好きな女子をデートに誘ったら「他に誰誘う?」といわれたあなたへ

f:id:MORIKO:20200119143249p:plain

好きな女子をデートに誘ったのに、女子から「あとはだれ誘う?」といわれたら……ショックですよね。

彼女と2人きりでデートがしたいわけですから。

 

そこでこの記事では、

  • 2人きりのデートは実現可能か
  • 「他に誰誘う?」は脈なしなのか

など、「複数人で出かけたがる女子の心理」について書いていきます。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

デートに誘ったら「他に誰誘う?」と返ってきた場合

f:id:MORIKO:20200113155245p:plain

「他にも誰か誘おうよ」という返事がきたら、2通りの解釈ができます。

  • 脈あり
  • 脈なし 

 このどちらかです。

 

脈ありだとしたら

その女子もあなたのことが好きで、「恥ずかしいから、いきなり2人なんてムリ!」と考えているパターンがまず1つです。

これだったらめちゃくちゃ可愛いですね。

 

脈なしだとしたら

f:id:MORIKO:20200117115328p:plain

いっぽうで残念なのが「2人で出かけるってデートじゃん。そんなのムリムリ」というパターン。

女子はあなたに恋愛感情がなく、たぶん恋愛に発展する可能性もありません。

つまり脈なしです。

 

あなたと二人でいるところを知り合いに見られたくない、という思いがあるのでしょう。

もしくは、あなたと二人では楽しめないと感じているか。

 

女子の意図を見極める方法はあるか?

f:id:MORIKO:20200119143727p:plain

そこであなたが気になるのは、「どっちのパターンなのか」ですよね。

 

2人きりは恥ずかしくてムリなのか、シンプルにムリなのか。天国か地獄か。

 

女子の言い方や(LINEなら)ふだんの仲の良さなどで、なんとなく判断できるのではないでしょうか?

つまり彼女の真意を見極めるポイントは「雰囲気」です。

 

 

好意か嫌悪感かの2択

なんだか抽象的なアドバイスですが、それしかありません。

 

全力で感じ取ってください。自分に向けられているのが好意か嫌悪感か。

正反対なので、すぐに判断できるかと思います。

 

「この匂いはカレーでしょうか、それともクッキーでしょうか?」という二択クイズみたいなものですからね。

簡単です。正解できないはずがありません。

 

「2人で行こうと思ってた」と返してみる

f:id:MORIKO:20200119144101p:plain

女子の真意がわからなければ、あなたの本音を伝えてしまいましょう。

素直に「2人で行こうと思っていたんだけど」と。

 

ほぼ好意を晒すことになってしまいますが、それで構いません。

あなたの愛を、真剣さを、彼女に届けるのです。

大人数で出かけたとしても、なかなか恋愛には発展しませんからね。

 

ここはもう「全か無か」です。

つまり、2人だけでデートをするか、なにもしないか。

あなたに「複数人で一緒に出かける」という選択肢はありません。

 

プチ告白だと思って、勇気をふり絞りましょう。

 

まとめ

f:id:MORIKO:20200119144312p:plain

デートの誘いはOKされたものの、複数人で行く流れに戸惑っているあなた。 

そんなあなたに向けた記事を書いてきました。

 

OKなのは嬉しいけど、他の連中もデートに参加するとなると、素直に喜べませんよね。

私だったら絶対に嫌です。好きな女子と2人で出かけることにこそ意味があるので。

 

彼女の返事で好意がわかる

f:id:MORIKO:20200119144455p:plain

では最後に細かいことを書きます。

彼女の返事をもう一度よく思い出してください。もしくはスマホの画面でチェックしてください。

 

「いいけど、他に誰誘う?」

これは脈なしです。

「うん、行きたい!他に誰か誘うの?」

これは脈ありです。

 

前者は「複数人で行くことが前提」となっていて、あなたと2人でデートをする気がありません。

 

後者はちがいます。

これは「2人きりのデートかどうか」の確認です。

つまり、相手の女子もあなたと2人で出かけたいわけですね。だから念のために「2人だけなの?」と確かめているのです。

 

「誰誘う?」は脈なし。

「誰か誘うの?」は誘うかどうかを確認しているので、脈ありが濃厚。 

このように判断してみてください。 

 

以上、好きな女子をデートに誘ったら「他に誰誘う?」といわれたあなたへのメッセージでした。

  

www.shortshortshort.jp