MAZDA3は運転しにくいのか?【難点は1,795mmの全幅とリアの視界】

世の中には、MAZDA3の運転を「難しい」と感じる人がいます。

その要因としては、

  1. 全幅が1,795mmあること
  2. リアの視界が悪いこと

これら2点が挙げられます。

 

たとえば、狭い道ですれ違う際に「全幅の広さ」を感じたり、バックで駐車する際に「後方視界の悪さ」を痛感するかもしれません。

 

では、ライバル車とくらべても、MAZDA3は運転しにくいのでしょうか。

難しさを克服する方法はあるのでしょうか。

 

この記事では、

  • ドライビングポジション
  • 長くて低いフロントノーズ
  • 1,795mmの全幅
  • 後方視界よりもデザイン優先

など、「MAZDA3(ファストバック)は運転しにくいのか」をわかりやすく解説します。

ぜひクルマ選びの参考にしてみてください。

 

 

MAZDA3は運転しにくいのか?

マツダは、クルマ好きから「オタク」と呼ばれるほど走りにこだわる自動車メーカーです。

したがって、クルマの作りが悪いから運転しにくい、なんてことはありません。

 

ドライビングポジションは人間工学に基づいて設計されており、たとえば、自然に足を伸ばした位置にペダルが配置されています。

 

くわえて、MAZDA3のアクセルペダルはオルガン式を採用しています。

  1. ロングドライブでも足が疲れにくい
  2. 繊細なペダルコントロールが可能

これらがオルガン式ペダルの長所で、BMWやポルシェといった欧州プレミアムメーカーもオルガン式にこだわっています。

 

「吊り下げ式しか運転したことがないから、オルガン式は慣れない」

と最初は違和感を覚えるかもしれませんが、すぐに慣れますし、むしろオルガン式のほうが良いと実感できるはずです。

 

そんなMAZDA3を運転しにくいと感じるとしたら、

  1. 全幅が1,795mmあること
  2. リアの視界が悪いこと

このあたりが原因となるかもしれません。

それぞれの詳細および対処法を見ていきましょう。

 

難点1. 全幅1,795mmのワイドなボディ

MAZDA3の全幅は1,795mmです。

 

このクラスとしては一般的なサイズで、「MAZDA3だけやたらボディがワイドだ」なんてことはありません。

ライバル車のカローラスポーツやシビック、ゴルフなども似たような数値です。

 

ちなみに、狭い日本の道路に適しているのは「全幅1,800mm以下のクルマ」だとされています。

MAZDA3はギリギリ適合していますが、それでも、道路環境や運転経験によっては「車幅が気になる」かもしれません。

 

ところで、これまでSUVやミニバンを運転した経験がありますか?

大きなクルマに乗ったことがあるなら、MAZDA3のボディサイズは「余裕」でしょう。

 

それにたいして、コンパクトカーや軽自動車からの乗り換えであれば、MAZDA3の全幅の大きさに少し戸惑うかもしれません。

  • 軽自動車:1,475mm
  • コンパクトカー:1,695mm

それぞれの全幅はだいたい上の通りで、1,795mmのMAZDA3よりもコンパクトだからです。

 

くわえてMAZDA3のボディには、

  • フロントノーズが長くて低い
  • ボンネットの先が見えない
  • 箱型でなく流線型(膨らみがある)

といった特徴があり、人によっては「車両感覚をつかみにくい」と感じる場合があります。

 

トヨタの高級ミニバン・アルファードは、ボディが箱型をしているため、ああ見えて車両感覚がつかみやすかったりします(端がどこにあるか把握しやすい)。

 

ちなみに、MAZDA3の最小回転半径は5.3mで、これもクラス内では一般的な数値です。

ライバル車のHONDAシビックは5.7mとボディサイズにたいして最小回転半径が大きく、小回りが利かないため、扱いにくさを覚えることでしょう。

 

MAZDA3が運転しにくい要因、ひとつ目は「1,795mmのワイドな全幅」です。

  • 自宅前の道路が狭い
  • 会社近くの道路が狭い
  • すれ違いが苦手

これらに当てはまる方は、対向車とすれ違うたびにストレスを感じるかもしれません。

ストレスを感じるだけならともかく、ブロック塀にでも擦ってボディを傷つけてしまったら最悪です。

 

ぜひディーラーでMAZDA3の試乗車を運転して、ボディサイズを確かめてみてください。

「車幅よりもボンネットの先が見えないのが怖い……」など、何らかの気づきが得られるはずです。

 

 

難点2. リアの視界の悪さ

MAZDA3は、バックで駐車する際に気を遣います。

というのも、斜め後方の視界が悪いからです。

 

MAZDA3のCピラー(後方のピラー)はライバル車よりも太く設計されており、後席横の窓ガラスが小さいため、そのぶん後方の死角が多くなっています。

 

デザインの狙いは「あえて違和感を出すこと」だったそうで、美しさを出すための工夫だといえるでしょう。

つまり、美しいデザインのために後方視界が犠牲になっている、ということです。

 

自宅や店舗の駐車場にバックで車を止めたり、前向きで駐車してバックで出る際に気を遣うかもしれません。

運転初心者でなくても、です。

 

ただし、MAZDA3には駐車をサポートする機能が標準装備されています。

具体的には、

  1. バックカメラ
  2. リアパーキングセンサー

これら2点です。

したがって、それほど心配することはないでしょう。

 

バックカメラで後方を確認できますし、もし障害物にぶつかりそうになったら、センサーが感知して警告してくれます(いざとなったら衝突回避のために緊急ブレーキが作動する)。

 

MAZDA3に試乗してみて、それでもやっぱり「駐車しにくい」と感じた方は、有料オプションの「360度ビューモニター」を付けることをおすすめします。

 

車両の前後左右にある4つのカメラを使い、車両を真上から見た(かのような)映像をモニターに映し出してくれます。

駐車のハードルが下がるに違いありません。

 

まとめ

MAZDA3のオーナー全員が「運転しにくい」と感じながら乗っているわけではありません。

難しく感じる人もいる、というだけの話です。

 

個人のスキルや経験、たとえば、

  • 空間認知能力
  • 身長や体型
  • 運転経験
  • 現在乗っているクルマ

などにより、MAZDA3の運転の難易度は変わります。

 

大型トラックのドライバーにとって、MAZDA3の運転は、自転車に乗るようなものでしょう。

ボディサイズにまったく気を遣わない、ということです。

 

あれこれお伝えしてきましたが、結局のところ、「あなたにとってMAZDA3はどうなのか」は試乗しなければわかりません

ぜひマツダのディーラーで試乗車を運転してみてください。

 

試乗するなら、まずスマホでMAZDAのWebサイトにアクセスし、店舗ごとの試乗車情報をチェックします。

というのも、MAZDA3の試乗車がないディーラーに行っても意味がないからです。

 

あわせて、

  • ボディ色
  • ガソリンかディーゼルか
  • オートマかマニュアルか

なども事前にご確認ください。

希望と一致していたら、そのままネット上で試乗予約を行います。

 

ちょうど歯医者や美容院とおなじで、予約を入れておいたほうがスムーズかつ確実に試乗できますし、他店から近くのディーラーへ「希望するMAZDA3の試乗車」を配車してもらえたりもします。

かならず試乗予約を入れてからディーラーに向かいましょう。

 

中古車ショップは試乗不可(エンジンをかけるだけならOK)としているケースが多いため、中古での購入を考えているとしても、ディーラーでの試乗をおすすめします。

  1. 全幅
  2. リアの視界

それから、オルガン式ペダルの操作感をMAZDA3の実車でご確認ください。

 

これ以上あれこれ悩んだり、ネット記事やYouTube動画で情報を集めたりしても、意味がありません。

 

想像力だけに頼るのはナンセンスです。

運転しやすいのかどうかは、MAZDA3に乗ればわかります

 

以上、MAZDA3は運転しにくいのか、でした。

【結論】人による。平気な人もいるし、運転を難しく感じる人もいる。障害になりやすいのは、全幅とリアの視界。考えて答えが出る問題ではないので、MAZDAのディーラーへ行って試乗しよう。まずはネットで試乗車の検索、予約からスタート。この美しさが手に入るなら、多少の運転のしにくさには目を瞑っても良いのでは。

 

ネット通販サイトAmazonでは、MAZDA3に興味があるユーザーにこちらのムック本が売れています。

紙媒体が売り切れている場合、Kindle版(電子書籍)もご購入いただけます。

 

www.shortshortshort.jp

MAZDA3の後部座席に関して、当サイトにはこんな記事があります。

 

www.shortshortshort.jp

マツダのガソリンエンジンとディーゼルエンジンについて、当サイトにはこんな記事があります。

 

www.shortshortshort.jp

ディーゼル車の欠点と向かない人の特徴に関して、当サイトにはこんな記事があります。