【なぜ】高級車のレンタカーをダサいと感じる心理

f:id:MORIKO:20210427163001p:plain

高級車のナンバープレートに「わ」のひらがなを見つけたとき、反射的にダサいと感じていませんか?

 

とはいえ、ポルシェ、マセラティ、メルセデス・ベンツといった高級車そのものがダサいわけではありません。

むしろデザイン性や走行性能は、自動車界トップクラスです。

 

f:id:MORIKO:20210427163201p:plain

もちろん、レンタカーサービスという業態もダサくはありません。

レンタルDVDや図書館の本とおなじで、一定期間クルマを借りているだけです。

 

ところが、高級車とレンタカーが合体すると、途端にダサく感じられてしまいます。 

いったいなぜでしょうか。 

 

この記事では、

  • 私たちは復讐している
  • 私たちは悔しがっている

など、「高級車のレンタカーをダサいと感じる心理」をわかりやすく解説します。

ぜひ参考にしてみてください。 

 

 

高級車のレンタカーをダサいと感じる心理

f:id:MORIKO:20210427162609p:plain
牛丼とプリンはどちらも美味しい食べ物ですが、この2つをビビンバのようにグルグル混ぜあわせたら、残飯ができあがります。

 

牛丼とプリンの組み合わせは最悪で、とても食べられたものではありません。

すき家でも、松屋でも、吉野家でも、「プリン牛丼」を販売していないのがその証拠です。

 

f:id:MORIKO:20210427163646p:plain

高級車とレンタカーのコンビネーションもおなじです。 

つまり、相性がよろしくありません。

 

劣等感に苛まれる

f:id:MORIKO:20210427164006p:plain

高級車を見かけて、それが個人の所有物でなくレンタカーだとわかったとき、われわれの頭のなかではさまざまな感情が生まれています。 

 

まず、車両価格が1,000万円を超える高級車を目にして、「すごい」と驚きます。

というのも、リーズナブルな国産コンパクトカーと違って、高額な高級車を見かける機会は少ないからです。

 

そして次に芽生えるのが、劣等感です。

高級車を乗り回せるだけの高収入、経済的余裕を想像して、「いいな」と羨ましく感じます

 

f:id:MORIKO:20210427164153p:plain

「あんなにお金があったら人生もっと楽しいだろうな。あーお金が欲しい」

と経済力の差をまざまざと見せつけられ、自尊心が傷つき、ネガティブな気持ちになります。

 

ところが、です。 

よく見ると高級車のナンバーには、天皇が日本国の象徴であるように、レンタカーを象徴するひらがな「わ」が記されています。

 

f:id:MORIKO:20210427164435p:plain

つまり、私たちは騙され、ニセモノの劣等感を抱かされていたということです。

 

ここで怒りの感情が芽生えます。

まるで、ダマされて偽物のブランド品を買ってしまったかのような怒り、そして屈辱です。

 

 

「ダサい」で反撃開始

お金持ちが乗っていると思っていた高級車はハッタリで、ドライバーは、富裕層でもセレブでもありませんでした。

 

f:id:MORIKO:20210427164831p:plain

むしろ、ステアリングを握っているのはこちら側(中間層〜下流層)の住人です。

おなじ世界の住人にダマされたわけです。 

 

だからこそ私たちは、

「紛らわしいんだよ。勘違いさせやがって。レンタカーなら話は別で、ちっとも凄くなんかない」

と、劣等感によってイヤな気持ちにさせられたぶん、反撃したくなります

 

たとえるなら、いきなり「わっ!」と大声で驚かされたとき、怒りの感情が湧いてくるようなものです。

 

f:id:MORIKO:20210427165229p:plain
意味もなくビックリさせられたら、誰だってイタズラした犯人を「ウザい」と感じることでしょう。

寿命が、理不尽に縮まりかねません。

 

高級車のレンタカーに思う「ダサい」も、これに近い感覚です。 

私たちは騙された被害者で、高級車のレンタカーを乗り回して金持ちヅラしたどこかの誰かが、加害者です。 

 

f:id:MORIKO:20210427165607p:plain

一矢報いなければ気が済みませんし、やられっぱなしでは腹が立ちます。

だからといって、

  • 短足
  • 顔がデカい
  • 足がクサい
  • 洋服がボロ雑巾みたい
  • 髪型がザビエルみたい
  • 飛び出てる鼻毛で書初めできそう

といった誹謗中傷はできません。

なぜなら、ドライバーの特徴がわからないからです。

 

f:id:MORIKO:20210427165921p:plain

そんなこんなで、知恵をギューッと絞って出てくるMAXの罵声、罵倒のMAX、それが「ダサい」です。

 

「ダサい」には、「背伸びするなよ。紛らわしいから」といった不満も込められています。

 

まとめ

f:id:MORIKO:20210427170136p:plain

高級車のレンタカーがダサい理由をお伝えして来ました。

 

ポルシェやマセラティのレンタカーにたいして嫌悪感を抱いてしまうのは、それら高級車が、理不尽にプライドを傷つけてくるからです。

ナンバープレートに記されたひらがなが「に」だったり「ふ」だったりすれば、ダサいとは感じません。

 

f:id:MORIKO:20210427170339p:plain

どんな仕事をしてたらあんな高級車に乗れるんだろう?

と素朴な疑問が浮かび、医者と経営者くらいしか答えが見つからないまま、ただピカピカのボディに羨望の眼差しを向けるだけです。

 

それにたいして、高級車のレンタカーは反則です。

どうも、勝ち組です」ってな雰囲気を放っておきながら、実際にはハッタリだからです。

 

まるで、モデルのように容姿端麗な女友達と歩いているときに、「彼氏ヅラ」して肩で風を切る男のようなズルさだといえます。

 

f:id:MORIKO:20210427170639p:plain

理不尽な劣等感を味わわされ、迂闊にも自己肯定感を下げてしまった代償は、「ダサッ!ダセェ〜。レンタカーかよ、ダサすぎ」ときっちりかっちり払わなければ気が済みません。

 

  1. 高級車を見かけた驚き
  2. 羨ましさ
  3. 経済格差
  4. 劣等感
  5. 自尊心の低下

これらは意識以前、「反射」の世界で起こることなので、勘違いした私たちに落ち度はないといえます。

 

「ダサいダサい」と非難して、メンタルが負ったダメージの回復を図る権利なら、あります。

 

f:id:MORIKO:20210427171223p:plain

以上、高級車のレンタカーをダサいと感じる心理についてでした。

【結論】高級車というステータスシンボルで「経済力の違い」を見せつけられたかと思ったら、その車はレンタカーで、ドライバーは99%中間〜下流層だと判明する。騙された。ダマサレタ。damasareta. かといってドライバーがどんなヤツなのかわからないので、とりあえず抽象的かつ汎用的な悪口「ダサい」で反撃しておく。こんな心理的メカニズム。

 

www.shortshortshort.jp

高級車について、当サイトにはこんな記事もあります。 

 

www.shortshortshort.jp

軽自動車に関して、当サイトにはこんな記事があります。 

高級車を所有するオーナーはたいていお金持ちですが、いっぽうで、軽自動車に乗っている人間が「貧乏人」だとは限りません。