黄色い車に3年乗ってわかったメリット・デメリット【イエロー】

車を買うときに迷うのがボディカラーではないでしょうか。

色がちがうだけでガラッと雰囲気が変わりますよね。

 

この記事では、明るいけど奇抜なイエローという色について、黄色い車に3年間乗った私が感じるメリット・デメリットをお伝えしていきます。

ぜひクルマ選びの参考にしてみてください。

 

 

黄色い車のメリット・デメリット

f:id:MORIKO:20190806183329p:plain

私が乗っていたのはダイハツのコペンという軽自動車です。

イエローにしたのは、軽自動車のナンバープレート(黄色)と同色にしたらオシャレだと思ったから

最近は軽自動車でも白ナンバーを選べるようになりましたが、当時はイエローのみだったので、「だったらボディカラーも合わせよう」と思い黄色を選びました。

 

黄色い車のメリット

まずはメリットからご紹介します。

 

黄色い車は目立つ

黄色はとにかく目立ちます

危険を示す標識が黄色であることからもわかるように、イエローは人の注意を引く色なんですよね。

 

そのため、どこにいても周囲の視線を集めます。

「他人といっしょは嫌だ。個性的でありたい」というタイプの人には黄色いボディカラーがおすすめです。

 

駐車場で見つけやすい

駐車場で見つけやすい、という実用的なメリットもあります。

ショッピングモールなど大型商業施設の駐車場であってもすぐに見つけられますよ。

「どこに止めたっけなぁ?確かこのへんだったような……」などとさまようことはありません。

 

黄色い車は印象に残る

f:id:MORIKO:20190806183411p:plain

人に覚えてもらいやすいのもイエローの特徴です。

「黄色い車に乗ってる〜さんですよね」という感じで話しかけてもらえたりします。印象的なボディカラーなので記憶に残りやすいのでしょう

 

かつて塾講師として働いていたときには、生徒から「黄色い車の先生!」などと呼ばれていました。

「自分にはあまり特徴がない」と感じる人は、黄色い車に乗ってパンチを効かせるのもいいかもしれません。

 

黄色い車は気分を明るくする

イエローを見ると明るい気分になれるのもいいですね。

色彩心理学で黄色は"明るさや希望を与える色"だとされています。

 

会社へ行くのが億劫なときにも、黄色い車は「頑張ろっかな」という気分にしてくれます。気分が上がるんですよね。

 

ナンバーを選んで「2525(ニコニコ)」にしている人がいますが、本当にニコニコな気分になりたければ、数字よりもボディカラーのほうが重要です。

イエローを選んでハッピーな気分で出かけましょう。

 

黄色い車は傷がわかりにくい

黄色いボディカラーには洗車傷が目立ちにくいという長所もあります

コペンはブラックとイエローのツートンでした。ルーフ(屋根)だけがブラックです。

 

ボディを見るとブラックの部分だけ洗車傷やウォータースポットが目立っていて、イエローの部分はまったく気になりませんでした。

どんなに注意していても、車には大小さまざまな傷がついてしまうものです。

そんなとき、穏やかな精神状態でやり過ごせるのは黄色でしょう。

 

黄色い車は安全

黄色い車は視認性が高いので安全です。

ミラーに映っているのを見落としたドライバーが突っ込んでくる……というリスクを下げることができるでしょう。

 

一方で、アスファルトの色に近いシルバーやグレーは危ないですね。

黄色いコペンからグレーの86に買い替えた途端にヒヤッとする場面が増えました。

f:id:MORIKO:20190423193428p:plain

(道路みたいな色の86です。気づかれにくい……)

 

「ここにいるよ!」と猛烈にアピールできる黄色は、安全面でも大きなアドバンテージになるのです。

 

 

黄色い車のデメリット

続いては黄色い車のデメリットをお伝えします。

メリットが多い反面、苦労が多いのもイエローの特徴です。

 

黄色い車は目立つ(悪い意味で)

目立つのはメリットでもありデメリットでもあります。

というのも、誰かに目撃される機会が増えてしまうんですよね

 

「この前見かけたよ。どこに行ってたの?」という具合です。

たとえば換金ショップなど、あまり見られたくない場所へ行くこともあるでしょう。

そんなときにはイエローというド派手なボディカラーがネックになります。目立たずに向かうことなどまず不可能です。

 

偶然見ていた知人に「うわ。アイツこんなところで何やってんだ?」と思われてしまうかもしれません。

黄色い車はそうそう走っていませんので、「まちがいなくアイツだ」と確信を持って目撃されてしまうわけです。これが何気に厄介だったり。

(知り合いからの目撃情報がドシドシ寄せられますよ……放っておいてほしい!)

 

黄色い車はデリケート

f:id:MORIKO:20190806183447p:plain

洗車用の洗剤を買うときには注意してください。 

なぜなら「全色にお使いいただけます※イエローを除く」のような表記がけっこうあるからです。

おそらく塗装を傷めてしまうのでしょう。

 

シャンプー購入時にはかならず注意書きを読む必要がありますね。

 

黄色い車には虫が寄ってくる

黄色い車を買って驚いたのは、とにかく虫が寄ってくることでした。

買い物を済ませて駐車場に戻ると私の車だけ虫だらけ。なんてことはザラにあります。

 

虫たちは明るい場所に集まる習性があるので、黄色いボディに寄ってきてしまうのかもしれません。

虫が苦手な人にとってはしんどいですよね。

かくいう私も虫は苦手なので、見るたびに「気持ちわるぅ〜!」という残念な気持ちになっていました。

(走り出せばすぐどこかへ飛んで行きますが)

 

黄色い車は変わり者だと思われる

f:id:MORIKO:20190806183533p:plain

良くも悪くも他人とはちがう黄色いボディカラーを選ぶと、周囲から「あの人って意外と変わってるんだね」などと思われます。

 

黄色を選ぶなんて普通じゃない。クレイジーだ。変わり者だ。

人々の心のなかにはそうした固定観念があるようです。

 

どれだけ真面目そうに見えても(そして実際に真面目であっても)、黄色い車に乗っているというだけで「クセがありそう」という判断を下されてしまう。

なんだか損ですよね。

 

普段から底抜けに明るいキャラクターであれば、すんなり受け入れえてもらえるのかもわかりません。

ですが、真面目だったりおとなしかったりするほどイエローの車を買った場合のギャップが大きくなるので、ヒソヒソいわれてしまうわけです。

まぁ、他人の目など気にせず乗ったらいいとは思いますが。

(私自身は気にしていませんでした。"変人"を否定できないので)

 

黄色い車は査定が低い

人気色は白と黒ですね。手放すときに高く売れるのは白と黒です

黄色はけっしてプラス評価にはなりません。

 

もし売却するときのことまで考えるなら、黄色ではなく白か黒を選ぶのが無難です。

でないと、買取業者に「色がちょっとねぇ 」を連発され、低い査定価格を提示されてしまいます。

 

 

黄色い車はタクシーと呼ばれる

ニューヨークのタクシーが黄色いせいで、「おいタクシー」などと呼ばれることがあります。

「タクシーなんだから家まで送ってよ」という面倒くさいジョークで絡んでくる人もいます。

 

最初のうちは楽しく応戦できますが、複数人からおなじボケをされているうちに「またかよ」という感情だけが芽生えるようになります。

幸いにも、本当に道端で止められるようなことはありませんでしたが(外国人だと勘違いするかも?)。

 

 

まとめ 

ボディカラーにイエローを選んだ場合、たくさんの良いことと悪いことが起こります。

ポジティブに解釈すれば、無難なカラーではできない経験ができる、といえるでしょう。

 

見知らぬおばあさんから「ナンバープレートは車の色とおなじ色に塗ったんですか?」と聞かれるのも、黄色ならではです。

おばあさん、それ犯罪です。

 

とにもかくにも、私は黄色を選んで良かったと思っています。所有していた3年では、とくに日焼けによる退色などもありませんでした。

 

個性的でキュートなイエロー。もし迷っているなら勇気を出して選んでみては?