マニュアル車のメリット5個・デメリット5個

マニュアルの86に乗っている私が、MTのメリット・デメリットについてまとめてみました。

 

  • MTって楽しい?面倒?
  • 今どきMTなんて買ったら後悔する?

マニュアル車にこんな疑問を持っている人もいるかと思います。 

良いところも悪いところもすべて書いてありますので、「マニュアル車買おうかなぁ〜」と悩んでいる人はぜひ参考にしてみてください。

 

 

 

マニュアル車のメリット

まずはメリットから見ていきましょう。

 

MTは運転が楽しい

f:id:MORIKO:20190425061430p:plain

オートマとマニュアルを比べたら、マニュアルのほうが運転する楽しさがあります。

マニュアルだと「操ってる感」を味わえるんですよね。クラッチを繋がないと車が動かなかったり、走り出したら今度はシフトチェンジしなきゃいけなかったり。

機械にやってもらうんじゃなくて、自分がやる。それが「楽しさ」になるんです。

 

スポーツカーに乗っている人は、過半数がマニュアルを選択していますよね。

運転好きにとってオートマは物足りない。自分でガチャガチャやりたいってことだと思います。

 

MTは信号待ちがラク

オートマ車にはクリープ現象があるので、嫌でも車が前進していきます。よって、信号待ちではずっとブレーキを踏んでなきゃいけません。

 

一方、マニュアル車にクリープ現象はありません。 

ですので、信号に引っかかったらニュートラルに入れてサイドブレーキを引き、ブレーキペダルから足を離して待ってることもできます。

ブレーキペダルを踏んでいる必要がないのでとてもラクです。足が疲れません。

※オートマ車でもNに入れて同様のことはできますが、シフトを動かしにくいので面倒です。

 

MTは坂道でもよく走る

ギアを自分で選べるので、坂道でもグイグイ走ります。

オートマ車は「燃費を優先したギアチェンジ」を行うため、高いギアに入ることが多く、坂道ではパワー不足を感じることも多々あります。

 

トヨタ86のATとMTを両方運転したときに、MTのほうが坂道もスムーズだな、と実感しました(だから86のMTを買いました)。

 

MTは車両価格が安い

f:id:MORIKO:20190425061538p:plain

それから、安くて財布にやさしいのもマニュアル車の特徴ですね。

 

86(グレードGT)の新車価格を見てみましょう。

  • AT :3,048,840円
  • MT:2,981,880円

オートマとマニュアルで値段がちがいます。その差は66,960円。

マニュアルのほうがおよそ6万7千円安いんです。

 

マツダのロードスターはどうでしょうか。

グレードはSレザーパッケージです。

  • AT :3,207,600
  • MT:3,094,200

差額は113,400円です。11万3千円あれば高級ホテルに一泊できちゃいますね。

 

マニュアルを選ぶだけでお得になるんです。

運転が楽しいうえに安いだなんて、もうマニュアルを買うしかない!って思いませんか?

 

AT限定の人に自慢できる?

マニュアル車を運転する姿ってカッコいいと思うんです。

ちょっと残念な男子でも、マニュアル車でデートに現れたら、1.05倍魅力的に見えます。本当です。

 

AT限定の人を助手席に乗せると「スゴいね!」や「このレバーで何してるの?」、あるいは「忙しくて大変だね」等々の感想をもらえます。

後半は褒め言葉でもなんでもありませんが、それでもなんだか「えっへん!」な気分になれたりなれなかったりします。

 

マニュアル車のデメリット

とはいえ、いいことばかりじゃありません。

ここからはマニュアル車のデメリットを包み隠さず書いていきます。

これがMT車の現実です。

 

坂道発進で気を遣う

f:id:MORIKO:20190425061636p:plain

坂道で停止したら「うわ〜」ってなります。マニュアルだと発進に気を遣うんですよね。

後退すると後ろの車にぶつかってしまうので、緊張感があります(車間が近いおっさんだとなおさら)。

 

最近のマニュアル車には「ヒルスタートアシスト」という機能がついていて、簡単にいえば「後退しないように2秒くらい踏ん張ってくれる」ものもあります。

この機能があると少し気がラクにはなりますが、急な上り坂でしか発動してくれないのが難点ですね。

 

坂道の一旦停止はとくに最悪です。毎度サイドブレーキを引くのも大変ですし。

 

会話に集中できない

シフトチェンジに気をとられてしまい、同乗者との会話を楽しめません。

これは「2つのことを同時にできない」という私の不器用さゆえでもあります。

 

これがデートだったら最悪ですね。

運転に集中するあまり会話を忘れる男。……盛り上がりに欠けます。

 

同乗者を不快にさせる

オートマ車ほどスムーズには走れません。変速ショックが避けられないからです。

上手なタクシー運転手は、高速道路のつなぎ目でギアチェンジをしていた、なんて話を聞いたこともあります。つまり、どさくさに紛れて変えちゃえ、というわけ。

 

それだけ変速ショックを抑えるのは難しくて。程度の差はあれ、ガックンってなってしまうんですね。

運転している本人は平気でも、同乗者は酔うかもしれません。

 

これもデートだったら最悪です。

やたら揺れる静寂な車内。……もう降ろしてってなります。

 

走り出して家に激突?

f:id:MORIKO:20190425061723p:plain

マニュアル車は駐車時にかならずサイドブレーキを引かないといけません。かならずです。

これを怠ってしまうと大変なことになります。

 

ほんのちょっとの傾斜でもあれば、車が勝手に動いてしまうんですね。

 

私の知人はこれで民家に突っ込みました

車を止めて、サイドブレーキを引き忘れて、車に戻ったら民家の壁にぶつかっていた、と。元祖自動運転ですね(笑えませんが)。

 

指輪に傷がつく

シフトノブに当たるので、指輪をはめている人は注意が必要です(私は結婚指輪がカチカチ当たる)。

 

指輪に気を遣って運転すれば多少は避けられますが、それでも当たるときは当たってしまいます。

 

対策としては、

  • MTの運転時には指輪を外す
  • 手袋をはめる
  • 細心の注意を払う
  • 変速を諦める

などの方法が挙げられます。

とはいえ、4つ目の「変速を諦める」はオススメしませんのでやっぱり忘れてください。

 

まとめ

f:id:MORIKO:20190425061748p:plain

マニュアル車のメリットとデメリットをもう一度見てみましょう。

【メリット】

  • 運転がサイコー
  • 信号待ちへっちゃら
  • 坂道が坂道じゃない
  • 財布に優しい
  • 自慢できちゃう

【デメリット】

  • 坂道発進で冷や汗
  • 会話そっちのけ
  • 同乗者の反感買う
  • 民家を破壊する
  • 指輪傷だらけ

 

じつは私、オートマのスポーツカーに乗っていました。

でもずっと「マニュアルを運転したいなぁ」というモヤモヤがあって。

 

で、いまは86のMTに乗っています。

幸いにも「やっぱりオートマも運転したいなぁ」という欲求はありません( 甘いお菓子、しょっぱいお菓子、甘いお菓子みたいなスパイラルにはなりませんのでご安心を)。

 

個人的にはマニュアルがおすすめです。もし買いたい車にMTの設定があったら、勇気を出して選んでみてはいかがでしょうか。

まぁ、デートで失敗しても責任は負いませんけどね。

 

ひとこと

デメリットにはもうひとつ、スポーツカーなのに発進めちゃ遅い、ってのもあります。おばあちゃんの軽自動車に引き離されるっていう。

(たぶんヘタクソな私だけに起こる現象なので補足として)

 

私の所有する86はこちら。賛否両論のソリッドグレーです。

www.shortshortshort.jp