うつぶせ寝に違和感がある?まずは3ヶ月続けてみよう!

うつぶせ寝がいいと聞いたけど、どうも違和感があって馴染めない……。

 

この記事では「うつぶせ寝に慣れるまでの期間」について解説していきます。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

うつぶせ寝に慣れるまでの目安は3ヶ月

f:id:MORIKO:20191021162238p:plain

うつぶせで寝は、いびきや睡眠時無呼吸症候群の予防になるとされています。

(詳細はこちらの記事をどうぞ)

 

 

でも、「試してみたけどなんだか違和感があった」なんて感じている方も多いのではないでしょうか?

体勢がしっくりこなかったり、枕の使い方がイマイチわからなかったり……。

 

ずっとあおむけ寝を続けていたなら、うつぶせ寝に慣れるまでの目安は3ヶ月です。

3ヶ月もつづけていると、やがて体がうつぶせ寝に慣れ、「あおむけだと違和感がある」という状態にまでなります。

 

うつぶせ寝にはさまざまなメリットがあるので、ぜひ初日で「ダメだこりゃ」と断念せず、辛抱強く続けてみることをおすすめします。

ちなみに、うつぶせ寝では顔を横向きにしてください。

枕に埋めたら……当然ながら苦しくなってしまうので。

 

起きたらあおむけになっている?

f:id:MORIKO:20191021163205p:plain

「うつぶせで寝ても朝起きるとあおむけになっている」という人もいますよね。

それで大丈夫です。

寝てから起きるまでずっとうつぶせでいることは不可能なので、そんな状態を目指す必要はありません。

 

最初こそうつぶせで寝ている時間が短いものですが、体が慣れるにしたがって、徐々にうつぶせで寝ている時間が長くなってきます

ただし睡眠中は寝返りを打つため、終始うつぶせでいることは(ベッドに体を縛りつけない限り)不可能です。

 

起床時にあおむけだからといって「ダメだこりゃ」と断念しないでください。

「うつぶせで寝よう」という心がけが大切です。 

 

 

うつぶせ寝を実践するあなたへ 

うつぶせ寝を実践するにあたって、いくつかあおむけ寝とは異なる点があるのでご紹介します。

 

うつぶせ寝は苦しい?

f:id:MORIKO:20191021163328p:plain

先述したとおり、うつぶせ寝では顔を横に向けて寝るのがふつうです。

枕やマットレスに顔を埋めて寝たら、それは苦しいのも当然ですよね。呼吸ができませんから。 

 

うつぶせで寝る際には、左右好きなほうへ顔を向けるようにしてください。

このとき「首の筋肉が張る感じがある」場合は、しばらく続けていると筋肉が柔らかくなり、うつぶせ寝の体勢をラクにとれるようになります。

まずは3ヶ月を目標に続けてみるのがおすすめです。

 

枕カバーはこまめに洗うべき

f:id:MORIKO:20191021163447p:plain

うつぶせ寝では枕へじかに顔をつけることになります。

そうすると皮脂やよだれがついて枕カバーが汚れやすいので、こまめに洗濯をするのがいいでしょう。 

 

汚れて雑菌が繁殖した枕カバーに顔をつけて寝てしまうと、ニキビなど肌荒れの原因になる可能性があります。

ただし寝具を清潔に保ってさえいれば、うつぶせ寝のせいで肌が荒れるようなことはありません。

 

もしうつぶせ寝をして肌が汚くなってしまった経験があれば、それは寝具が汚れていたせいかもしれません。

清潔な枕カバーで再トライしてみませんか?

 

抱き枕があると便利

f:id:MORIKO:20191021163708p:plain

うつぶせ寝をする際にあると便利なのが抱き枕です。 

抱き枕が体とマットレスとの隙間を埋めてくれるので、ラクな体勢がとりやすくなりますよ。

 

しっくりくる体勢が見つけられずに悩んでいる人は、ぜひうつぶせ寝に抱き枕を活用してみてください。

ちなみに抱き枕には「精神的に落ち着かせてくれる」効果もあるので、いっそうあなたの快眠をサポートしてくれることでしょう。

 

この抱き枕はカバーを洗濯できて清潔に保てるのでおすすめですよ。

以上、あおむけ寝に慣れるまでの期間についてでした。まずは3ヶ月です!