なぜ日記は毎日書かないと意味がないのか?

  • 日記って毎日書いたほうがいいの?
  • 週末にまとめて日記を書いている

という人に向けてこの記事を書きました。

 

どんなに忙しくても面倒くさくても、日記は毎日書きましょう。というより毎日書かないと意味がありません。

数日分をどかっとまとめて書くくらいなら、むしろ書かないほうがいい。その理由をご説明します。

 

 

日記を毎日書かないとどうなる?

f:id:MORIKO:20190102155843p:plain

日記は毎日書きましょう。

「週末にまとめて書くようにしている」という人は要注意です。

 

毎日書かないと日記は嘘になる

毎日書かないと日記はフィクションになります。どういうことか。

たとえば初デートを想像してみてください

 

  1. デート前夜に日記を書く
  2. デート後に前日分の日記を書く

 

これではまったくちがった内容、文面になりますよね。

前夜に書いていれば、「緊張するー!」や「盛り上がらなかったらどうしよう!何話そう!」という内容になるでしょう。不安が伝わってきます。

 

いっぽうで、デート終了後に前日分の日記を書いた場合はどうでしょう。

「明日はデートだ。ドキドキする」などと書きつつも、心のなかでは(ま、失敗に終わるんだけど)などとなってしまいます。これってリアルな感情じゃありませんよね。

 

あなたは小説家じゃないんですから、フィクションを書いても仕方ありません。その瞬間その瞬間のリアルな感情を吐き出すためにも、日記は毎日書くべきです。

 

毎日書かないと日記が嫌になる

毎日書いていないと日記は億劫になります。まとめて書くとなれば量も多いですし。

夏休みの宿題といっしょですね。毎日コツコツやればどうってことない。でも最終日に一気にやろうとするからしんどい、と。

 

日記は続けることに意味があります。継続するためにもコツコツやりましょう。

 

日記を毎日書くと何がいいの?

ここからは日記を毎日書くメリットをご紹介していきます。

 

毎日書けば日記は時短になる

とつぜんですが、あなたは3日前の夕食をすぐに思い出せますか?

ちょっと難しいかもしれません。私はさっぱりです。

では、今夜の夕飯はどうでしょう。これなら楽勝でしょうか?

私はちゃんと覚えてます。ピザでした。

 

なにが言いたいのかというと、その日に書けば「うーん。なんだったっけなぁ」と悩む時間を削減できるということです。今日はあれとあれ!などとすぐにトピックが浮かびます。

が、週末にまとめて書くとなると、「月曜日ってなにしてたっけなぁ……」からスタートしなければなりません。

脳トレしてるんですか?ってなっちゃいます。

 

最小限の時間で濃い日記が書きたいのなら「毎日」が基本です。

 

毎日書けば入眠の儀式になる

日記って寝る前に書きますよね?

そうすると「日記を書く」という行為はいつしか入眠の儀式になります。

 

入眠の儀式とは、「寝る時間になりましたよー」と脳に信号を送るための行動です。たとえば次のようなものが代表的です。

  • お香を焚く
  • ホットミルクを飲む
  • ヒーリングミュージックを流す

 

はい、どれも面倒くさいです。

お香は火を扱うから気をつけなくちゃいけませんし、ミルクはレンジでチンしていると爆発しがち。

ヒーリングミュージックにいたっては途中で飽きる。それに効果があるんだかどうだかよくわかりません。面倒くさいだけでなく胡散くさい。で、長続きしません。

 

でも日記はちがいます

書くことで得られるものがたくさんあります。歯磨きといっしょなんです。

だからホットミルクよりも強い意思で続けられる。入眠の儀式にもいろいろありますが、私は日記をおすすめします。

 

毎日書けば頭が空っぽになる

f:id:MORIKO:20190102155808p:plain

日記はゴミ箱だと考えています

嬉しかったこと、悲しかったこと、ムカついたことなどたくさんの感情・記憶が脳内をグルグルしている。そんな状態でベッドに入ったとしても、「あー。あれは失敗だったなぁ」などと考えてしまい眠れません。

 

じゃあどうすればいいのか。日記を書けばいいんです

「ジェットコースター最高だった!」とか「写真の顔めっちゃ酷かったなぁ」とか「後ろの客がうるさすぎて最悪だった」とか、日記にぜんぶ吐き出しちゃう。そうすれば頭は空っぽ。スッキリして布団に入れます。

 

週末にまとめて書いた場合、このメリットは享受できません。もったいないとは思いませんか?

 

毎晩ゴミ箱に感情を捨てましょう。あとはもう気分よく寝るだけです。

 

まとめ

日記を数日分まとめて書いた瞬間、それは日記ではなくフィクションになってしまう。

おまけに「なぁーんだったっけなぁー。なぁーにをしたんだっけなぁー?」が増えて時間がもったいない。

 

日記を毎日書けばリアルで偽りのない感情を残しておける。脳みそをデトックスして気分良く布団に入れる。

 

結論、毎日書く日記が最強です

 

日記をもっと極めたい人へ

スマホアプリやパソコンでの日記はやめよう!おすすめは手書き!