彼氏がいるのに元彼を思い出すのはなぜ?【3つの原因と対処法】

交際中の彼氏がいるのに、昔付き合っていた元彼を思い出すのはなぜでしょう。

 

原因は3つ考えられます。

  1. 過去は美化されるものだから
  2. 元彼に未練があるから
  3. 現在の彼氏に不満があるから

ただし、「元彼を思い出すこと」自体は悪いことではありません

かつての恋人が気になるのは、普通のことです(新しい彼女できたのかな、とか)。

 

「高校時代は楽しかったな……」と過去を振りかえるように、生活していれば、ふと元彼を思い出すことだってあります。

頭をぶつけて記憶喪失にでもならない限り、元彼をすっかり忘れたりはしないのです。

 

もしかするとあなたは「彼氏がいるのに元彼のことを考えるなんて……」と罪悪感を覚えているかもしれません。

がしかし、考えないようにすればするほど、かえって元彼を意識してしまうものです。

 

事実、「シロクマのことを考えないで」と注意された人ほどむしろシロクマのことを考えていた、とする研究結果があるくらいです。

「元彼を思い出すのはやめよう……」と念じるのは逆効果ですのでご注意ください。

 

この記事では、

  • 思い出す自分を受け入れる
  • 彼氏と別れる(か距離を置く)
  • 元彼との復縁を考える

など、「彼氏がいるのに元彼を思い出す原因と対処法」をわかりやすく解説します。

ざわついた気持ちを落ち着けるため、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

彼氏がいるのに元彼を思い出す原因と対処法

彼氏がいるのに元彼とキスをするのは問題ですが、元彼を思い出すくらいのことなら、誰だって一度や二度は経験します。

 

たとえば、元彼が好きだったアーティストの曲を聞いたとき、元彼と観た映画を配信サービスで見つけたとき、「そういえば元気かな……」と元彼を思い出すのは自然なことだといえるでしょう。

 

「いや、私はなにもきっかけがないのに元彼を思い出す……」

という方がいるかもしれません。

 

2人で楽しんだ映画や音楽(あるいは訪れた場所)とは関係がないとしたら、元彼を思い出す原因として、つぎの3つが挙げられます。

  1. 過去は美化されるものだから
  2. 元彼に未練があるから
  3. 現在の彼氏に不満があるから

どういうことなのか、それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

1. 過去は美化されるものだから

私たちの脳には「記憶を美化する傾向がある」とされています。

 

たとえば、これまでに経験した旅行を2〜3つほど思い出してみてください。

家族と出かけた旅行でも、学生時代の修学旅行でも構いません。

 

それらのなかに「つまらなかった最低の旅行」は1つもないはずです。

たとえ旅先でトラブルが起こったり、誰かと揉めたり、ホテルの客室がショボかったりしても、トータルでは「楽しかった旅行」として記憶しているのではないでしょうか。

 

なぜなら、旅行中に不満があったとしても、時間が経つうちに脳内で思い出が美化されるからです。

 

元彼についてもおなじことがいえます。

  • ケチだった
  • 嫉妬深い男だった
  • トキメキがなくなった
  • デリカシーに欠けていた

こうした「不都合な情報」は薄れるいっぽうで、

  • 優しかった
  • 匂いが好きだった
  • いつも笑い合っていた
  • よく愛情表現をしてくれた

などの「都合が良い情報」は強化され、結果として「元彼はいいヤツだった」と記憶が"補正"されてしまうのです。

 

あなたはいま「彼氏よりも元彼のほうが気になっている自分」に悩んでいるかもしれません。

 

が、たとえ現在の彼氏と別れたところで、今度はいまの彼が記憶のなかでどんどん美化され、「気の迷いで別れるんじゃなかった……」と後悔する恐れがあります(おなじことの繰りかえし)。

 

つぎに脳が「都合よく補正した元彼との記憶」を見せてきたときには、

  • 元彼にムカついた場面
  • 元彼にいわれて傷ついた言葉
  • 元彼の嫌だったところ
  • 元彼に泣かされた日
  • 元彼とのケンカ

など、ネガティブな記憶を頭のなかから引っ張り出して抵抗しましょう。

たとえるなら、Amazonであえて低評価のレビューを読み、商品を買いたい気持ちを"萎えさせる"ようなものです。

 

「過去は美化されるものだ」と理解していれば、ふと元彼を思い出して、過ぎ去った日々が薔薇色に感じられても、"錯覚"として払い除けることができるでしょう。

 

他人がインスタに投稿した写真とおなじで、(元彼との思い出も)盛って飾って美化されているので、相手にする必要はありません。

 

元彼との「終わった恋」についてあれこれ考えるくらいなら、彼氏との「これからの恋」に思考を巡らせたほうが生産的です。

元彼のことを思い出した際には、「そんなに良いものじゃなかったでしょ?」とネガティブな記憶をぶつければOKです。

 

 

2. 元彼に未練があるから

元彼のことを思い出す原因は、未練があるから、かもしれません。

 

たとえば、

  • フラれて破局した
  • 自分から別れを告げて後悔している
  • 元彼を捨てて他の男性に乗り換えたのは失敗だった

上のケースに当てはまる場合、元彼にたいする未練(諦められない気持ち)が残っている可能性があります。

 

未練があるかどうか確認するには、「元彼と復縁したいか?」の問いに答えるだけでOKです。

答えが「イエス」の場合には未練タラタラなので、(復縁がうまくいくかどうかはともかく)現在の彼氏とお別れするのが良いでしょう。

 

元彼への未練を断ち切れないまま付き合うのは「誠実な交際」とはいえませんし、あなたにとっても彼氏にとっても好ましい状況ではありません。

なぜなら、自分と彼氏に嘘をついていることになるからです。

 

正直に生きるためにも、そして罪悪感から解放されるためにも、未練があるなら彼氏との関係を終わらせるべきです。

元彼との復縁にチャレンジするのは、それからです(順番を間違えると「浮気」になるので要注意。彼氏といったん距離を置いて気持ちを整理するのもアリ)。

 

「いや、元彼と復縁したい気持ちはないけど……」

という方は、元彼のSNSをチェックしたり、写真を見返したりしていませんか?

 

たとえば世の中には、「恋愛感情はないけど元彼のSNSをチェックする癖がやめられない」と悩む女性がいます。

 

元彼のことを思い出したくないなら、上のような習慣は断ったほうが良いかもしれません。

ただし「別れた恋人との写真をすべて消すとかえって記憶が強化される」とする研究があるため、スマホから写真を消すのではなく、見ないように心がけるのがベターです(フォルダをわけて管理するとか、パソコンにデータを移すとか)。

 

SNSに関して、彼氏の動向が気になってしまう方は、自分のアカウントを削除し、アプリをアンインストールしましょう。

意志の力に頼るのではなく(当てにならない)、環境を変えてSNSチェックを防ぐ作戦です。

 

お菓子でたとえるなら、部屋にあるお菓子を食べないようガマンするのではなく、チョコやクッキーをすべて捨てて「食べるものがない環境」を作るようなものです。

SNSにせよ写真にせよ、元彼の姿が視界に入らないよう工夫してみてください。

 

3. 現在の彼氏に不満があるから

彼氏がいるのに元彼を思い出す原因、ラストは「いまの彼氏に不満があるから」です。

 

「元彼だったら……」といまの彼氏と元彼をくらべていませんか?

たとえば、

  • 元彼はデート代を奢ってくれた
  • 元彼は話をよく聞いてくれた
  • 元彼は一途だった
  • 元彼はアイドルオタクじゃなかった
  • 元彼は重たい荷物を持ってくれた
  • 元彼は運転が上手だった
  • 元彼は頻繁に愛情表現をしてくれた

これらはすべて「でも現在の彼氏は違う」ことを意味しています。

 

がしかし、こうした比較はフェアではありません。

なぜなら先述のとおり、私たちの記憶は美化されているからです(元彼が話を聞いてくれなかったこともあったはず)。

 

たとえるなら、

  • 美化された元彼:メイクした女性
  • ありのままの彼氏:すっぴんの女性

この2人をくらべるようなもので、前者が勝つに決まっています。

 

もしかすると元彼と付き合っていた当時、比較する相手がいなかったのではないでしょうか。

具体的には、

  • 初めての恋人だった
  • 初めて長く続いた恋人だった

という具合です。

 

食事でたとえるなら、初めて食べた豚骨ラーメンを基準にして、「この豚骨ラーメンはしょっっぱい」だとか「味が薄い」だとかのダメ出しをするようなものです(最初の豚骨ラーメンには比較対象がないのでくらべようがない。最初の彼氏もおなじ)。

 

がしかし、元彼とまったくおなじ人間など存在しませんし、そもそも私たちは"元彼にそっくりな人間"を探しているわけでもありません。

早い話が、元彼と現在の彼氏をくらべるのはナンセンスだ、ということです。

 

彼氏に不満があるなら、「元彼だったら……」と回想するのではなく、指摘して直してもらいましょう。

 

どうしても元彼を引き合いに出してしまうなら、

  1. 現在の彼氏の良いところ
  2. 元彼のダメだったところ

ご覧のように比較してみてください。

あなたが愛すべきは、元彼ではなく現在の彼氏です。

 

元彼のプラス面と彼氏のマイナス面ばかりを比較して、わざわざ現在の彼氏を"嫌いになる"必要はありません。

これではシーソーの上下が逆です。

そうではなく、元彼を下げていまの彼氏を上げたほうが幸せになれます。

 

元彼といまの彼氏をくらべてしまう方は、

  1. 不満は本人に伝える
  2. 彼氏の長所と元彼の短所をくらべる

ご覧の方法で「いまの彼氏」をもっと好きになりましょう。

 

「いまの彼氏が元彼より優れているポイントが見当たらない……」

という方は、そもそも現在の彼氏をたいして好きではないのでしょう(別れた寂しさやショックを紛らわすために交際したケースに多い)。

 

心の傷を手当てするための"絆創膏みたいな応急処置の彼氏"とは、そろそろ別れどきかもしれません。

傷が治ったら捨てる、それが絆創膏です。

 

 

まとめ

彼氏がいるのに元彼を思い出す理由は以下のとおりです。

  1. 過去は美化されるものだから
  2. 元彼に未練があるから
  3. 現在の彼氏に不満があるから

元彼との「幸せだった場面」をよく思い出すなら、あえて「悲しくて泣いた出来事」や「別れる直前の冷え切った関係」なども思いかえしてみてください。

 

補正されて美しくなった記憶を"適正値"に戻すことができるため、「元彼のほうが良かったかも」などと懐かしむ機会が減るはずです。

でも結局別れたってことは合わなかったってことなんだから……と冷静に考えられるかもしれません。

 

元彼に未練があり、復縁を望んでいる方は、彼氏との交際を終わりにしましょう。

なぜなら、現状は自分にも彼氏にも嘘をついていることになるからです。

 

まるで「自然豊かな田舎で暮らしたい」と思いながら都会暮らしをつづけるようなもので、精神衛生上よろしくありません

 

「自分はどうしたいのか」がまだわからない方は、彼氏と距離を置くのもおすすめです。

彼氏との連絡やデートを1ヶ月ほど控えてみれば、自身の願望が見えてくることでしょう。

 

現在の彼氏に不満があるせいで「元彼だったら……」とくらべてしまう方は、

  1. 不満を本人に伝える
  2. 彼氏の長所と元彼の短所をくらべる

ご覧の言動を心がけてみてください。

「美化された元彼」を懐かしむのは、まるで社会人が「小学生のころはよかったなぁ」と回顧して"現実逃避"するようなもので、なにも解決しません。

 

すでにお伝えしたとおり、「元彼を思い出すこと」自体は悪いことではありません

罪悪感を抱いているなら捨ててしまいましょう。

 

重要なのは、元彼を思い出す原因をはっきりさせること、適切に対処すること、この2点です。

 

以上、彼氏がいるのに元彼を思い出す原因と対処法でした。

【結論】思い出すのはOK。かつての恋人が気になるのは普通のこと。「思い出しちゃダメ。精神的浮気だ」と思考を抑えようとすると、かえって考えてしまい逆効果。シロクマとおなじ。むしろ元彼のイヤだったところをトコトン思い出して「美化された過去」を適正値に戻そう。元彼との比較グセがあるなら改めるべきだし、元彼に未練があるなら、いまの彼氏とは別れるべき。

 

電話占い【ココナラ】新規会員登録で3,000円無料クーポンプレゼント中

恋愛について悩む女性のなかには、電話占いサービスを利用する人もいます。

ひとりで思い悩む必要はありません。

占い師のレビューを見て、自分に合った占い師がいるかどうかチェックしてみませんか?

 

ココナラには占いだけでなく、悩み相談、恋愛相談、話し相手のカテゴリも存在します。

「1年後のあなた」が幸せかどうかを決めるのは、「現在のあなた」の決断です。

 

ココナラでお悩み相談・カウンセリング

電話よりも文章のほうが好きな方にはココナラメール占いがおすすめです。

こちらでも(占いに限らず)悩み相談や恋愛相談ができます。

 

www.shortshortshort.jp

彼氏と別れたい方へのアドバイスに関して、当サイトにはこんな記事があります。

 

www.shortshortshort.jp

結婚している元彼への連絡について、当サイトにはこんな記事があります。