雨の日はウォーキングを中止にすべき。2つの理由と代替案

f:id:MORIKO:20200516173908p:plain

ウォーキングを習慣にしている人にとって悩ましいのが雨です。

 

雨が降っていても歩こうか。それともウォーキングは中止にするべきか。

迷っているなら「中止」がおすすめです。

雨の日に屋外を歩くことはありません。

 

この記事では、

  • 雨の日にウォーキングをすべきでない理由
  • 家のなかでできる運動

など、「雨の日のウォーキングをやめるべき理由と代替案」について書いていきます。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

雨の日のウォーキングをやめるべき理由と代替案

f:id:MORIKO:20200516173247p:plain

雨が降っていたらウォーキングは中止にするべきです。

なぜなら、外を歩くメリットよりもデメリットのほうが大きいからです。

 

歩く目的は、

  • 健康のため
  • 快眠のため
  • ダイエットのため

など人それぞれでしょう。

が、いずれも「ウォーキングでなければならない」わけではありません。 

 

痩せることが目的なら、室内でほかの運動をすればいいだけです。

健康維持にしてもそうです。

 

江戸時代だったら、隣町まで移動するには歩くほかありませんでした。

土砂降りでも雷雨でも歩いていたはずです。

 

でも、現代にはクルマも電車もあります。 

足元が悪い雨の中を"レクリエーションのため"に歩くことはないのです。

 

1. 良い気分で歩けないから

f:id:MORIKO:20200516174422p:plain

晴れの日と雨の日。

どちらのほうが快適に歩けるかは明らかです。

 

どんよりとした雨の日には、気分が下がります。

低い気温がウォーキングの意欲を削ぎます。 

 

雨で顔が濡れます。

クルマに水飛沫を浴びせられて、靴やズボンが濡れます。

風邪を引いてしまうかもしれません。

 

雨天のウォーキングはデメリットばかりです。

「雨だからって自分を甘やかしてはダメだ」

そう考える方もいるでしょう。

ですが、運動はウォーキングがすべてではありません。

 

スクワットや踏み台昇降など、運動はほかにもたくさん存在しています。

ウォーキングへの固執を捨てましょう。

歩くなら、晴れの日もしくは曇りの日がおすすめです。

 

 

2. 雨天用のアイテムが必要だから

雨の日にウォーキングをするとなれば、それなりの準備や格好をしなければなりません。

  • レインコート
  • 防水シューズ

などのアイテムを揃える必要が生じます。

 

f:id:MORIKO:20200516174722p:plain

世の中に運動がウォーキングしか存在しないなら、これらのグッズを買うべきでしょう。

 

ですが、自宅でできる運動はほかにいくらでもあります。

こうした専用のグッズを揃えてまでウォーキングにこだわる必要はありません。

 

雨天でも歩けるようにレインコートや防水シューズを買うだけのお金。 

これらを保管しておくだけのスペース。

お金とスペースを犠牲にしてまで、ウォーキングを選択しますか? 

しかもテンションは上がらず楽しくもない。まるで修行のような気分で歩くというのに。

 

ウォーキングに代わる雨天時におすすめの運動

f:id:MORIKO:20200516175025p:plain

雨の日のウォーキングは、

  1. 気分が上がらずツラいだけ
  2. 専用グッズを買うのが無駄

という2つのデメリットがあります。

 

雨が降ったら遊園地のジェットコースターは運休になりますし、小学校の運動会は延期になります。

ウォーキングもおなじことです。

風邪を引く、衣服が汚れるといったリスクが高いため、雨の日の散歩は中止にしましょう。

 

そこで代替案を2つご紹介します。

いずれも室内でできる運動です。

 

1. 片足立ち

f:id:MORIKO:20200516175138p:plain

片足立ちで脚の筋力を鍛えてはいかがでしょうか。

片足立ちを1分間行った際の負荷は、50分間のウォーキングに相当するといわれています。

 

50分間のウォーキングを1分間にギュッと凝縮できるだなんて信じられないかもしれません。

が、実際に片足で立ってみてください。 

脚にかかる負荷に驚くはずです。

 

雨の日に片足立ちで筋力をアップさせておけば、今後スピーディに歩け、ウォーキングの効率も高まります。

スクワットと違い、片足立ちはヒザや腰に負担がかからない点が良い。

 

2. 踏み台昇降

f:id:MORIKO:20200516175428p:plain

片足立ちは「脚の筋力」だけを鍛えるものです。

したがって、全身運動にはなりません。

 

室内でウォーキングに代わる有酸素運動を行いたい方には、踏み台昇降をおすすめします。

やり方は、踏み台に昇って、降りて、昇って、降りてという動作を繰りかえすだけです。

 

ウォーキングとおなじように腕を振って行えば、全身運動になります。 

地味なようで疲れるのが、効いている証拠です。

 

片足立ちで脚の筋力を鍛えて、踏み台昇降で全身を使う。

雨天時の室内運動は、この組み合わせがおすすめです。

 

昇降台はこちらをどうぞ。

高さ調整できるので、ご自身にあった負荷を選べます

自宅でウォーキングができる運動器具としてステッパーというものもあるが、ステッパーは「音がギーギーうるさい」と感じる人が多い。シンプルで静かな踏み台昇降がベスト。

 

以上、雨の日のウォーキングをやめるべき理由と代替案でした。

結論。雨に濡れてまでウォーキングを敢行するメリットはない。靴が濡れて嫌な気分になるし、レインコートを乾かしてたたむのは面倒。雨天だったら家で運動しよう。