納豆がうますぎる!毎日食べても飽きない美味しさ

f:id:MORIKO:20190902194607p:plain

納豆はうまいですね。納豆は毎日食べてもいっさい飽きません。

食べ慣れているはずなのに、毎回「うまー!」となります。納豆はとにかく美味しいのです。

 

この記事ではそんな「納豆のうまさ」について語っていこうと思います。

 

 

納豆がうまい!うますぎる!

納豆はうますぎます。考えた人、天才です

ふつう、大豆が腐ったらアウトですよね。そんな腐った大豆にタレをかけて、混ぜて、「こりゃうまいぞ」って、世紀の大発見かよって話です。

 

それから、「タレ」もまた美味しいんですよね。納豆にシーザードレッシングをかけても美味しくないでしょう。お好みソースも合いません。

納豆はあのタレだからこそうまいのです。タレとのコンビネーションが絶妙なのです。

 

納豆はうまいのに安い

f:id:MORIKO:20190902195531p:plain

納豆はうまさと値段が見合っていません。

納豆のうまさを考えたら、1パック100円はして然るべきだと思います。

 

ですが、私がふだん買っている納豆は3パックで90円という、とんでもない安さなのです。1パックに換算したら30円です

おかげで、毎日食べれます。調子に乗って1日に3パック食べても平気です。

どんなに食べても家計にはノーダメージ。素晴らしい食べ物ですね。納豆。

(しかも納豆は健康的だから食べても罪悪感がない!)

 

納豆はいつでもうまい

鍋は夏よりも冬に食べたほうが美味しいです。冷やし中華は冬よりも夏に食べたほうが美味しいでしょう。

焼肉は朝より夜のほうが食べたくなりますし、ヨーグルトは夜よりも朝に食べたくなる。

 

f:id:MORIKO:20190902195753p:plain

ところがです。納豆は24時間365日いつ食べてもうまいのです。まさに奇跡といえるでしょう。

こんなにもオールラウンダーな食べ物は他にありません。

 

それもこれも、納豆がうますぎるからだと思います。季節や時間帯を超越した美味しさだということですね。

 

 

納豆のうまさを証明するもの

納豆はお世辞にもお手軽な食べ物とはいえないでしょう。

納豆を食べるためには少々の手間がかかります

パックのフタを開けて、タレとカラシを取り出して、薄いビニールを剥がして、ネバネバを処理して……あとは省略しますが、数々の工程を経てようやく食べれるわけです。

 

バナナのように「皮をむいて終わり」とはいきません。

はっきりいって、納豆は面倒です。面倒ですが、毎日食べたくなってしまう。そして実際に毎日食べている。

なぜか。それもこれもやはり、納豆がうますぎるから、なんですね。

 

納豆があまりにうますぎるので、手間を手間とも思わないのです。

 

毎日食べても飽きずにうまい

f:id:MORIKO:20190902200336p:plain

どんなに美味しい食べ物でも、毎日食べていたらさすがに飽きますよね。

焼肉も寿司も天ぷらも、毎日だとキツく感じることでしょう。

 

ですが、納豆は毎日食べても飽きません。不思議です。

かつて「白米に飽きないのは、白米がうますぎるからだ」という話を聞いたことがあります。

この「うますぎる食べ物は飽きない」理論が正しいとするならば、納豆もまた「うますぎる」ということになります。

 

ことによっては、焼肉や寿司よりも、納豆のほうが脳は「うまい」と感じている可能性さえあります。いかんせん納豆は飽きませんからね。

そう考えると、1人3000円も払って焼肉を食べるよりも、1人30円で納豆1パックを食べるほうが、賢明なのかもしれません

 

まとめ:納豆が大好きだ

f:id:MORIKO:20190902200950p:plain

納豆は日本人のソウルフードですね。最高の食べ物です。大好きです。

 

とくに納豆を美味しいと感じるのは、旅行から帰ってきたとき、ではないでしょうか。

外食が続いたあとで、久しぶりに家で食べるご飯。そこで納豆を口にすると「これこれー!結局これ!」となりませんか?

ステーキやら海鮮丼やら贅沢なものをたくさん食べてきたけど、なんだかんだいって納豆が一番だな、と。

 

もはや「最高の状態で納豆を食べる口」を作るために旅行をする、といっても過言ではありません。

 

カンロ プチポリ納豆スナック醤油味 20g×10個 400485

カンロ プチポリ納豆スナック醤油味 20g×10個 400485

 

豊富な栄養などまだまだ語りたいことは山ほどあるのですが、そろそろ納豆を食べる時間なので、このへんで失礼します。

最後までお読みいただきありがとうございました。あなたの納豆愛に感謝します。

納豆の食べ方について別記事にまとめてみました。