昼間に散歩やウォーキングをするデメリットは紫外線を浴びること

f:id:MORIKO:20200418180125p:plain

健康維持のために散歩やウォーキングをしていませんか?

昼間に屋外を歩いているとしたら、 皮膚が紫外線のダメージを受けている恐れがあります。

 

この記事では、

  • 紫外線を浴びるデメリット
  • 紫外線を避ける方法

など、「昼間の散歩やウォーキングにまつわる紫外線問題」について書いていきます。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

昼間の散歩やウォーキングにまつわる紫外線問題

f:id:MORIKO:20200418175806p:plain

昼間のウォーキングが、かならずしも健康的であるとは限りません。

なぜなら昼間に外を歩けば、太陽光が含む紫外線を浴びることになるからです。

 

紫外線による肌へのダメージは、シミやシワの原因になります。

細胞を傷つけ、皮膚がんのリスクを高めるともいわれています。

健康のために歩いたせいでがんのリスクが高まっているとしたら、体に良いんだか悪いんだかわかりません。 

 

強力なエネルギーを持つ紫外線は、肌の奥にまでダメージを与えます。

日中に外を歩くなら、紫外線対策を行ったほうがいいでしょう。

トマトが体に良くても付着した農薬は有害であるように、物事にはいくつかの側面がある。ウォーキングにおける紫外線問題もその一つ。

 

紫外線はなぜ皮膚に悪い?

f:id:MORIKO:20200418180434p:plain

紫外線がどうしてシミやシワの原因になるかをご存知ですか?

 

紫外線を浴びた皮膚はメラニンという物質を作って紫外線をブロックします。

メラニンは、細胞のなかに入っているDNAや、皮膚の深いところにある真皮を守ってくれます。

 

ところが、紫外線を大量に浴びるとメラニンが作られ過ぎてしまう。

過剰なメラニンが排出されず、表皮に残った結果できるのが、シミです。

 

くわえて紫外線はシワの原因にもなります。

真皮まで届くUVA(A紫外線)のせいで正常なコラーゲンが作られなくなり、表面の皮膚を支えられなくなって、シワができてしまうのです。

 

健康にはなりたくても、老けたくはないはず。

昼間にウォーキングをするのであれば、(曇っていても)紫外線対策は欠かせません

 

 

回避策1. 紫外線対策を行う

紫外線から身を守るには、紫外線をブロックしてくれる商品が役に立ちます。

  • 帽子
  • 日焼け止め
  • サングラス
  • UVカットウエア

などのアイテムです。

 

f:id:MORIKO:20200418180858p:plain

肌の露出を抑え、顔など隠せない箇所には日焼け止めを塗る

これがベターな対策です。

 

ニベアサン プロテクトウォータージェル SPF50/PA+++ ポンプ 140g

ニベアサン プロテクトウォータージェル SPF50/PA+++ ポンプ 140g

  • 発売日: 2015/02/21
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
 

紫外線対策をして歩きますか?

それとも皮膚で紫外線対策を受け止めますか? 

 

回避策2. 夜に歩く

f:id:MORIKO:20200418181153p:plain

日焼け止めクリームなどなどの紫外線対策が面倒であれば、ウォーキングの実施時間をずらしましょう。

 

紫外線のダメージを考えたら、太陽が出ている昼間ではなく、陽が沈んでから歩くのがおすすめです。

夜間なら紫外線対策は不要です。 

 

したがって紫外線対策グッズも必要ないため、

  • お金を節約できる
  • 時間を節約できる

といったメリットを享受できます。

合理的に考えたら、夜に歩くのが正解です。

 

夜間に歩くデメリットとしては、

  • 車に轢かれる危険性
  • 変質者に会う危険性

が挙げられます。

 

自動車やバイクに跳ねられないよう、反射バンドをつけて歩くのがおすすめです。

車のライトを反射するので、ドライバーが気付きやすくなります。

反射バンドで自分の存在をアピールしましょう。 

 

変質者対策グッズとしては、防犯ブザーがあります。

不審者が現れたら、ブザーを鳴らして周囲に助けを求めましょう。

 

……夜間のウォーキングは物々しいですね。

日中の紫外線も危険ですが、夜には夜の危険が潜んでいます。

 

まとめ

f:id:MORIKO:20200418181507p:plain

昼間の散歩やウォーキングにまつわる紫外線問題について書いてきました。

夜なら紫外線はありませんが、クルマに轢かれる恐れや、不審者に襲われる恐れが高まります。

 

そう考えると、紫外線対策をして昼間に歩くのがベストなのかもしれません。

 

いえ、もっと良い解決策がありました。

それは「ルームランナーの導入」です。 

これなら、

  • 紫外線対策必要ナシ
  • クルマに轢かれる心配ナシ
  • 不審者に襲われる心配ナシ

ってなもんです。

おまけに天候の影響を受けません。外が雨でも雪でもお構いなし。

 

f:id:MORIKO:20200418181751p:plain

というわけで、最終的に「ルームランナーを買うべし」という結論に至りました。

ぜひルームランナーをお買い求めください。

この資本主義社会では、たいていの問題がお金で解決可能。ウォーキング時の紫外線問題も例外ではない。