チョコレートの脂質が「ニキビの原因になる」は誤り

f:id:MORIKO:20201130103018p:plain

チョコレートを食べすぎると顔が脂っぽくなり、ニキビができる原因になると考えている人がいます。

というのも、チョコレートには脂質が多く含まれているからです。

 

がしかし、それは誤解です。 

食べ物の脂質がそのまま顔に出ることはありません。

 

ニキビを防ぐためには、脂質ではなく、糖質に気をつけるのが正解だといえます。

 

この記事では、

  • 脂質ではなく糖質がニキビを作る
  • ニキビを潰してはいけない理由

など、「チョコレートとニキビの関係」についてわかりやすく解説します。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

チョコレートとニキビの関係

f:id:MORIKO:20201130102653p:plain

キノコをたくさん食べても、私たちの体からキノコが生えてきたりはしません。

なぜなら、食べた物はすべて体内で消化され、もとの性質が残らないところまでバラバラに分解されるからです。

 

チョコレートもおなじです。

チョコレートの脂質が高いのは事実ですが、だからといって、摂取した脂肪がそのまま顔に出ることはありません

 

たとえば、サラダにオリーブオイルをたっぷりかけて食べても、顔が脂っぽくなったりはしません。

コーヒーにバターとMCTオイルを溶かし、油まみれのドリンクにして飲んでも、やはり顔がテカテカになることはありません。

 

つまり、摂取した脂がそのまま顔に出てくるわけではない、ということです。 

いっぽうで糖質を摂りすぎると、皮脂の分泌量が増え、ニキビができてしまう恐れがあります。

 

ニキビを防ぐために注意すべきは、脂質ではなく、糖質なのです。

 

糖質が中性脂肪になる

f:id:MORIKO:20201130103350p:plain

血液中に余ったブドウ糖は中性脂肪に形を変え、脂肪細胞に蓄えられます。

これが肥満の正体です。

 

中性脂肪を増やすのは糖質ですので、もしチョコレートを食べてニキビができてしまったなら、それは糖質が多いチョコレート(甘いチョコレート)を食べたせいかもしれません。

 

チョコレートを買う際には、商品のカカオ含有量をチェックしてみてください。

カカオ分70%以上の高カカオチョコレートなら含んでいる糖質が少ないため、食べても顔や背中にニキビができにくいといえます。

 

たとえば、エレベーターにたくさんの人が乗ったとき、ビーという警告音が鳴ることがあります。

これは人が乗りすぎていること、すなわちエレベーターの重量オーバーを示すサインです。

 

ニキビもおなじで、顔や背中にできたニキビは、糖質を摂りすぎているサインかもしれません。

 

エレベーターが重量オーバーしてしまったら、乗員の誰かが降りて重量を減らします。

同様に、ニキビや吹き出物ができてしまったら、まず糖質を減らしましょう。

 

  • 甘いものを控える(チョコだけでなく)
  • カカオ分70%以上のチョコに変える

いずれかの方法で糖質過多に対処できます。

 

 

ニキビを潰してはいけない理由

世の中には、顔にできたニキビを潰してしまう人がいます。

 

たとえるならこれは、スマホをハンマーで叩くようなものです。

つまり、やるべきではありません。

ハンマーでぶっ叩かれたスマホは、間違いなく画面が割れます。

 

f:id:MORIKO:20201130103756p:plain

ニキビもおなじで、指で潰してしまうと、

  • 色素沈着を起こす
  • クレーター状に皮膚表面が陥没する

 など、一生消えない跡が顔に残ってしまう恐れがあるのです。

 

「触らぬ神に祟りなし」というように、たとえニキビが気になっても、触らないよう堪えるのが賢明です。

 

ところであなたは何歳でしょうか。

思春期にできるニキビは、成長期のホルモンバランスの乱れによって、皮脂分泌が増えることが原因だとされています。

 

つまり、あなたがいま思春期であれば、糖質を控えてもニキビが治るとは限らない、ということです。

いずれホルモンバランスが正常化すればニキビは治りますので、それまで辛抱しましょう。

 

  1. 糖質を摂りすぎない
  2. ニキビをつぶさない

ポイントはこの2点です。

 

まとめ

f:id:MORIKO:20201130104500p:plain

チョコレートとニキビの関係についてお伝えしてきました。

 

ニキビの原因となるのは、脂質ではなく、糖質の過剰摂取です。

ゆえに、ニキビを防ぐためには、糖質の少ないチョコレート(カカオ分が多いチョコレート)を選ぶのが無難だといえます。

 

スーパーに行けば、カカオ70%、カカオ80%といった高カカオチョコレートが売っていますので、それらを買ってみてはいかがでしょうか。

もちろん甘さは控えめですが、そのぶんニキビもできにくいので、OKです。

 

ニキビに限らず、糖質の過剰摂取は肥満にもつながります

甘いものの食べ過ぎにはご注意ください。

 

以上、チョコレートとニキビの関係についてでした。

結論。ニキビの原因になるのは脂質ではなく糖質。カカオ分70%以上のチョコなら、食べてもニキビができにくいので安心。

 

【参考文献】

牧田善二『医者が教える食事術2 実践バイブル 20万人を診てわかった医学的に正しい食べ方70』ダイヤモンド社、2019年

かずのすけ『どんな敏感肌でも美肌になれる! オフスキンケア』KADOKAWA、2018年

小川徹『ハーバード現役研究員の皮膚科医が書いた 見た目が10歳若くなる本』東洋経済新報社、2019年

 

www.shortshortshort.jp

避けたい食べ物に関して、当サイトにはこんな記事もあります。 

 

www.shortshortshort.jp

肌のトラブルに関して、当サイトではこんな本を紹介しています。

 

Amazonではこんなニキビケア商品が売っています。