【5人乗り】トヨタライズの後部座席は狭い?後ろの席でも快適に移動できるのか

f:id:MORIKO:20210410153819p:plain

ライズは、トヨタ最小のSUVです。

 

  • ヤリスクロス
  • CH-R
  • ハリアー
  • RAV4

これらのトヨタ車はいずれも3ナンバーで、ライズだけが5ナンバーです。

 

トヨタが販売している他のSUVにくらべてコンパクトなライズは、ボディサイズが小さいぶん、後部座席も「狭い」といえるでしょう。

 

f:id:MORIKO:20210410154034p:plain

狭いとはいえ、ライズの後席にはじゅうぶんな居住スペースが確保されているので、大人が座っても問題ありません。

あくまでも、「他のトヨタSUVにくらべたら狭い」というだけの話です。

 

この記事では、

  • リクライニングできるのか
  • 後席専用のエアコンは付いているか

など、「トヨタライズの後部座席」についてわかりやすく解説します。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

トヨタライズの後部座席は実用的なのか

f:id:MORIKO:20210410153125p:plain

もしライズを買って後部座席に人を乗せる機会が多くなりそうなら、その居住性を確かめておく必要があります。

 

というのも、いざライズが納車されてから、

  • 狭い
  • 不便
  • 圧迫感がある

といったクレームを同乗者にぶつけられても、もはや手遅れだからです。

「そうかゴメン。じゃあライズを売って、RAV4に買い替えよう」とはいきません。

 

f:id:MORIKO:20210410154349p:plain

後悔しないよう、契約書へサインをする前に、ライズの後部座席に関する情報を集めておきましょう(遠方の中古車を買う場合はとくに)。

 

以下では、

  1. 広さ
  2. リクライニング
  3. エアコン
  4. 充電用USB端子

これら4つの点から、ライズの後席についてお伝えしていきます。

 

後席は広いのか狭いのか

f:id:MORIKO:20210410155017p:plain

ライズはトヨタ最小の5ナンバーSUVです。

ゆえに、ヤリスクロスやCH-R、RAV4などの3ナンバーSUVとくらべたら、ライズの居住空間は狭いといえます。 

 

ただし、86やiQといったトヨタのスペシャリティカーに比較対象をシフトすれば、ライズ後部座席の評価は「かなり広い」に変わります。

 

ライズの後席をどのクルマと比較するかが問題だ、ということです。

 

f:id:MORIKO:20210410155331p:plain

たとえばおなじくSUVであるCH-Rとくらべると、ライズの後部座席には、心地よい開放感があるといえます。 

 

f:id:MORIKO:20210410155619p:plain

ボディサイズではライズよりも一回り大きいCH-Rですが、クーペスタイルゆえに後席頭上のルーフが低く、座っていて圧迫感や閉塞感を覚えるからです。

 

ライズは「広さ」を優先して設計されているので、コンパクトな見た目に反して、車内へ乗り込んだときに広々と感じることでしょう。

 

ぜひトヨタのディーラーで実車を見て、乗って、チェックしてみてください。

 

 

後席はリクライニング可能

ライズの後部座席は、全グレード標準で、後ろへリクライニングできる仕様になっています。

 

ゆえに、

  • 眠くなった
  • クルマに酔った

こんなとき、後席の乗員がシートを倒して休むことができて便利だといえます。

 

f:id:MORIKO:20210410155939p:plain

ちなみに、先ほどくらべたCH-Rの後部座席にはリクライニング機構がついておらず、シートの角度はずっと一定です。

これは、CH-Rをベース車両として作られているレクサスUXも同様です。

 

後席のリクライニングに限っていえば、ライズは、格上のCH-RやレクサスUXに勝っているといえるでしょう。

ライズの後部座席には、2段階のリクライニング機構が採用されています。

 

f:id:MORIKO:20210410160412p:plain

ガコッ、ガコッ、と背もたれの角度を2段階まで変えられる、ということです。

 

たとえるなら、シャワーを固定する留め具が、風呂の壁に3つあるようなイメージです。

 

f:id:MORIKO:20210410160735p:plain

ライズのリヤシートは、前席ほど細かな調整はできないものの、リクライニング機能が備わっているだけでプラス評価だといえるでしょう。

  1. 倒せる
  2. 倒せない

両者は雲泥の差です。

 

後部座席専用のエアコンはない

f:id:MORIKO:20210410161027p:plain

ライズのエアコン吹き出し口は、一般的なクルマとおなじで、前席にだけ設けられています

 

後部座席のためのエアコンはついていないので、冷風をダイレクトに浴びたり、後ろの席だけ設定温度を変えたりすることはできません。

 

ただし、ライズのこの仕様でなんら問題ないといえます。

なぜなら、前席のエアコンを使って、(そう広くない)車内全体の温度をじゅうぶん調節できるからです。

 

f:id:MORIKO:20210410161356p:plain

ランドクルーザーやアルファードといった大型車であれば、話は違ってくるでしょう。

がしかし、トヨタ最小SUVのライズなら、冷やしたり暖めたりする空間が小さいので、前方のエアコンだけで事足ります。

 

たとえるなら、8畳の部屋にエアコンが2台も必要ないのとおなじです。

 

リヤには2個充電用USB端子がある

f:id:MORIKO:20210410161817p:plain

ライズは全車に標準で、リヤの充電用USB端子(2つ)が装備されています。

おかげで後席に座る乗員は、ライズで移動しながら、自らのスマホやタブレット端末を充電できます

 

スマホのバッテリーが切れて、「することない!まだ着かない?」と後ろから急かされる心配はありません。

 

f:id:MORIKO:20210410162201p:plain

端子は2つ備わっているので、移動中、後席でUSB争奪戦が勃発するリスクもありません

 

充電用USB端子をリヤに2つ持つライズなら、みんなで平和に、楽しく移動できます。

 

まとめ

f:id:MORIKO:20210410162637p:plain

トヨタライズの後部座席についてお伝えしてきました。

 

アパートを選ぶときに気になる部屋を内見するのとおなじで、ライズの購入を検討しているなら、ぜひトヨタのディーラーを訪れてみてください。

店舗に置いてあるライズの展示車をチェックしたり、試乗車を運転したりできます。

 

新車ではなくライズの中古車を買おうと思っている場合も、ディーラーを訪ねておいて損はありません。

中古車ショップではたいてい「試乗」ができないからです。

 

f:id:MORIKO:20210410162914p:plain

後部座席の座り心地や快適性を確かめたい場合は、営業スタッフにライズの試乗車を運転してもらい、自ら後部座席に座ってみても良いでしょう。

  • 振動
  • 揺れ
  • 騒音
  • 突き上げ

といった、生の情報が得られます。

 

これらは、いくら雑誌を眺めても、ネットで検索してもわからない「感覚」の領域であって、USB端子のように「2個です」などとはキッパリいえません。

 

f:id:MORIKO:20210410163713p:plain

ぜひ最寄りのディーラーで、自らの五感で、トヨタライズをご体感ください。

 

以上、トヨタライズの後部座席についてでした。

結論。ライズの後部座席には開放感がある。2段階リクライニング機構がついている。後席専用のエアコンはない。だが、充電用USB端子は2つある。スペックはじゅうぶん。あとは実車に対面して、あるいは乗り込んでみて、肌でどう感じるか次第。

 

Amazonではこちらのムック本が売っています。 

ライズはもちろん、ヤリスクロスなど他のSUVの情報も得られるので、比較や検討をする際に役立ちます。