【雨の日】車のボディカバーはどうする?おすすめの対処法を紹介

  • 雨で濡れたボディカバーをどうしたらいいのか知りたい
  • ボディカバーを使ってる人たちは雨の日どうしてる?

という人に向けてこの記事を書きました。

 

屋根のない青空駐車場に車を止めていると、紫外線や鳥のフンが気になります。こうした状況で役に立つのがボディカバーですが、雨が降ると困ってしまいますよね

 

まず雨のなかカバーを外すのが大変ですし、濡れたカバーは置き場に困る。さらには、雨で濡れている車にそのままかけていいのか、晴れて車が乾くまで待ったほうがいいのか。

そんな雨の日のボディカバーにまつわる悩みや疑問について詳しく書いていきます。

 

 

雨でボディカバーが濡れた場合

f:id:MORIKO:20190309054751j:plain

青空駐車でボディカバーを使っている者にとって、雨ほど厄介なものはありません。濡れてしまったボディカバーはどうしたらいいのでしょうか。

 

雨が止んでいる:外に干す

まず、すでに雨が止んでいるのであれば、ボディカバーを外に干しておきましょう。

はずす前にタオルで拭いておくと乾きが早くなります。

 

ただし、カバーが地面に落ちないよう注意してください。裏地に砂がついてしまうと車のボディに傷がつきます。洗濯バサミで物干し竿に固定して、風が吹いてもズレたり飛んだりしないようにします。

落ちて汚れてしまったとしても、その大きさゆえ、洗うことができません。つまり一発アウトです。じゅうぶんお気をつけください。

 

雨が降っている:浴室に保管

雨が降りつづいている場合には、濡れたボディカバーを浴室へ運びましょう(廊下はビショビショになりますが)。

浴室に物干しがあればそこへ掛けます。なければ浴槽へドーンとつっこみます。ただし、浴室に保管できるタイムリミットは夜までです。なぜなら、あなたもしくは家族が入浴するから。

入浴時には浴室から運び出して洗濯機へ移すか、あるいは自宅をあきらめ、近所の銭湯で風呂に入るかの二択です。

 

ボディカバーは相当かさばりますし、雨に濡れるとかなり重たくなります。ですので、よほどの事情がない限りは、運転を避けたほうがいいでしょう。

 

天気予報をチェックして事前に外しておく

どうしても車を使わないといけない予定があれば、天気予報を確認します。そして当日、もしくは前日が雨の予報だったら事前に外しておきます

これなら雨が降っても問題ありません。

ただし、ボディが濡れた状態でカバーをかけるのは避けたほうがいいです(※詳しくは後述します)。

 

雨の日は乗らない

f:id:MORIKO:20190309054809j:plain

雨の日は乗らない。これがベストです。

私は雨が降ったら乗りません(会社には徒歩で通勤しています)。

週末が雨だったら、運転はせず、家で過ごします。どうしても出かけたいときには、妻の車を借ります。

家族の車を借りられる状況にない人は、タクシーという手もあります(リッチゆえに最終手段)。

 

雨天で走行した場合

ここまではボディカバーが雨で濡れてしまった場合の話。

ここからは走行中に突然雨が降り出した場合(つまりカバーは濡れてなくて車体だけが濡れている状態)について考えます。

 

カバーも車体も乾いてから被せる

車のボディが濡れた状態でカバーを掛けてはいけません。カバーの内側に湿気がこもってしまいサビの原因になります。

 

サビを防ぐためにも、かならず乾いたボディに乾いたカバーを被せるようにしましょう。どちらか一方が濡れている場合には、乾くまで待ってから掛けます。

 

まとめ

ボディカバーは車庫の中で使うものだ」という意見があります。

私の場合は鳥のフンがひどいので青空駐車で使用していますが、こうして雨天のケースを考えると、「まぁそうだよね」という気もしてきます。

「屋外で使うモンじゃないよね」と。いかんせん面倒なので。

ただ、過酷な青空駐車だからこそ愛車を守りたい、という気持ちが芽生えるのも事実。

 

だからこそ我々は天気予報に注意を払い、雨の日は外出を控え、濡れてしまったカバーを浴室に運び、乾かし、家族に文句を言われながら、それでもボディカバーを使い続けるのです。

 

つまりなにが言いたいのかというと、頑張ろうぜ!ってこと。

もうね、頑張るしかないですよ。気合いと根性です。せっかくボディカバーを買ったんですから、途中で投げ出しちゃダメです。

まぁそうですね……。カーポートが作れないなら、せめて、てるてる坊主だけでも作りましょうか。