美容師と喋りたくない。会話に疲れたならセルフカットを始めよう

f:id:MORIKO:20210724191006p:plain

これといって美容師と話すことがない、会話が途切れやすい、沈黙するあの瞬間が気まずい、そんなふうに悩んでいませんか?

 

たとえば、

  • カット担当
  • シャンプー担当
  • 頭皮マッサージ担当
  • ドライヤー担当

これらがすべて異なる分業スタイルの美容院だと、もうお手上げです。

つぎつぎ変わる担当者となにを喋ったら良いんだかわかりません。

 

あるいはなじみの美容師が独立してしまい、「初めまして」の美容師が新担当になることもあるでしょう。

関係性ゼロからの再スタートはこの上なく億劫です。

 

f:id:MORIKO:20210724192207p:plain

やたら偉そうな美容師は鼻につきます。 

会話をする気になれません。

 

このような事情から、美容師とのコミュニケーションを鬱陶しく感じている人は少なくありません。

自動で髪を切ってくれる"散髪ロボット"があったら良いのにな、ってなもんです。

 

f:id:MORIKO:20210724191348p:plain

では、美容院へ行く気が失せてしまった人たちは、どこでどのようにして髪をカットしているのでしょうか。 

 

この記事では、

  • 爪もヒゲも鼻毛も自分で処理している
  • 自分で散髪するセルフカットのすすめ

など、「美容師と会話したくない人に最適なセルフカット」についてわかりやすく解説します。

男女問わず他人に気を遣わずのびのびと髪を切るため、ぜひ参考にしてみてください。 

 

 

美容師と会話したくないならセルフカットが最適

f:id:MORIKO:20210724190455p:plain

ヘアカットというのは特殊です。

 

たとえば歯医者で歯石をとってもらうとして、担当の歯科衛生士とはほとんど喋りません。

私たちはカバのように口を開けていて、話ができる状態ではないからです。

目を閉じ、無言で、アゴの疲れと闘うだけです。

 

ところが歯医者とは違い、美容院で「無言」を通すわけにはいきません

 

まわりのお客やスタッフに聞かれても困らないような、当たり障りのない、表面的な、中身のない、薄っぺらな話を、美容師と延々つづけることになります。

 

f:id:MORIKO:20210724192516p:plain

この時間は苦痛そのものだといえるでしょう。

 

とはいえお金(カット代)を払って苦痛を味わうだなんて、変態ではあるまいし、どうかしています。

まるで映画館でつまらない作品を鑑賞しているようなものです。

 

どうかしていますので、もう美容院ないし床屋へ通うのはやめましょう。

そして、家族によるシロウト散髪か、セルフカットへと移行しましょう。

 

髪の毛だって自分で切れる

f:id:MORIKO:20210724192909p:plain

放っておいても伸びてくる手足の爪、アゴのヒゲ、鼻毛などは、すべて私たち自らの手で処理しています。

プロに依頼して鼻毛をカットしてもらう人はいません。

 

であれば、髪だっておなじように自分で手入れできるはずです。 

事実、頭髪をセルフカットしている人は世の中にいくらでもいます(たとえば坊主ではない髪型の某俳優とか)。

 

f:id:MORIKO:20210724193356p:plain

ですので、「ヘアカットはプロに頼むもの」という固定観念は捨ててしまって構いません。

髪のメンテナンスにだけ3,000〜5,000円のお金を支払い、気まずい思いをしてまで美容師に頼むことはないのです。

 

むしろ、

  • 理想の髪型
  • 自分の頭の形
  • クセが出やすい部分

などは、誰よりも私たち自身がもっともよくわかっています

自分の髪をいちばん上手にカットできるのは自分なので、セルフカットを躊躇することはありません。

 

 

セルフカットのすすめ

虫歯を自分で削ることはできませんが、伸びた髪だったら自分で切れます。

頭のそばでハサミを動かすだけなので、難しくありません。

 

セルフカットに際して準備すべきは、

  1. すきバサミ
  2. バリカン

これら3つの散髪サポートアイテムです。

 

f:id:MORIKO:20210724194051p:plain

鏡は合わせ鏡のようにして置き、後頭部を見るために使います。 

もし洗面台のミラーが三面鏡になっていれば、とくに鏡を用意する必要はありません。

 

それから、髪が長い女性ないし男性にバリカンは不要です(刈り上げる箇所がないので)。

すきバサミが1本あれば事足ります。

 

一般的なハサミとは違い、すきバサミを使えば髪の長さが揃いすぎず、適度にばらけて、ナチュラルな仕上がりになります。

毛先が歯ブラシのように揃ったりはしません。

 

髪のボリュームを減らして軽さを出せるほか、すきバサミで全体の長さを短くすることもできます。

バッサリ切れる普通のハサミよりも段階的な調整ができるので、セルフカットで失敗するリスクを抑えられます。 

 

f:id:MORIKO:20210724194754p:plain

セルフカットのコツや方法を学ぶには、YouTubeなどにアップされている解説動画が参考になります。

誰だって最初はセルフカット初心者です。 

そして何事も挑戦です。

見よう見まねでチャレンジしてみてください。

 

もし短髪なら、バリカンだけ、ないしバリカンとハサミを使って自ら散髪できます。

市販のバリカンには数種類のアタッチメントがついていて、

  • 10mm
  • 12mm
  • 20mm
  • 30mm

など好きな長さを残してカットが可能です。

 

f:id:MORIKO:20210724194951p:plain

まず全体を20mmでカットしてからアタッチメントを付け替え、8mmで襟足や耳のまわりを刈り上げる、こんな感じで仕上げられます。

 

誰とも会話をすることなく髪が切れる気楽さを、味わってみてはいかがでしょう。

一度この快適さを知ってしまったら、きっともう美容院には戻れません。 

 

まとめ

f:id:MORIKO:20210724195547p:plain

セルフカットにはこんなメリットがあります。 

  • 他人と会話しなくて良い
  • カット代を節約できる
  • 納得いくまで微調整ができる
  • 予約や移動の手間がかからない

これをすべてひっくり返せば、そのまま美容院へ通うデメリットにもなります。 

 

具体的には、 

  • ずっと喋らないといけない
  • 3,000〜5,000円のカット代がかかる
  • 時間の制約があるので妥協せざるを得ない
  • 予約してわざわざ出向く必要がある

これが美容院のマイナス面です。

今後もずっと、これらを我慢しつづけますか。 

 

それともセルフカットに移行しますか?

コロナ禍で人との接触を避ける生活様式になってから、美容室を敬遠し、セルフカットをはじめる人も出てきています

 

自分の髪をカットする技術は、調理スキルのようなもので、一度身につければ生涯にわたって役に立ちます。

 

f:id:MORIKO:20210724200218p:plain

セルフカットを習得してしまえばもう、「なに喋ろうか……」と美容院でネタ探しに悩むことはなくなります。

どうでもいい話をグイグイ広げて、ビヨンビヨンと延ばす必要もなくなります。

 

親しくもない人と無益な会話をしたくない私たちには、セルフカットがお似合いだといえるでしょう。

 

ちなみに漫画『ブラック・ジャック』のなかで、外科医のブラックジャックは、メスで自分の腹部を切り開いて自らオペを行なっています。

執刀医は自分、患者も自分の"セルフオペ"です。

 

f:id:MORIKO:20210724200412p:plain

自分で腹部を切るのにくらべたら、自分で髪を切るくらい、どうってことありません。

もし失敗しても人に笑われるくらいで、死んだりはしない、ということです。

 

Amazonではこんな散髪セットが売れています。 

自宅で髪を切りたい人たちに人気の商品です。

 

バリカンはパナソニック製の商品が支持されています。 

値段は少し高くなりますが、アタッチメント数(選択可能)は多いほうが何かと便利です。 

この初期投資は浮いたカット代ですぐに回収できるので、後悔しないよう奮発しましょう。

 

以上、美容師と会話したくない人に最適なセルフカットについてでした。

【結論】ただ髪を切ってもらいたいだけなのに、退屈な会話もセットでついてくる。それが美容院。話したいことなんてないけれど、鏡越しに美容師と目が合うのは気まずい。だから喋る。でも興味のないことを質問するのは自分らしくないから、やっぱり嫌になる。というわけでセルフカット。爪もヒゲも鼻毛も自分で処理してる。だから髪もそろそろ甘えるのはやめよう。髪も自立すれば、もう怖いものはない。