽が必要か
  • 水槽はどこで買えるのか
  • ヒーターはどうやって設置するか

などを無視しているガイドブックのようなものです。

 

本書のターゲット読者はいったい誰なのか、いまいちわかりません。

 

 

売れっ子YouTuberの動画制作風景を覗けるだけ

本書を読んで得られるのは、

  • 売れっ子YouTuberが使う機材
  • 売れっ子YouTuberのこだわり

といった情報だけです。

 

たとえば、本書に出てくる6名のYouTuberは、全員がもれなく一眼レフのカメラ、三脚、パソコン等を所持してました。

 

では、YouTubeに動画を投稿しようと思ったら、

  • 一眼レフカメラ
  • 三脚
  • ノートパソコン

などの機材が必要になるのでしょうか。

これらの機材を揃えるだけで10〜20万円ほど初期費用がかかります

 

あるいは、特別な機材を持ってなくても、スマホがあれば撮影から編集、投稿までこなせてしまうのでしょうか。

初心者にとって重要なポイントのはずですが、本書ではいっさい説明されていません。

 

ただ「売れっ子YouTuberはこうしてるよ」と紹介しているだけで、YouTubeの始め方を初心者に教える気は、なさそうです。

 

muji seikatsuを運営している奏さんは、ターゲットを絞ってニーズに合わせた動画作りをしたこと、を成功の要因としえ挙げていました。

 

いっぽうで本書は、ターゲットを絞ってニーズに合わせた書籍作りができていませんでした。

ここに"失敗"の原因があるといえます。

 

まとめ

タイトルと内容がズレている本です。

 

本書を買って読んでも、おうち時間を使ってYouTubeを始められるようにはなりません。

広告収入で稼ぐための「スタート地点」にすら立てないでしょう。

 

なぜなら、ただYouTuber6名の撮影風景やこだわり、使用機材などを紹介しているだけだからです。

 

いっぽうで、YouTubeを始めたばかりの初心者にとって、本書は役に立つかもしれません。

人気YouTuberたちの、

  • 動画の更新頻度
  • 機材はトータルいくらか
  • YouTuberになって良かったこと
  • 1本の動画制作にかかる時間

といった情報を知れるからです。

 

『おうち時間を使ってはじめるYouTube』というよりは、『人気YouTuberたちの動画制作の裏側』のほうが、タイトルとしては適しています。

 

おうち時間を使ってはじめるYouTube

おうち時間を使ってはじめるYouTube

  • 発売日: 2020/10/02
  • メディア: 単行本
 

以上、『おうち時間を使ってはじめるYouTube』の要約と感想でした。

結論。『おうち時間を使ってはじめるYouTube』というよりは、『人気YouTuberたちの動画制作の裏側』という感じ。結局、誰になにを伝えたいのかが不明。YouTuberがいろいろ工夫して撮影していることだけは知れる。

 

www.shortshortshort.jp

YouTubeについて、当サイトではこんな本も紹介しています。 

 

www.shortshortshort.jp

YouTubeに関して、当サイトにはこんな記事があります。