無実なのに…浮気を疑われてストレス。なぜ信頼してもらえないのか?

f:id:MORIKO:20220324171705p:plain

彼氏や彼女、旦那や妻から「浮気してない?」などとあらぬ疑いをかけられたら、ストレスが溜まります。

 

パートナーに信頼されていないことにたいして、落ち込む人や腹を立てる人もいるでしょう。

言い争いやケンカに発展するケースもあります。

 

たとえば、

  • やたら出張が多い
  • やたら休日出勤が多い
  • 最近やたら優しい
  • 最近やたら冷たい
  • 返信がやたら遅い
  • 音楽や服の趣味が変わった
  • 誰かと頻繁にやりとりしている
  • スマートフォンの画面を隠そうとする

これらの"怪しい行動"を取っているとしたら、浮気を疑われるのは仕方ないかもしれません。

私たちにも落ち度があります。

 

f:id:MORIKO:20220324172145p:plain

それにたいし、上のような"不審な点"がないのに浮気を疑われたら、改善のしようがないので、困り果ててしまいます。

 

たとえば、

  • なんか怪しい
  • なんとなく嫌な予感がする
  • だって浮気された夢を見たから

こんなフワフワとした理由で裁判にかけられたら、たまったものではありません。

 

何をしたら無実を信じてもらえるんだ……という話です。

疑われるたびにいちいち「浮気なんかしてない」と弁明するのも疲れることでしょう。

 

では、どうすれば私たちは、浮気とは無縁の彼氏/彼女、旦那/妻になれるのでしょうか。

無実を信じてもらうためには、毎日パートナーにスマートフォンを見せて「丸裸の姿」をチェックしてもらうしかないのでしょうか。

 

f:id:MORIKO:20220324172714p:plain

この記事では、

  • 浮気を疑う側に問題がある
  • 不安になるのは自信がないから
  • どうすれば安心してもらえるか

など、「無実なのに浮気を疑われるストレスへの対処法」をわかりやすく解説します。

疑われてムカつくから本当に浮気してやろうかな……などと早まる前に、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

無実なのに浮気を疑われるストレスへの対処法

f:id:MORIKO:20220324171408p:plain

「なんとなく浮気されてる気がする……」

こうした曖昧な理由でパートナーに不信感を抱かれたとき、私たちがしなければならないことはありません。

黙って話を聞いていればOKです。

 

なぜなら、浮気を証明する責任は向こうにあるからです。

なんとなくの気分で浮気を疑っておいて、「さぁ無実を証明しなさい」というのは、自分勝手にも程があります。

 

警察にいきなり「お前は空き巣を目論んでいるだろ。違うか?空き巣じゃないと証明してみろ」といわれたところで、どうにもできないのとおなじです。

人を疑うなら(わりと失礼な行為)、疑うだけの理由や証拠を示さなければなりません。

 

f:id:MORIKO:20220324173116p:plain

したがって、私たちがわざわざ無実を証明する必要はないといえます。

受け身で「相手の言い分」を聞きましょう。

 

パートナーに浮気を疑われた際には、感情的にならず、「どうしてそう思うのか」と理由を尋ねてみてください。

  • そんな気がするから
  • なんだか不安になったから

こんなあやふやな理由であれば、「気のせいだよ」と一蹴しましょう

 

パートナーがもっと具体的に、

  • トイレにスマホを持ち込むから
  • スマホの暗証番号を変えたから
  • 誰かと熱心にLINEをしているから

こうした根拠を挙げてきたら、「それはね」と正しい理由を説明してあげてください。

勘違いだったとわかってもらえるはずです。

 

浮気を疑うパートナーの心理

f:id:MORIKO:20220324173544p:plain

彼氏や彼女、旦那や妻は「浮気されているかもしれない……」という"被害妄想"が頭に浮かんだからこそ、あなたを問い詰めてきました。

 

ではどうしてパートナーは、不信感を抱いた、あるいは不安に駆られたのでしょう。

もし私たちに怪しい点がないとすれば、それは、恋人や配偶者が自分に自信を持てていないからです。

 

自分に絶対の自信を持ち、「俺は/私は宇宙でイチバン魅力的だ」と心の底から自惚れていたら、パートナーの浮気を疑ったりはしません。

なぜなら、自分を超える存在などこの世にいないと信じているからです。

 

自分こそがナンバーワンで残りはみんな雑魚なので、恋人/配偶者が誰かほかの人間に惚れるはずがない、というわけです。

自信があるからこそ、心に余裕が生まれます。

 

f:id:MORIKO:20220324173907p:plain

それにたいし、根拠もないのにパートナーの浮気を疑う人の心には、余裕がありません。

というのも、自信がないからです。

 

自信が持てないからこそ、

  • 飽きられたかも
  • もう好きじゃないかも
  • 誰かに目移りしてるかも
  • 誰かにアプローチされてるかも

このような不安が芽生えてしまいます。

そして不安を解消するため、安心するために浮気を疑い、私たちに「無実であること」を証明させるのです。

あるいは、不安だから「飲み会に出ないでほしい」などとわれわれを束縛するのです。

 

f:id:MORIKO:20220324174458p:plain

ただし、このとき得られるのは"束の間の安心感"でしかありません。

なぜなら、不安の原因となっている「自信のなさ」は何も変わっていないからです。

 

だから時間が経てばまた不安になり、「今度こそほかに好きな人ができてるかも……」と再び私たちは浮気を疑われます。

ずっとこの繰りかえしです。

 

ちなみに世の中には、「浮気を疑われてばかりで疲れた」という理由で離婚する夫婦もいるくらいです。

パートナーから疑われる精神的ストレスたるや尋常ではありません。

 

ここまでの話をまとめると、浮気を心配する原因は私たちではなく向こうにあり、不安は自信のなさに由来している、といったところです。

早い話が、これはパートナーの問題です。

マジメな私たちの知ったことではありません。

 

f:id:MORIKO:20220324174959p:plain

がしかし、すべてを相手の責任にして傍観するのではなく、私たちにも"お手伝い"できることがあればしたいものです。

上手くいけば、結果として、浮気を疑われるストレスから解放されるからです。

 

では、どうすればパートナーに「自分は愛されている」という自信と精神的な安らぎを与えることができるのでしょう。

 

 

不安になるのは自信がないから

「いやぁ、でも彼氏/彼女あるいは旦那/妻は自分に自信がありそうだけどな……」

という方がいるかもしれません。

 

がしかし、自信がありそうに見えるというだけで、根拠もなく浮気を疑うということはやっぱり本当は「自信がない」のです。

自信がない人ほど、(弱点を隠そうとして)自信があるように振る舞うものです。

 

f:id:MORIKO:20220324175456p:plain

たとえば、全身をブランド品でコーディネートしてみたり、高級な腕時計や自動車を買ってみたり、それらをSNSで自慢してみたり、です。

 

したがって、見た目や言動だけで自信の有無を判断すべきではありません。

ひとまずご自身のパートナーを「自分に自信がない人」だと仮定しましょう。

 

そんな恋人や配偶者に自信をつけてもらうためには、たとえば、「好きなところを100個書いた手紙」を渡してみてはいかがでしょう

好きなところが100個も思いつかない場合は、ノルマを50個や20個に減らしても構いません。

  • 優しいところが好き
  • 無邪気な笑顔が好き
  • 一途なところが好き
  • 全身のシルエットが好き

こんな具合です。

 

f:id:MORIKO:20220324175816p:plain

「整った美しい顔が好き」とだけ書いて渡した場合には、かえってパートナーを「じゃあもっと整った顔立ちの人が現れたら心移りするのか」と不安にさせてしまう恐れがあります。

1つだけ褒めると代替可能だと思わせてしまう、ということです。

 

それにたいして、好きなところを100個挙げれば、パートナーは「これらすべてに該当するのは……まぁ自分くらいか」と自らの特別さ、すなわち"唯一無二の存在"であることを認識してくれます。

だから自信がつき、安心し、理由もなくわれわれの浮気を疑ったりしなくなります。

 

「でも好きなところをわざわざ手紙に書いて渡すなんて……」

と面倒に感じている方がいるかもしれません。

 

f:id:MORIKO:20220324180213p:plain

ですが、

  1. 無実なのに浮気を疑われる不愉快さ
  2. その度に弁明する億劫さ

これらのストレスを考えたら、好きな箇所をリストアップする作業のほうが"マシ"ではないでしょうか。

たくさん褒められてハッピー、浮気を疑われなくなってハッピー……私たちの行動でお互いがハッピーになれます。

 

それに手紙として渡しておけば、不安になったとき、猜疑心に駆られたとき、パートナーが手紙を読んで自信を取り戻してくれるかもしれません。

私たちの代わりに手紙が励ましてくれる(だから厄介ごとにならずに済む)、ということです。

 

この先5回も10回も浮気を疑われ、その都度「違うんだよ……」と疑念を晴らすのと、一発バシッと手紙を書いて浮気とは無縁の存在になるのと、どちらを希望しますか?

後者であれば、さっそくペンを握り、好きなところ100個を手紙にしたためてみてください。

 

f:id:MORIKO:20220324180954p:plain

大切なのは、褒めることです。

植物を育てるには水が欠かせないように、自信を育てるには「褒め言葉」が欠かせません。

 

パートナーが自信を持てるような褒め言葉、最後に投げかけたのはいつでしょう?

 

まとめ

f:id:MORIKO:20220324181555p:plain

無実なのに浮気を疑われたら、ストレスが溜まります。

信頼関係を築けていないことにショックを受ける方もいるでしょう。

 

彼氏や彼女、旦那や妻の頭に「浮気」の文字を浮かべさせないためには、ひとまず褒めることです。

褒めて自信をつけさせましょう。

俺は/私はこんなにあなたを愛している、だから何も心配しなくて良いんだよ、という具合です。

 

なぜ褒めるべきかというと、「浮気されてたらどうしよう……」といった根拠のない不安の裏には、自信の無さが隠れているからです。

  1. 自信がない
  2. 飽きられるかも
  3. 捨てられるかも
  4. 振られるかも
  5. 他人に目移りしているかも
  6. 浮気が怖い
  7. 安心させてほしい
  8. 鎌をかけてみよう

こんな思考回路を根っこから断つために、パートナーに自信を与えるために、好きな箇所を文章にして教えてあげてください。

これも立派な愛情表現です。

 

f:id:MORIKO:20220324182216p:plain

ちなみに、人を喜ばせる褒め方にはちょっとしたコツがあります

記事の最後、あと少し画面をスクロールしたところで「褒め方のコツを徹底解説した本」をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

ネット通販サイトAmazonでは、恋人や配偶者の好きなところを100個リストアップできる専用のブックが売っています。

お洒落でかわいいプレゼントブックに好きな箇所を書き込んで渡せば、ただの便箋よりも喜んでもらえること請け合いです。

 

渡すのは、記念日でも誕生日でもない「何でもない日」でも構いません。

 

以上、無実なのに浮気を疑われるストレスへの対処法でした。

【結論】根拠もなく"気分"で浮気を疑う人は、たいてい自分に自信がない。自信がないから不安になる。不安だから「浮気していない証拠」を見て安心したがる、というわけ。この連鎖を断ち切るには自信を与えるしかない。褒めて褒めて褒めまくろう。愛されている実感が持てれば、漠然とした浮気の不安は消えてなくなるはず。カップル/夫婦でお互いハッピーになろう。

 

Amazonでは、『大好きな人がずっと一緒にいたいと思う女になれる。褒め言葉の魔法』という本が売れています。

ちなみに著者は脳科学者です。

好きな男性を褒めたい方におすすめの書籍です。

 

こちら『毎日使える!ほめ言葉 女性を喜ばせる作法』は、好きな女性を褒めたい方におすすめです。

 

これらの本を片手に、彼氏や彼女、旦那や妻の好きなところを100個書き出してみてはいかがでしょう。

パートナーが喜んでくれるのはもちろん、私たちもパートナーの良いところを再認識して、もっと好きになれるかもしれません。

 

付き合った当初のラブラブな状態に、戻ってみたくありませんか?

何もしていないのに浮気を疑われて、信用が崩壊しかけていたどん底の状態から……メッセージカードひとつで、一発逆転の特大ホームランを放ちましょう。

……さもなくば、別れるか、です。

 

www.shortshortshort.jp

浮気かどうかの判断基準について、当サイトにはこんな記事があります。

 

www.shortshortshort.jp

浮気をガマンする方法に関して、当サイトにはこんな記事があります。

いまは必要ない情報だとしても、念のために覚えておけば、いつか役立つ時が来るかもしれません。