「寒いから何もしたくない」の解決策は1つ【暖房器具を買う】

f:id:MORIKO:20191214153327p:plain

寒いと何もやる気が起きませんよね。

 

寒過ぎてベッドから出られない。

そんな人も多いのではないでしょうか。

 

そこでこの記事では、

  • どうすれば寒い季節でも元気が出るか
  • おすすめの暖房器具はなにか

など、寒くて何もしたくないときの解決策をご紹介します。

ぜひ寒い季節を乗り越えましょう。

 

 

寒くて何もしたくないときの解決策

f:id:MORIKO:20191214153157p:plain

寒くて外に出たくない。

寒くて洗い物をする気になれない。

寒いから洗濯をするのが嫌だ、など。

 

寒さは我々から活力や行動力を奪いますよね。

私も極寒の信州に住んでいるのでよくわかります。冬があまりに寒すぎて「どんだけ寒いんだよ!」と腹が立ってきます。

 

そんな厳しい寒さに打ち克つための方法は1つしかありません。

それは「ケチらずに暖房器具を買う」こと。

 

 暖房器具を買おう

f:id:MORIKO:20191214153732p:plain

王道すぎて逆に意外だったかもしれません。

 

おすすめの解決策は暖房器具を買うことです。

寒さに苦しんでいるなら根性論や精神論で解決しようとせず、シンプルに部屋を暖めればいいんです。

 

「寒いって思うから寒く感じるんだよ」は嘘です。寒いものは寒い。

気合いで寒さに勝つのは不可能なんですね。 

 

お金を払ってエアコンや石油ファンヒーター、石油ストーブ、ハロゲンヒーターなどの暖房器具を購入しましょう。

このほかに意欲や行動力を高める方法はないといえます。 

 

 

本当に「お金がもったいない」のか?

f:id:MORIKO:20191214154010p:plain

もしかすると「暖房器具は高いからお金がもったいない」と感じる人がいるかもしれません。

 

本体の費用だけではなく、灯油代や電気代もそれなりにかかりますからね。

たしかに安くはないでしょう。

 

でも、ただお金を捨てるわけではないんです。

お金と引き換えに暖かい空間、つまり快適さが手に入るわけです。

 

お金と快適さの交換

f:id:MORIKO:20191214154309p:plain

私たちは日常生活のなかで少なからず「快適さ」にお金を払っています。

 

たとえば自動車。

歩けばガソリン代はかかりません。

たとえば高速道路。

一般道で向かえば安く済みます。

それから洗濯機。

手洗いすれば電気代カットです。

あとは炊飯器。

釜を筒でフーフーやれば電気代カットです。

 

このように、もうすでに快適さを買っているんですね。

だったら今さら暖房にかけるコストをケチることはありません。

暖房器具を買っておおいに快適さを得ようではありませんか。

 

f:id:MORIKO:20191214154611p:plain

「あったかいってうれしいな」と甲本ヒロトも歌ってます。

「あったかいの大好きさ」って。

 

こたつだけはやめておく

じつは暖房器具のなかで、1つだけ手を出してはいけないものが存在します。

こたつです。

 

こたつだけはやめておきましょう

こたつに入ると、人は廃人になります。

「あったか過ぎてなにもしたくない」という本末転倒な事態になってしまうのです。

 

www.shortshortshort.jp

こたつから出る方法はこちらにあります。

が、できれば部屋そのものを暖められるエアコンや石油ファンヒーターを買うのがおすすめです。

 

www.shortshortshort.jp

「キャンドルは暖房の代わりになるのかなぁ?」と思ったので試してみました。

キャンドルは暖房の代わりになりませんでした。

 

まとめ

f:id:MORIKO:20191214154830p:plain

この記事では、「寒いから何もしたくないときの解決策」として、お金で解決する方法を勧めてきました。

 

いくら銀行にお金を預けても部屋は暖まりません。

1万円を払ってハロゲンヒーターを買うことで、1万円が「暖かさ」に変わります。

1万円を失うわけではなく、1万円を快適とトレードしているんですね。

これが損だと思いますか?

 

f:id:MORIKO:20191214155126p:plain

寒い部屋では凍えて指もロクに動かせないでしょう。

 

指が満足に動かないと、あなたが当サイトを閲覧するのにも支障が出ます

それは困る。私が困ります。もっと読んでほしいですから。

 

というわけで、まずは暖房器具を買いましょう。

 

以上、寒くて何もしたくないときの解決策でした。