ホンダN-BOXのフォグランプはダサいし気持ち悪いから不要

f:id:MORIKO:20201105204943p:plain

ホンダN-BOX(2代目・2017年〜)には、標準車とカスタムの2タイプが存在します。

 

上位グレードであるN-BOXカスタムには標準装備でフォグランプ(フォグライト)がついているため、つけるかどうかを検討する余地はありません。

 

問題は、N-BOX標準車です。

N-BOX標準車にフォグランプはついておらず、有料のメーカーオプション扱いとなっています。

 

そして、N-BOX標準車にフォグランプはつけないほうが良い、というのがこの記事でお伝えしたいメッセージです。 

なぜなら標準車に追加装備されるフォグランプは、ダサくて、気持ちが悪いからです。

 

この記事では、

  • イボガエルみたい
  • フォグランプは必要ない

など、「ホンダN-BOXのフォグランプはダサいし気持ち悪いから不要」であることをわかりやすくお伝えしていきます。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ホンダN-BOXのフォグランプはダサいし気持ち悪いから不要

f:id:MORIKO:20201105204249p:plain

ホンダN-BOXの標準車には、フォグランプ(フォグライト)がついていません。

追加したい場合には、有料のメーカーオプション扱いとなっています。

 

問題は、フォグランプをつけたN-BOXのエクステリアが、気持ち悪いことです。

ボコっと盛り上がったフォグランプには違和感しかありません。

 

フォグランプをつけたN-BOXは、まるでイボガエルのようです。

 

3〜5万円支払ってダサくする?

f:id:MORIKO:20201105205401p:plain

N-BOX標準車にフォグランプをつける場合、どれくらいの追加費用が生じるのでしょうか。 

 

フォグランプの種類によって料金は異なっており、およそ3万5千円〜5万円の追加費用がかかります。

5万円を支払ってオシャレになるならともかく、お金を払っているのにルックスがダサく、気持ち悪くなるというのは、論外です。

 

たとえるなら、追加費用を払ってうな重にソフトクリームを乗せてもらうようなものです。

カネをドブに捨てる、とはまさにこのことではないでしょうか。

 

わざわざ5万円を払って愛車をダサくする必要はありません。

ルックスだけで考えたら、N-BOXへのフォグランプ追加は「ナシ」です。 

 

「でも、フォグランプがないと困るのでは?

このように心配する方もいることでしょう。

つづいては、フォグランプの必要性について見ていきます。

 

 

フォグランプって必要なの?

通常の夜間走行であれば、フォグランプは使いません。

フォグランプはオフにしておき、ヘッドライトを点けて走行するのが一般的です。

 

f:id:MORIKO:20201105210342p:plain

フォグ(霧)ランプ(明かり)はその名のとおり、霧や雨のなかの運転視界をサポートするためのライトです。

 

いわば緊急用ですので、フォグランプは基本的には使いません

非常食の乾パンをおやつとしてポリポリ食べないのとおなじです。 

 

ほとんど使用しないことから、最近はフォグランプがついていない自動車も販売されています。

たとえばマツダが販売しているマツダ3という車には、フォグランプがありません。

オプションで追加することもできません。

 

なぜなら、マツダ3のLEDヘッドライトは、フォグランプの機能を統合しているからです。

食事でたとえるなら、豚汁に野菜がたくさん入っているから、今夜はサラダ無しでもいいか、みたいなことです。

ヘッドライトがフォグランプのぶんまで道を照らすので、わざわざフォグランプをつける必要がありません。

 

N-BOX標準車は、プロジェクタータイプのLEDヘッドライトが標準装備されています。

ヘッドライトの明るさにかんしてはじゅうぶんですし、そもそも霧のなかを走る機会もないはずです。

 

フォグランプがほんとうに必要かどうか、よく検討すべきだといえます。

フォグランプを使う場面は年に1〜2回程度かもしれません。

がしかし、N-BOXのフォグランプが放つダサさと気持ち悪さは、24時間365日年中無休です。

 

事実、N-BOX標準車(カスタムではない)を買うユーザーのほとんどが、フォグランプなしを選んでいます

賢明な判断だといえるでしょう。

 

まとめ

f:id:MORIKO:20201105211509p:plain

ホンダN-BOXのフォグランプ(フォグライト)についてお伝えしてきました。

 

オプションで追加料金を払ってN-BOXにフォグランプをつけるのは、まるで、うどん屋で追加料金を払い、トッピングとして苺ショートケーキをうどんに乗せているようなものです。

つまり、悪趣味だ、ということです。

 

使う場面もなければ、必要性すらも疑わしいフォグランプに、わざわざ5万円を支払うことなどあるのでしょうか。 

フォグランプを搭載したN-BOXのフロントは、イボガエルのように気色が悪くなることも忘れてはなりません。

 

f:id:MORIKO:20201105211810p:plain

N-BOXのフォグランプに5万円を出すなら、グッチやルイヴィトンの財布に5万円を出すことをおすすめします。

前者はダサくなりますが、後者はお洒落になれるからです。

 

以上、ホンダN-BOXのフォグランプはダサいし気持ち悪いから不要、でした。

結論。手術をして顔のイボを取る人はいるが、手術をして顔にイボをつける人はいない。N-BOXもおなじ。やめたほうが良い。

 

www.shortshortshort.jp

ホンダN-BOXについて、当サイトにはこんな記事もあります。 

エンジンはターボとノンターボ(自然吸気)、どちらを選ぶ予定でいますか? 

 

www.shortshortshort.jp

N-BOXが高速道路の走行を苦手としている理由はこちらです。

N-BOXで高速道路を走るのは、ポニーで競馬のレースに出るようなものです。

ちょっと無理があります。