好きな人に告白したけど「忙しいから」と振られたあなたへ

f:id:MORIKO:20200107135141p:plain

勇気を出して好きな人に告白したものの、「忙しいから付き合えない。ごめんなさい」などと振られてしまった。

あなたはいま、そんな状況でしょうか。

 

であれば、「忙しいから」という理由が気になっているかもしれません。

もし時間に余裕ができたら交際できるのか……などと考えたり。

 

そこでこの記事では、

  • 相手が本当に忙しい場合
  • じつは忙しくない場合

など、「忙しいという理由で振られたらどうすべきか」について書いていきます。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

告白を「忙しいから」と断られたら

f:id:MORIKO:20200107135544p:plain

「忙しい」というお相手の発言は本音かもしれませんし、建前かもしれません。

 

もし本当に恋愛をしている時間がないのだとしたら、タイミングさえ改めれば、再告白が成功する可能性があるといえます。

 

いっぽうで建前だった場合には、あきらめたほうがいいでしょう。

あなたが恋愛対象にならないとはハッキリいえないため、傷つけないようにオブラートに包み、「忙しい」という理由を挙げたのかもしれません。

つまり優しい嘘です(そんな優しさを見せられたらますますあきらめられませんよね)

 

好きな人が本当に忙しい場合

f:id:MORIKO:20200107135714p:plain

好きな人が本当に忙しそうな場合には、落ち着くのを待ってみてはいかがでしょうか。

 

相手が学生であれば、部活や受験勉強で忙しいのかもしれません。

社会人なら、仕事が繁忙期だったり、退職者の引き継ぎを行っていたりする可能性があります。

 

なんにせよ、いつまでもずっと忙しいわけではないはず。

どこかで一段落する瞬間がありますので、そこで再度アプローチしてみるのが良いと思います。

 

したがって、何によって忙しいのかは把握しておくべきだといえます。

それがわかっていなければ、落ち着いたのかどうかの判断もできません。

 

 

本当は忙しくない場合

f:id:MORIKO:20200105204251p:plain

「何があって忙しいのか」と訊いたときに答えがあやふやだったり、反対に忙しい要因をいくつも挙げるような場合には(言い訳がましい)、本当は忙しくない可能性が考えられます。

 

ほかにも、「忙しい」といっておきながらSNSを頻繁に更新している場合など。

 

こうしたケースでは、「忙しい」というのが、告白を体よく断るための建前だったとも考えられます。

 

つまり本当はそんなに忙しくないけど、あなたと付き合いたいとは思えない、ということです。

とても残念なことですが。

 

あきらめるのがベスト

f:id:MORIKO:20200107140016p:plain

おそらく恋愛対象として見られていないので、今後アプローチを続けても、恋が成就する可能性は低いといえます。

潔くあきらめて、次の恋へと気持ちを切り替えるのがベストでしょう。

 

あきらめる際のコツとしては、いったんアイドルを挟むことです。

 

www.shortshortshort.jp

こちらの失恋記事にも書いたとおり、 失恋の悲しみから這い上がるためには、アイドルでワンクッションおくのが良いんですよね。

 

すぐに次の恋を探すのではなく、まずはアイドルに恋をします。

女性アイドル、男性アイドル、アニメキャラクターなど。

(私はアイドルにハマり、グッズを買い、CDを買い、握手会に参加するなどし、傷を癒しました)

 

そうやって気を紛らわせているうちに、きっと素敵な人が現れます。

そうしたらまた現実世界にカムバックしてください。

 

あなたが告白した相手から「忙しさが落ち着いたんだけど、よかったら食事でもどう?」なんていうサプライズがあるかもしれませんし。

 

まとめ

f:id:MORIKO:20200106122600p:plain

「忙しいから」という理由で振られてしまったあなたへメッセージをお伝えしてきました。

 

いまはショックでなにも考えられないかもしれません。 

けれど、「忙しい」という言葉には建前と本音2つの可能性があって、もし本当に忙しいのだとすればまだチャンスは残っています

 

とりあえず多忙な相手をねぎらいつつ、虎視眈々とヒマになるのを待ちましょう。

 

以上、忙しいという理由で振られたときの対応についてでした。