好きな人から「好きな人誰?」と聞かれたときの答え方

f:id:MORIKO:20191031174359p:plain

自分が好きな人から「好きな人誰?」なんて聞かれたら困ってしまいますよね。

恥ずかしくて「あなただよ」とはいえませんし。

 

そこでこの記事では『好きな人から「好きな人誰?」と聞かれたときの答え方』をご紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

好きな人から「好きな人誰?」と聞かれたら

f:id:MORIKO:20191031174256p:plain

まず、嬉しいお知らせがあります。

もし好きな人から「好きな人教えてよ」と聞かれているとしたら、相手もあなたを好きである可能性がとても高いといえます。

 

相手はあなたに告白する勇気がないので好きな人を探ろうとしているのです。

「〜さんだよ」と相手ではない人を答えたら、あきらめるつもりなのでしょう。

 

あなたが「教えない」と答えた場合には自分を好きな可能性があるので、まだ希望があると判断する。

そんなところだと思います。

 

f:id:MORIKO:20191031174648p:plain

ですので、なんというか、おめでとうございます。

あなたたちはきっと両想いです。 

 

「先に教えてよ」と返事をする

f:id:MORIKO:20191031174923p:plain

好きな人を聞かれたら、「じゃあ先に好きな人教えて」と返すのがおすすめです。

あなただけが教える必要はどこにもありませんからね。

 

「あなたが教えてくれたらこっちも教えるよ」という態度でいいのです。

相手もあなたのことが好きなら、「教えない」などと答えるはず。

そうしたらあなたも「じゃあ教えない」と返事をしましょう。

 

たぶん両思いなので、茶番でしかありませんが。

 

ヒントを与える

f:id:MORIKO:20191031175119p:plain

好きな人に「自分もあなたを好き」だと気づかせるために、ヒントを出すのもひとつの手です。

 

たとえば「テニス部」とか「このクラスにいる」とか。

相手はきっと「自分だったら最高!」という気持ちで質問してきているので、ヒントに自分が該当しているとわかれば、嬉しそうな顔をするはず。

 

ですので、ヒントを与えるときには、相手の表情をよく観察しておくのがいいでしょう(LINEの場合は反応)。

もし嬉しそうな顔をしたら、たぶんあなたに好意があります。

 

 

あえて嘘をつく

f:id:MORIKO:20191031175416p:plain

高等テクニックですが、あえて嘘をつくのもおすすめです。

「好きな人はこのクラスにはいない」などと嘘をついて、相手が該当していないことを伝えます。

 

あなたに好意があれば、相手はあからさまにガッカリするでしょうから、その表情を確認したらすぐに「ウソ。おなじクラスにいる」と教える。

で、表情を観察します。たぶん今度はあからさまに嬉しそうにするので。

 

これで、相手があなたに好意があることが明らかになりました。

あとは「どちらから告白するか」という問題だけです。

 

 

コレに注意!

f:id:MORIKO:20191031175703p:plain

ここまでは「両想い」を前提に話を進めてきました。 

ですが、まれに両想いではないケースもあるのです。

 

たとえば、あなたの好きな人の友達が、あなたを好きな場合です。

友達のために、あなたの好きな人が質問してきている可能性がありますよね。

 

そういうわけなので、好きな人から「好きな人教えてよ」といわれたからといって、「自分のことを好きなんだ!」と決めつけるのは危険です。

ぜひ相手の表情などをよく見て、あなたに気があるのかどうかを判断してみてください。

 

まぁ、LINEで質問をされた場合には、表情を確認することなどできませんが。

 

まとめ

好きな人から「好きな人誰?」と聞かれたら困ってしまいますよね。

でも、これはチャンスでもあります。

 

勇気を出して「あなただよ」と答えてしまうのもいいかもしれません。

そうすれば、(おそらく)相手はあなたのことが好きなので、ふたりの恋はみごとに成就するというわけです。

 

以上、『好きな人から「好きな人誰?」と聞かれたときの答え方』でした。

ドキドキするかと思いますが、頑張ってください。