会社の昼休みに自宅に帰ってみた感想

  • 昼休みに自宅に帰る人っているの?
  • わざわざ家まで戻るの面倒じゃない?

という人に向けてこの記事を書きました。

 

会社の昼休み。私はかならず家に帰っています。そこで感じたこと、自宅での過ごし方、また周囲の反応などについてまとめてみました。

 

 

昼休みに家に帰る理由

f:id:MORIKO:20190219064910j:plain

まずは、「どうして自宅に戻るの?」という疑問にお答えします。

 

1. 家と職場が近いから

理由のひとつは「家が近いから」です。会社から家までの距離が1キロなので、10分もあれば歩いて帰宅できます(そうなるように引っ越しました)。

www.shortshortshort.jp

 

以前は車で片道25分のところに住んでいたので、さすがに帰ろうとは思いませんでした。1時間の昼休みが、職場と自宅を往復するだけで終わってしまいますからね。

現在は徒歩で片道10分です。家では40分ほど過ごせています。

 

2. リフレッシュできるから

職場よりも家のほうが圧倒的にリラックスできます。テレビを観るのも音楽を流すのも自由です。

温かい食事もとれますし、職場だと迷惑な納豆だって食べれます(ニオイがきつい)。トイレは待たずに使えるうえに、洗面所も混雑していません。腕立て伏せもできますし、スクワットだってできちゃいます。

 

ようするに、誰にも気を遣わなくていいんです

"昼休みは一人で過ごしたい"派の私にとって、自宅こそがベストな選択です。

 

自宅での過ごし方

帰宅したらまずは昼食の準備です。メニューは毎日おなじで、プロテイン、チーズ、バナナ。会社で見られたら「あの人って変わってるよね」と言われてしまうであろう内容です。

ただ、この食事にはちゃんと理由があります。午後の眠気対策です

www.shortshortshort.jp

 

昼食の準備ができたらリビングで食べます。食べながら読書をするか、あるいは録画した『情熱大陸』を観ています。ま、読書がほとんどです。

 

リラックスし過ぎて眠くなってしまい、「ソファに寝転がりたい」欲求に襲われることもあります。が、それだけは避けるようにしています。雪山の遭難と一緒で、「寝たら死ぬぞー!」ってやつなので。

※生物的には生存していても、社会的にジ・エンド。

 

他の社員の反応

私の会社は昼休みの帰宅および外出がOKです。

実際、社員の1〜2割が自宅へ戻っていて、とくに珍しいことではないんです。外食をしに出かける社員もいます。したがって、誰かになにかを言われたこともありません(「近くていいなぁ〜」は何度かありました)。

 

昼休みの帰宅がルール的にOKでも、誰もそうしていなければ帰りにくいですよね。私の職場は「自宅大好き人間」がわんさかいるので、とっても帰りやすい空気です。感謝しています。

 

昼休みを自宅で過ごすデメリット

最後に、昼休みを自宅で過ごすデメリットを紹介します。なんだか良さげに思えたかもしれませんが、決してプラス面ばかりではありません。

 

移動に時間がかかる

なんといっても職場と家の往復に時間がかかります。職場で過ごせば1時間まるまる使えたものが、帰宅することで30〜40分程度になってしまいます。

そのぶん家に帰ってから密度の濃い時間を過ごせますが、目減りしたような気分になるのは寂しいです。

 

移動に費やしている20分があれば、読書なら、相当なページ数を読み進めることができます。

 

会社に戻るのが嫌になる

f:id:MORIKO:20190222063559j:plain

リラックスするあまり、午後も仕事があるなんて信じられない!という心境になりがちです。で、職場に戻るのが億劫になります。「このまま寝ちゃいたいなぁ〜」って。

もちろんそれは無理なので戻ります。毎日まるでシンデレラのような気分です。

始業のベルが鳴る前に戻らなくちゃいけないの!」って。

 

まとめ

家は落ち着く。けれど、移動が面倒なうえにタイムロス。

そしてまちがいなく「会社に戻るの嫌だなぁ〜」という気分になる。が、打ち勝つしかないので、結果として精神力が鍛えられる

 

すなわち、昼休みの帰宅はメンタルトレーニング

決してラクじゃない。もしもこの記事を読んで「自宅で過ごしてみよっかなぁ〜」と思った方がいるならば、どうか心して帰宅せよ!