MAZDA3におすすめのボディ色はメタリックカラー。白と黒は論外です

f:id:MORIKO:20200903164328p:plain

クルマを買う際に悩むのがボディカラーです。

MAZDA3には全8色が用意されており、どのカラーを選んだら良いか迷ってしまうのではないでしょうか。

 

ひとまず、白と黒は選択肢から外したほうが良いでしょう

なぜなら白と黒は、マツダの美しい魂動デザインを台無しにする色だからです。

 

この記事では、

  • マツダが推しているカラー
  • 美しさが際立つソウルレッド

など、「MAZDA3におすすめのボディ色」をわかりやすく解説します。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

MAZDA3におすすめのボディ色はメタリックカラー

f:id:MORIKO:20200903163856p:plain

MAZDA3には全8色のボディカラーが設定されています。

 

  1. スノーフレイクホワイトパールマイカ
  2. ジェットブラックマイカ
  3. ディープクリスタルブルーマイカ
  4. チタニウムフラッシュマイカ
  5. ソニックシルバーメタリック
  6. マシーングレープレミアムメタリック
  7. ソウルレッドクリスタルメタリック
  8. ポリメタルグレーメタリック

ここから消去法により、ホワイトとブラックの2色が選択肢から外れます。

というのも、白も黒もMAZDA3のデザインには合っていないからです。

 

MAZDA3に白と黒が似合わない理由

f:id:MORIKO:20200903164559p:plain

MAZDA3に白と黒は似合いません。

なぜなら、MAZDA3という車は、ボディの流れるような美しさ、絶妙な光の反射に魅力が詰まっているからです。

 

メタリックカラーであれば、MAZDA3がもつボディ表面の流れやうねりが美しく映えます。

ところが、ホワイトやブラックには、メタリックカラーのような「光の反射」がありません。

 

結果として、白や黒でボディを塗装されたMAZDA3は、デザインを引き算しすぎて小ざっぱりした、物足りない自動車のようにしか見えなくなります。

シルバーやゴールドの指輪と違い、白や黒の指輪はダサくて安っぽい。それとおなじ。

 

MAZDA3で白や黒を選んでしまうのは、「センスがありません。魂動デザインの魅力をよくわかっていません」と喧伝しているも同然です。

恥をかくだけですので、ホワイトとブラックは避けておいたほうが良いでしょう。

 

とりわけホワイトは、特別塗装色として追加費用がかかる有償カラーです。

わざわざお金をかけてMAZDA3をダサくする必要はありません。 

 

 

おすすめはメタリックカラー

ゴテゴテとした装飾をせず、フォグランプすら排除し、面の美しさだけで勝負しているMAZDA3には、光が反射するメタリックカラーがよく似合います

 

f:id:MORIKO:20200903164946p:plain

白と黒以外のボディ色であれば、どのカラーを選んでもハズレはないでしょう。

  • ソウルレッドクリスタルメタリック
  • ポリメタルグレーメタリック
  • ソニックシルバーメタリック

このあたりのカラーがMAZDA3にはおすすめです(ファストバック、セダン問わず)。

いずれのボディ色も魂動デザインの魅力をじゅうぶん引き出してくれます。 

 

ソウルレッドクリスタルメタリックがベスト

f:id:MORIKO:20200903165114p:plain

MAZDA3にもっともよく似合うのは、ソウルレッドクリスタルメタリックに違いありません。

その証拠に、メーカーカタログにはソウルレッドのMAZDA3が使用されています。

 

ところであなたは、MAZDA3ソウルレッドの実車を見たことがあるでしょうか。

その美しさは、国産車のなかで群を抜いています。

ソウルレッドで塗装されたMAZDA3の風格たるや、もはや超高級車のソレといっても過言ではありません。

 

白や黒のボディ色では引き出せない魅力が、ソウルレッドからは放たれています。

MAZDA3を買うならメタリックカラーを選ぶしかないでしょう。

 

マツダのソウルレッドは渋みがあり、40〜50代の男性が乗っていてもまったく違和感がありません。

むしろ「センス抜群のオヤジ」ってなもんです。

 

つまり、性別や年齢を気にしてソウルレッドを断念するのはもったいない、ということです。

 

まとめ

f:id:MORIKO:20200903165635p:plain

MAZDA3におすすめのボディ色をお伝えしてきました。

 

自動車のボディカラーは印象を大きく左右するため、とても重要です。

MAZDA3で白や黒を選ぶのは論外なので、やめておきましょう。

センスの無さが露呈するだけです。 

 

せっかくMAZDA3という美しいクルマを買うのであれば、その美しさを存分に引き出してくれるメタリックカラーを選ぶのが正解です。

とりわけ、

  • ソウルレッドクリスタルメタリック
  • ポリメタルグレーメタリック
  • ソニックシルバーメタリック

などが、MAZDA3にはよく似合うのではないでしょうか。

 

マツダという自動車メーカーは、ボディの面と面のつながり(たとえば前席ドアパネルと後席ドアパネル)で光の映りこみが連続するように工夫・改良するなど、細部にまでこだわってクルマを作っています。

 

職人のこだわりを体現できるのがメタリックカラーだ、ということです。 

MAZDA3で白や黒を選んでしまう人は、おそらく何もわかっていないのでしょう。

 

以上、MAZDA3におすすめのボディ色でした。

結論。白と黒以外を選ぼう。メタリックカラーがよく映える。とりわけソウルレッドのカッコ良さは尋常でない。

 

www.shortshortshort.jp

MAZDA3には、ソニックシルバーメタリックというボディ色が設定されています。

「シルバーはダサい」と考える人もいるようですが、果たして本当にそうでしょうか。

 

www.shortshortshort.jp

マツダが魂動デザインへシフトし、現在の地位を築くまでのヒストリーを知れる本です。

本書を読めば「マツダ」というメーカーを好きになること必至です。

マツダ車を買うなら、マツダについて知っておきませんか?