「ETCカードに書き込み出来ませんでした」のエラーが出た体験談

f:id:MORIKO:20190909133800p:plain

この記事では「ETCカードに書き込みが出来ませんでした」というエラーが発生した体験談および対処法について書いていきます。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

「ETCカードに書き込み出来ませんでした」

「ETCカードに書き込み出来ませんでした」のエラーが発生した際にもっとも重要なのは、高速を降りる際に料金所で「一般レーン」を利用することです

 

ETC専用レーンからは出られません。

必ず一般レーンに行き、係員に連絡してください(係員への連絡ボタンがあります)。

 

カードがきちんと挿入されていても起きる

この「ETCカードに書き込み出来ませんでした」というエラーは、カードがきちんと挿入されていても起こり得ます。

「カードを読み込みました。有効期限は〜」というアナウンスが流れても、エラーが発生することがあるのです(ゆえに避けようがない)。

 

バーが開いて高速道路には入れるものの、ETC車載器からエラーを知らせる音声が流れ、ピーピーというブザーが鳴り続けるかと思います。

こうなってしまうと、先述のとおりETCレーンからは出られませんのでご注意ください

 

カードは抜いていいの?

「ETCカードに書き込み出来ませんでした」のエラーが発生すると、ETC車載器からピーピーという音が鳴り続けます。

放っておくと5分でも10分でも延々と鳴り続けますので、いったんカードを抜いてしまいましょう。

 

エラー発生時に限っては、車載器からETCカードを抜いても大丈夫です

(抜かないと警告音がうるさくて運転に集中できません)

 

挿入し直してもダメ

f:id:MORIKO:20190909134600p:plain

ちなみに、いったんカードを抜いて、再度差し込んだ際に「カードを読み込みました」といつもどおりの状態になることがあります。

 

これを「解決した」と思いこみ、出口でETC専用レーンを使用してしまうと、やはりゲートで引っかかります。

繰り返しになりますが、一度エラーが出てしまったら、出られるのは一般レーンからのみです。

他の車の迷惑になるので、絶対にETCレーンは使用しないでください。

 

直ったように見えても、エラーが解決したわけではないのです

車載器から抜いたETCカードを、ふたたび車載器に戻す必要はありません(というか戻す意味がありません)。

カードは抜いたまま持っておきましょう。

 

 

一般レーンで係員に連絡 

料金所の一般レーンには「係員連絡」用のボタンがあります。ボタンを押すと、すぐに係員と会話ができます。

私は「書き込みが出来ませんでした」のエラーが発生したことと、入ったICの名前を伝えました。

 

係員が料金を計算し、自動精算機に料金が表示されます。

この日は日曜日だったにも関わらず、休日割引ではなく「通常料金」を請求されたのがなんとも切なかったですね(ETC車載器のエラーのせいで損をした)。

 

ETC休日割引はどうなる?

仕方なく通常料金を支払うことに。

なお、支払いにはETCカード、クレジットカード、それから現金が使用できます。

私はETCカードで支払いました。

 

すると係員から「カードに情報が残っていたので割引を適用しました」との説明があり、請求金額が通常料金から休日割引が適用された料金に切り替わったのです。

これは有り難かったですね。

 

こんなケースもありますので、料金を支払う際には必ずETCカードを利用しましょう

クレジットカードや現金で支払うと、損をする可能性があります。

(書き込みに失敗したエラーが出ても、ETCカードに情報が残っている場合があるので。希望を捨てずに)

 

まとめ

もっとも重要なのは、エラーが発生したらETC専用レーンから出ないことです。 

ゲートが上がらず大迷惑になりますので、絶対に避けましょう。

 

「ETCカードに書き込み出来ませんでした」のエラーが頻発する場合には、車載器かカードのいずれかに異常が起きている可能性が考えられます。

立て続けにエラーが起こった際には、一度確認することをおすすめします。

 

以上、「ETCカードに書き込み出来ませんでした」のエラーが出た体験談でした。

ついでに、高速道路でイラッとするアレに関する記事も読んでみませんか?