カローラクロスの「ボディサイズ」が4分半でわかる

f:id:MORIKO:20211025171141p:plain

2021年9月に登場したカローラクロスは、ヤリスクロスやライズよりも大きくて、RAV4やハリアーよりも小さなSUVです。

 

トヨタが販売するSUVのちょうど中間サイズ、TシャツならS、M、LのうちMサイズに該当するとお考えください。

  • XS:ライズ
  • S:ヤリスクロス、CH-R
  • M:カローラクロス
  • L:RAV4、ハリアー
  • XL:ランドクルーザー

こんなイメージです。

 

国産他社のSUVまで含めると、

  • ホンダ ヴェゼル
  • マツダ CX-30

これら2車種がボディサイズが近く、カローラクロスの実質的なライバルだといえます。

 

f:id:MORIKO:20211025171757p:plain

この記事では、

  • サイズと運転のしやすさ
  • 後席の広さをライバルと比較

など、「カローラクロスのボディサイズ」をわかりやすく解説します。

ほかのSUVと比較検討するため、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

カローラクロスのボディサイズ

f:id:MORIKO:20211025170256p:plain

まず、カローラクロスのボディサイズを数値で確認しましょう。

  • 全長:4,490mm
  • 全幅:1,825mm
  • 全高:1,620mm

ご覧のスペックとなっています。

 

ヤリスクロスは車内がちょっと狭い、だけどRAV4はボディが大き過ぎて運転に気を遣う……そんなユーザーにぴったりなのがカローラクロスです。

 

f:id:MORIKO:20211025172143p:plain

事実、アメリカのように広大な土地を持たない日本では、カローラクロスくらいのサイズが"ちょうど良い"のかもしれません。

  • 積載性
  • 居住性
  • 運転しやすさ
  • 駐車やすれ違いのしやすさ

こうした要素のバランスが取れている、ということです。

 

さすがは「もっともオーソドックスな国産車・カローラ」をSUV化したクルマです。

 

ライバル2車種と比較

f:id:MORIKO:20211025172632p:plain

カローラクロスのライバルとなるのは、

  1. ホンダ ヴェゼル
  2. マツダ CX-30

これら2車種です。

それぞれのボディサイズは以下の通りです。

 

まずホンダヴェゼルは、

  • 全長:4,330mm
  • 全幅:1,790mm
  • 全高:1,590mm

続いてマツダCX-30が、

  • 全長:4,395mm
  • 全幅:1,790mm
  • 全高:1,540mm

このようになっています。

 

カローラクロスは、

  • 全長:4,490mm
  • 全幅:1,825mm
  • 全高:1,620mm

ご覧のスペックでした。

3台中もっとも大きいのはカローラクロスです。

全長、全幅、全高すべてにおいてカローラクロスが最大です。

 

そのため荷室容量を比べると、

  • カローラクロス:487L
  • ヴェゼル:403L
  • CX-30:430L

このように、カローラクロスがダントツのトップを誇っています。

後部座席を倒すことなく荷室にゴルフバッグ4つを積むことができます。

 

f:id:MORIKO:20211025173138p:plain

もし家族や友人との旅行にクルマを使うのであれば、3車種のうち、カローラクロスを選ぶのが良いでしょう。

ラゲッジルームが広いので、足元や膝上に荷物を置かなくて済みます。

 

ただし、もし「狭い路地でのすれ違いが苦手」だとしたら、全幅1,800mmを切っているヴェゼルやCX-30にしたほうが運転が楽かもしれません。

さらにボディサイズが小さいヤリスクロスやライズなら、もっと楽に乗り回せます。

 

 

後部座席に1番余裕があるのは?

カローラクロス、ヴェゼル、CX-30のうち、もっとも後部座席が広いのはどれでしょうか。

やはりボディサイズが大きいカローラクロスでしょうか。

 

f:id:MORIKO:20211025173616p:plain

じつはそうでなく、後席がいちばん広いのはホンダのヴェゼルです。

全長がもっとも短いのはヴェゼルでしたが、意外にも、後席が(ダントツで)広いのもまたヴェゼルなのです。

 

これは、ホンダのMM思想(人のためのスペースを最大に、メカのためにスペースを最小にする)によるものでしょう。

したがって居住スペースの広さでクルマを選ぶなら、ホンダ車がおすすめです。

 

ただし既にお伝えした通り、ヴェゼルのラゲッジスペース(荷室)は3台中もっとも狭い点にご注意ください。

荷室の広さを割り切って、そのぶん後席を広くとっている証拠です。

 

f:id:MORIKO:20211025174128p:plain

カローラクロスとCX-30の後席に大きな差はありません。

が、2段階のリクライニングができるぶん、カローラクロスのほうが使いやすいといえます。

 

もちろん、後ろに人を乗せる機会がほとんどないのであれば、後部座席うんぬんを気にする必要はありません。

 

まとめ

f:id:MORIKO:20211025174605p:plain

カローラクロスのボディサイズは、トヨタが販売するSUVにおいて"Mサイズ"に該当します。

  • ライズは小さい
  • ヤリスクロスじゃ物足りない
  • RAV4は大きくて扱いが不便

こんな不満やニーズを解消する存在だといえるでしょう。

 

ライバルとなる他メーカーのSUVは、

  • ホンダ ヴェゼル
  • マツダ CX-30

これら2車種でした。

ボディサイズはほとんどおなじですが、荷室はカローラクロスが、後部座席はヴェゼルが、それぞれもっとも広く作られています。

 

とはいえ、ネット上でこうして数字だけを知っても「理解した」ことにはなりません。

ぜひトヨタのディーラーで展示車に触れてみてください

 

f:id:MORIKO:20211025174928p:plain

カローラクロスの試乗車があれば、(どうぜ無料なので)運転してみることをおすすめします。

ドライバーが感じる車両感覚やボディのサイズ感というのは、実際に走らせてみなければ体感できません。

 

f:id:MORIKO:20211025175204p:plain

ちょうど、ダブルベッドのサイズが知りたいならニトリやIKEAに行って実物を見るのが手っ取り早いのとおなじです。

 

以上、カローラクロスのボディサイズでした。

【結論】SUVの真ん中サイズ。フライドポテトならMサイズ、牛丼なら並盛り。ボディサイズが近いホンダヴェゼルとマツダCX-30はライバル。ディーラーに行って展示車や試乗車をチェックしよう。オプションや返済方法を選んで見積もりを取れば、いっそう具体的に購入をイメージできる。

 

ネット通販サイトAmazonでは、SUVに特化したムック本が売っています。

カローラクロスも収録されており、内外装やスペックをライバル車と比較できます。

 

カローラクロスを詳しく解説したムック本はこちらです。

 

www.shortshortshort.jp

トヨタRAV4のボディサイズに関して、当サイトにはこんな記事があります。