【一気に観るのは損】分割映画鑑賞のススメ

この記事では、映画を2日間に分けて観ることの素晴らしさについて書きます。

すこしでも共感しただけたら嬉しいです。

 

 

映画の分割鑑賞とは?

f:id:MORIKO:20190102070116j:plain

最初から最後までをぶっ通しで観るのではなく、意図的にブレイクタイムをはさむ方法を分割鑑賞と呼びます。

呼びます、というのは「一般的に」という意味ではありません。「個人的に」という意味です。

 

もうちょっと具体的に説明します。

自宅で映画を観る場合、1度ですべて観てしまわないようにしています

たとえば午前中に1時間だけ観て、午後に残りの1時間を観たり。夜に1時間だけ観て、翌朝に続きの1時間を観たり。

 

これが分割鑑賞です。

 

分割鑑賞のメリット

私はこうした鑑賞の仕方が好きです。

 

まとまった時間が取れないから分けて観ている訳ではなく、時間があっても積極的に分けていきます。

分割することで得られるメリットがあるからです。

 

メリット1. 楽しい時間が増える

まず、分割鑑賞をするとワクワクする時間が伸びます

 

もし映画を2時間ぶっ通しで観たとしましょう。楽しいのは2時間だけです。

では1時間だけ先に観て続きは保留にしておいた場合はどうでしょうか?

こちらは、保留にしている間もずっと楽しい気分でいられます。

 

「もしかしてあのヒロインは4股してるんじゃないか?」とか、「ミートパイ早食い競争に負けてしまうかもしれない」だとか、じっくり考えられる。映画の世界に長く浸っていられる。だから楽しい。

 

メリット2. 目覚めスッキリ

なかでも2日間にわたる分割鑑賞が好きです。なぜなら最高の気分で目覚められるからです。

 

たいてい、休日の朝ってダラダラしてしまいがちですよね。休みだからもうすこしだけ寝てよう、とかいってすぐ二度寝しちゃいます。

 

でも分割鑑賞のさなかにあれば、そうはなりません。

目覚めた瞬間に頭がシャキーン!です。脳みそフル稼働です。

 

「ヤバいよ〜!悪の組織に捕まっちゃったけど、主人公どうなるんだろう。ミートパイ早食い競争に無事出場できるのかな?あれは無理だろうな〜」などと続きが気になり、早く観たい!となり、なんやかんやでサッと起きれます

 

このように、分割鑑賞は時間の有効活用にも貢献します。ひいては充実した休日に寄与するのです。

なんてステキなんでしょう。どんどん分けたくなっちゃいますね。

 

メリット3. 映画の内容を覚えていられる

分割鑑賞のメリットはまだまだあります。

どうせ映画を観るんだったら、いつまでも内容を覚えていたいものですよね。観たはずなのに「どんな内容だったっけ?」となってしまっては、時間を無駄にした気分。

 

それ、分割鑑賞におまかせください。

前半を観た脳は、「覚えていないと後半が理解できなくなるぞ。つまりこれは重要な記憶だ。ぜったいに忘れるな」と指示します。だから覚えていられます。

 

一気に観た場合はどうでしょう?

「この記憶って重要なのかな?主人公がミートパイを平らげて、泣いて抱き合って……。要らんな、これ。ぜったい要らんわ」となります。

 

たいていの映画は生きていくうえで必要のない情報ですから、要らんカテゴリーに入ってしまうのです。

それを防げる唯一の方法がそう、分割鑑賞です。死角がどこにもありません。

 

映画館に行くお金がない?大丈夫。私たちには分割鑑賞法があるッ!

これまでの常識では、映画館で観る映画こそが頂点でした。「映画は映画館に限るっしょ」と。

そんな思考停止した自称映画好き人間に対抗すべく登場したのが、この分割鑑賞法です。

 

分割鑑賞法は、これまでの自宅映画鑑賞のイメージを挽回します。

  • 迫力ゼロ
  • 音響ショボい
  • 集中できん
  • どうせ家デートの口実
  • シンプルにセコい

このように、これまで散々言われてきました。がしかし、我々はついに最強の武器を手にしたのです。

分割鑑賞法という名の……名の……なにかしらをッ!

 

さぁ、今こそ立ち上がるときです。自宅派のみなさん!

ジャンジャン分割していきましょう。1本の映画を2日、3日、いや4週間かけて観ましょう

毎日ワクワクして過ごしましょう!めっちゃ早起きしましょう!50年先まで覚えていましょう!

自宅映画こそナンバーワンだと証明するのです!さぁ盛りあがってきました!

 

私はこれから延滞料金を払いにいってきます!では失礼!