【NG】LINEのアイコンをカップルのツーショット画像にすべきでない理由

f:id:MORIKO:20201018093743p:plain

LINEのアイコンに、カップルの2ショット写真を使用している人が世の中にはいます。

 

恋人とのラブラブっぷりをアピールしたいのかもしれませんが、ツーショット画像の利用は、やめておいたほうが良いでしょう。 

なぜなら、イタくて、ダサいと周囲に思われる恐れがあるからです。

 

この記事では、

  • アイコンで関係性が筒抜け
  • 仲良し度合いバロメーターになってしまう

など、「LINEのアイコンをカップルのツーショット画像にすべきでない理由」をわかりやすく解説します。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

LINEのアイコンをカップルのツーショット画像にすべきでない理由

f:id:MORIKO:20201018093406p:plain

恋人とのツーショット写真をLINEのアイコンにする問題点は、ふたりの熱愛度が周囲にバレてしまうことだといえます。

 

というのも、恋人とのツーショット写真をLINEのアイコンにしている人は、彼氏や彼女との関係が悪化したり、彼氏や彼女と喧嘩したりすると、すぐアイコンの画像を変えがちだからです。

 

恋人とのツーショット写真から、 

  • ネコの画像
  • 夕日の画像
  • パスタの画像
  • マグカップの画像

などに変わっている場合、たいていその人物は恋人と喧嘩をしたり、恋人に腹を立てていたりします。

 

友達登録している人たちの反応

f:id:MORIKO:20201018094500p:plain

あなたがLINEで友達登録している人たちは、あなたのLINEアイコンをいつでも確認できます。 

 

あなたが彼氏や彼女とのツーショット写真をLINEのアイコンにしていたら、「ラブラブなんだな」と周囲は思うでしょう。

 

ところがしばらくしてLINEを開いてみると、あなたのアイコンが、恋人とのツーショット写真からマグカップの画像に変わっているではありませんか。

これを見た人たちは「もしかして別れたのか?」とあなたたちカップルの破局を疑います

 

それから2〜3日が経ち、アイコンがふたたびカップルのツーショット写真に戻っていたらどうでしょう。

「破局してなかった。なんだ、喧嘩しただけか」と周囲は推測するに違いありません。

 

LINEのアイコンを恋人とのツーショット写真にした瞬間から、アイコンは「仲良しレベルのバロメーター」と化し、周囲にあなたたちカップルの現状を示してしまうわけです。

 

LINEのアイコンを通して、

  • 私たちはラブラブでーす
  • 私たち喧嘩してます
  • 私たち破局寸前です
  • 私はアイツなんか嫌いです
  • やっぱりあの人が大好きです

といったメッセージを伝えているようなものです。

まるで信号機のようにわかりやすく、見ていてイタい、ダサいといえます。

 

LINEのアイコンを通して周囲に、ラブラブ度合いを信号機のように示す必要はありません。

むしろ恥ずかしいことなので、やめておいたほうが良いでしょう。

 

 

ツーショット写真のアイコンは変えたくなる

彼氏や彼女とのツーショット写真を使ったアイコンは、ひとたび喧嘩をしたら、すぐ変えたくなってしまいます。

なぜなら、険悪な関係になっている相手との2ショット写真など、見ていて不愉快だからです。

 

f:id:MORIKO:20201018095410p:plain
パートナーへの見せしめの意味も込めて、ネコやサボテン、パスタなどの画像に変えたくなることでしょう。

 

アイコンを変えることで、「お前なんか大っ嫌いだ」というメッセージを恋人に伝えることもできます。

アイコン変更による、本気で怒っているアピールです。

 

とはいえ、喧嘩をしたカップルは、そのまま別れたりせず、たいてい仲直りします。

そして「さっきはゴメンね」などといいながら、LINEのアイコンをまたツーショット画像へ戻すことでしょう。

 

アイコンを観察していた周囲の人たちは、「破局したのかな?」とワクワクしたり、「仲直りしてるしww」と嘲笑したりするだけです。

つまり、あなたのLINEアイコンは見せ物になってしまう、ということです。

 

話のネタにされたり、破局の噂を流されたり、笑われたりしないためにも、恋人とのツーショット写真をLINEのアイコンに設定しないことをおすすめします。

 

まとめ

f:id:MORIKO:20201018100210p:plain

LINEのアイコンをカップルのツーショット画像にすべきでない理由をお伝えしてきました。

 

人間というのは、

  • ゴシップネタ
  • 他人の不幸

これらが大好きな生き物です。

だからこそ、ラブラブなふたりのLINEアイコンは、格好の餌食となってしまいます

 

「またアイコンが変わってる。もうさすがに別れたかな」

3日後。

「ふたたびツーショット写真復活。仲直りしたのかよwwしぶといww」

といった具合です。

このように、友達登録している人たちにバカにされ、ネタにされる可能性が高いツーショット写真は、LINEのアイコンに使わないのが正解です。

 

どうしても恋人とのラブラブなアイコンを使いたい場合は、LINEではなく、カップル専用アプリをインストールしてはいかがでしょうか。

あなたと彼氏/彼女だけの通話トークアプリです。

 

カップル専用のアプリ内でなら、誰の目を気にすることもなく、堂々とツーショット写真をアイコンにできます。

ふたりの世界は、ふたりだけでお楽しみください。

他人の(好奇の)目に晒すことはありません。

 

以上、LINEのアイコンをカップルのツーショット画像にすべきでない理由でした。

結論。ツーショットのアイコンは、口ほどに物を言う。避けておくのが吉。彼氏/彼女とカップル専用アプリを使う手もある。

 

www.shortshortshort.jp

カップルに関して、当サイトにはこんな記事もあります。 

恋人との喧嘩を避けたい方におすすめです。

 

www.shortshortshort.jp

大好きな彼氏/彼女とのお泊まりデートに、口臭対策は欠かせません。 

3ステップで口臭を防ぐ方法をご紹介します。